FC2ブログ

イメージを膨らませて歌うー>イメージを伝える練習

こんにちは!
春でございます。
新しいことが始まる季節ですね。
真新しいスーツを着た新社会人を見ると、
仕事を始めて間もない緊張の日々を思い出します。
時間が経つのはあっという間なので、丁寧に過ごしたいです。

では、今日の稽古内容!
①ダンスの復習
イベント向けダンスを久しぶりに踊りました。
4拍の曲の場合は4拍目が
8拍 の曲の場合は8拍目がタメになります。

ダンスのキメポーズの前に、きちんとタメを作ることで、ちゃんとキメポーズができる。
キメポーズ前にいかに準備(脱力)ができるかがポイントということでした。
普段自分が思っていたこととは真逆のポイントが大事ということで、びっくりしました。
今後はより一層タメと脱力を心掛けたいです。

②歌の練習
今回練習した1曲で、情景 を表現することが必要な歌があります。
(街へ到着、図書館や宮殿もあって、面白いショーをやっている、なんて素敵な場所なの!という内容)
そこで、ちゃんと歌詞の内容(情景)をイメージして歌ってみようとアドバイスがありました。
そのアドバイスを受けて歌ってみると、今までより歌いやすい!
気持ちが入りやすい!
イメージして歌うことがこれまで出来てなかったのか…と反省するとともに、
他の曲にも応用していきたいと思いました。
物語や感情を伝える手段として、ミュージカルに歌があるのだとしたら、
歌い手がいかに強くイメージができるのか というのは、
お客さんへの説得力にも繋がるとても大切なポイントだと学びました。

③シーン練習
いくつかのシーンの掛け合いをしました。
キャラとしてセリフを言って、
他の人のセリフに対してキャラとしてどんな感情を持つのか(リアクションするか)を考えながら取り組みます。
まだ配役が決まったわけではありませんが、
どの役であっても、きちんと向き合ってそのキャラを精一杯生かしてあげたいです。


さて、本日のテーマトークは自主練の方法!
劇団としての練習は、1週間に1度なので、その時間を大切にするために、
一人で練習できるところをやる のが自主練で達成したい目標です。
最近は、主に歌の練習をしています。

これまで朝自宅で練習することが多かったのですが、最近はなかなか難しく、
土曜にスタジオで練習することが多いです。
スタジオは、集中して練習できるので、平日自主練に取り組めない時に効果的です。
家では音取り、スタジオでは大声や高音で練習します。
具体的には、オーソドックスにカラオケ音源での練習が多いです。


ダンスの練習をしたいときは、夜大き目の窓に自分を映して踊ります。
無理やり1曲踊ったりもしますが、
曲なしでゆっくりと、ポイントの確認などをします。

練習をするもしないも、結局本番をどう迎えたいかによるのかなと思います。
本番前に焦らないように、後悔しないように、
ちゃんと前倒しで取り組みたいです。

本公演まで残り6カ月を切りましたが、劇団員をまだまだ募集中です。^^
少しでも気になる方は、ご連絡お待ちしております!



役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
関西 劇団





関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | 2018/04/13 20:00