FC2ブログ

【SHREK!】アンサンブルさんとの練習が始まりました!

皆さま、こんにちは。

ついに、本格的に7/7(日)の本公演に向けた、SHREK!プロジェクトが始動しました!

というのも、前回稽古は「SHREK!」公演のアンサンブルの皆さんとの初の練習日でした。

これからあと8回の稽古を通して、一緒に作品作りに携わっていただきます。


プロジェクト初日のこの日は、まず基礎練として、声出し、バウンスとり、そしていくつかシアターゲームをしました。

声出しは、劇団の稽古で毎回している基礎練メニューです。


リップロール→タングロール→声の順で、音楽に合わせて音階をとります。


唇、舌、喉を息を吐きながら揺らすことで、外から内へと口の筋肉をほぐしていくのですが、

同時にロングブレスや短い息継ぎもあるので、そこも意識しつつ、呼吸のエンジンかけみたいなイメージを個人的には持っています。


また、シアターゲーム中には、お互いの名前を呼び合ったり、Facial Expression(顔面のパーツを上下左右中心端に動かす練習。かなりの変顔になるけど、気にしない!)で体も緊張も多少ほぐされたのでないかなと思います!

歌、ダンス、演劇を始める前のウォーミングアップは、いかに身体的かつ精神的にリラックスした状態に出来るか、だと思います。
なので、基礎練を上手く使っていきたいですね。


基礎練後は、「SHREK!」の中から4曲を練習し、またその内の1曲のダンス振り付けを練習しました。


リズムとりや英語の発音、 振り付け習得など、3時間みっちり練習でした。


アンサンブルの皆さんが加わり、とりわけダンスシーンは、迫力のあるものになりそうなので、楽しみです!


それでは、前回に引き続き、「SHREK!」Fairytale Creatures紹介第2弾ですが、今回は

【Ugly Duckling~みにくいアヒルの子~】

について書きたいと思います!


日本でも有名なアンデルセンのお話です。

------------

あるアヒルのお母さんが巣を作り、卵が孵そうとしていました。他の卵は孵りましたが、1番大きな卵だけが孵りません。ある日、ようやくかと思うと、なんと灰色の大きな醜い雛が出てきたのです。


普通に泳ぐことができる灰色の雛を育てていくことに決めたお母さんアヒルですが、黄色い雛たちに囲まれた灰色の雛は、周りから「醜い」といじめられます。彼は耐えきれなくなり、ついに家族の元を去ってしまいます。

しかし、灰色の雛は、どこに行っても「のけ者」の対象であり続けたのです。「こんなボクを誰も受け入れてくれないし…」と。行く先々の群れで、いじめられ続けました。

ある日、彼は湖で白鳥の群れに出会います。美しく飛び立つ白鳥を見て灰色の「醜い」雛は、自分もあれほど綺麗だったらなあと思わずにはいられませんでした。

冬を越えたある春の日、死ぬ気で白鳥の群れに近づいていった「醜い」雛は、水面に映った自分の姿を見て、驚きます。

なんと、自分があの美しい白鳥になっていたのです。醜いと言われ続けた雛は、実は白鳥の雛だったのです。

彼は白鳥の群れに温かく迎え入れられ、幸せに暮らしました。

------------


みにくいアヒルの子は、困難を乗り越え、ついに自分の居場所を見つけることが出来たのです。


「誰しも生まれる場所、姿は選べない。」

これはある意味、不平等を容認しそうですが、

「醜い」雛は、最後には自分を受け入れられることで、居場所を見つけることが出来た。

つまり、入り口こそは選べないが、どう生きていくかは自分次第なのだということではないでしょうか。


SHREK!に登場するUgly Ducklingを始めとするFairytale Creaturesは、一癖も二癖もありますが、

彼らも自分の居場所を見つけられるのでしょうか…?


気になる方は、7/7(日)公演をお楽しみにお待ちください!


お知らせ!
7/7 第10回劇団主催公演
「SHREK!」
アンサンブル出演者募集
詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
関西 英語劇




関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | 2019/05/15 08:00