FC2ブログ

リズム感を鍛える 基礎練習

こんにちは!
花粉の季節です。
この季節になると、自分の体内器官を洗浄したい!と思います。
花粉が肺や気管に付着してるように感じて、少し気持ち悪くなります。
マスクや眼鏡で少しでも花粉との接触を減らして、乗り切りたいです!

本日の練習メニュー☆
これまで練習をしてきた歌、ダンスのブラシュアップを行いました。

最近練習の最初に、知らない曲に合わせて
リズムをダウン(体の上下動)で取る練習をしています。
今日はさらに、リズムに合わせて歩き、
タメの部分で手をたたく(一歩進む、クラップ、一歩進むの繰り返し)練習をしました。

たぶん、リズム感がある人にとっては朝飯前の内容です。

しかし!
私の場合、足を動かしてクラップして、曲を聞いて…と
たくさんのことを同時にすると頭も体も混乱するようで、
何度もリズムがわからなくなりました。笑

これまでの人生で、リズム感がないことに気づかず生きてきたので、
こんな簡単なこともできないレベルなのかと自分でびっくりしました。

今まで歌の指導を受けてきた際も、
必ずリズム感を指摘されていたのですが・・・
きちんと向き合えていなかったです。

基礎的な練習は、苦手な部分に気づき、
矯正するために大切な時間だなと改めて思いました!
今年はリズム感を鍛える一年と意識して取り組みます。

あとはダンス練習。
振りがついたばかりの頃は、綺麗な形で踊れる日は来るのか?!と思っていましたが、
少しずつ揃ってきているみたいです。
正しい形や姿勢で踊れると嬉しくなりますし、
自信をもって踊れます。
ミュージカルでは、全員がそろったダンスが求められるので、
地道に修正を続けていきます。
なんでも地道な練習が一番の近道なのかもしれません。


今日のテーマトークは、「役作りのハード面の拘りポイント1つ」
私にとっては、ウィッグだと思います。

元々、地毛が潤いのないくせ毛で、昔からコンプレックスでした。
さらに手先が不器用なので、ヘアアレンジもできなくて。
髪型は演じるキャラクターの個性を表す部分でとても大切なのですが、
地毛をアレンジして対応するも、完成度が低くてどうしようか毎回悩んでいました。

周りの団員でウィッグを使っている人がいたので、
自分も試してみようと思い初めて購入したのが緑色のウィッグ。笑

家に届いたとき、輝くばかりの光沢感ある緑のおかっぱで爆笑しました。
つけてみて、自分が草間弥生に見えて笑い、
面白すぎて母親にも無理やりつけてもらって2人で笑ったのを覚えています。
ウィッグは、私にとって未知の世界との遭遇でした。
緑の髪をした自分は、自分だけど自分じゃなくて、それがとても面白かったんです。

さらに、ウィッグのちょっと不自然なまでの艶や整っている感じは、
舞台の上で人に見て頂くことを考えたとき、
正しい髪型な感じがして、地毛よりも安心します。
ウィッグの安心感に気づいてからは、
毎回ウィッグも含めてキャラクターの外観を考えています。

複数のキャラクターを演じる際も、
キャラ分けのために髪を変える(ウィッグをつける)こともあり、
自分にとっては無くてはならないアイテムです。^^


春は別れと始まりの季節。
絶賛新しいお仲間、募集中です。
一緒に爽やかに?汗をかいて切磋琢磨しましょう!


役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
関西 演劇 ミュージカル




関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | 2018/03/14 08:00