夏も終わり

こんばんは。

27日稽古日誌で登場しました、Tammy役のYです。
もう9月に入りました。
入った途端こんな台風><
明日は楽しみにしてたホール見学なのに・・・
大丈夫かな。
みなさんは大丈夫ですか?
我が家もベランダの花やらなんやら色々と
中に避難してるところみたいです。

さて
もう夏が終わったなぁと思い返していたのですが
みなさんにとって今年の夏はどうでしたか

夏を振り返っていて
阿波踊りを思い出していました。
皆さんもご存じのとおり、今年の夏、
L、もといR氏と一緒に阿波踊りに今年行ったのですが
そこでほんっまいろんな連
(阿波踊りでは踊るグループを連というみたいです)
の踊りを見てきました。
そこで思った事と、演技を繋げて考えていました。

連にもいろいろと種類があり
それこそ、プロで阿波踊りをされている集まりの連もあれば
徳島に工場/会社を持つ社員の方々の集まりの連などなど。

阿波踊りと言っても、どの連も同じ踊りをするのではなく
連によって本当に個性があるのです。
特にプロの方々は
異なるコンセプトやSituationをセッティングして
それにあった踊りを披露する連が多かった。

やはりプロの方々の連は
本当に、その連でのコンセプトや役割になりきり踊っていて、
統一感があり見ていてこっちも、もちろん楽しかったですし
なんというかすごく 気持ちよかった。

ただ、会社の社員の方々の連では
踊り方によって会社に対する印象がすごく変わりました。
そんなにお上手ではなくても
楽しそうに踊っている会社の方々は素敵でした
逆に
だらだらと、まさに“適当”で踊っている方々は
会社の印象を下げたいのかなと思ってしまうほど…

何が言いたかったのかっていうと!
もちろん、目指すのはプロの方たちのように
統一感があり、役になりきる。
そんな演技だと思っています。
ただ、なによりも
楽しそうにしていないことには始まらないのだな!と。
顔の表情一つで
印象って全然違う。

適当さって、本人たちが思っている以上に
見ている側には伝わってしまうものです。
私自身も気をつけねばと思ったのと
笑顔とやる気
だけは絶対欠かしたあかん!と
阿波踊りを思い出していて
考えていた今日この頃です。

ほんま、阿波踊りおすすめですよー
皆さんも機会があればぜひ!
って、まるで徳島の宣伝見たくなってしまいました。

では皆様、また明日。

Yでした
関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/09/03 00:41
コメント

管理者のみに表示