FC2ブログ

続く流れと新しい風

英語劇団AlphaBet City!は
2020年2月1日に創立10周年を
迎えることが出来ました。

今まで、ご参加くださった皆さま
助けてくださった皆さま
応援してくださった皆さま
そして団員を支えてくださった
ご家族やご友人の皆さま
本当にありがとうございます❗️

これからもより多くの方々に
英語劇や英語ミュージカルを
体験頂けるよう
日々精進いたしますので
応援下さるとありがたいです。

よろしくお願いいたします🙇🏼‍♂️



みなさん、こんにちは!

2月1日は劇団創立10周年記念日でした!
2月2日のお稽古では「10周年!!!」とちょこっと盛り上がりもありつつ。10年ひと昔といいますが、次の10年はどんな風になるのでしょう?秘かに楽しみです。そうそう。世間ではコロナウィルスも相当話題ですが、地味に風邪やインフルエンザなども流行っていますので、皆様、手洗いとうがいはお忘れなく!

さて、お稽古日誌です。イベントを今週末に控え、今回は直前みっちり稽古でした。午前からシーン練習、午後も場所を変えてシーン練。あら、1日中ずっとでした。でも、何度も何度も微調整しながら、本番まで少しでも良くなるよう改善を続けていくのが大事なんです。

今回の練習では、本番に一緒に参加してくだある団員以外の方も一部参加していただいたので、いつも以上に活気があり、シーン練も遠し稽古もフルスロットルでした。初対面なのに、初めてではないくらい和気藹々とした雰囲気でした。本番が楽しみです。

さてさて。今回のテーマトークです!
「緊張のほぐし方」です。
過去のブログを読むと(あ、他の団員のブログもちゃんと見てますよ笑)、さまざまですね。緊張しにくい人、しやすい人、といますが、私は「緊張しやすい」方です。なので、対処方法は昔から色々試してきました。
その中で少し使えそうなものをご紹介します。

まずは、当納得行くまでの準備。もちろん「緊張する人」は私は絶対大丈夫!なんて全く思えません。ミスするのが嫌、ミスをして迷惑をかけるのが嫌、ミスをして他者から評価が下がるのが嫌、と人によりミスが嫌な理由は様々ですが、ミスをしたくないから緊張するわけです。なので、少しでもミスの確率を減らすために、念入りな準備をします。できるだけ時間をかけたらいいとか、短時間でギュッと集中する方がいいとか、自分に合った準備方法を早い時期に見つけるのがポイントです。ただ、これには試行錯誤が必要です。ちなみに、私の場合、仕事に関して言えば、本番の2週間前に本番と同じ条件で予行練習する、を新人の頃はやってましたが、最近は数日前でも(時間のない時は予行練習なしで)対応できるようになってきました。なので、場数と経験によっても最適な準備条件は変わってくるようです。劇団に関しては、まだ試行錯誤の段階ですが本番直前に「今日も練習通りにやる!」と思うと緊張は減るようです。

次に、緊張は精神的なものだけではなく、実は身体からも来ると思っています。身体がこわばっていると「あ、緊張してる」と気持ちが錯覚を起こすのです。なので、ストレッチと呼吸は欠かせません。呼吸が浅いと酸素交換効率が下がり、身体の隅々まで酸素がいきわたりません。なので、ぼーっとして、集中しにくくなります。心拍はいつもよりも多くてもいいので(心地よい緊張感)、できるだけ身体をゆっくり伸ばして、ゆっくり深呼吸する。その時に、宇宙のことを想像すると、なおOKです。つまり悠久の時の流れです。今、自分が生きているのは宇宙時間で考えたら一瞬。本番で何が起こったとしても、地球も宇宙も、大きな時の流れは変わらず動いていることを自覚すると、自分の存在の小ささを客観視できて、なんだか安心できます。
(ん~あんまりお役に立てそうもないですね笑)。

英語劇に興味がある方、英語の歌に興味がある方、
一緒に楽しく英語で歌って踊ってみませんか?
どうぞお気軽に劇団までお問い合わせください。

いよいよ始まりました!
英語劇団AlphaBet City!
ライトコース!
参加者募集
詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語劇団 劇団オーディション 関西





関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | 2020/02/05 08:00