FC2ブログ

歌えるshowmanになるために★

英語でミュージカルを謳う我々にとって見逃せない映画が公開されましたね!

The Greatest Showman!!
もうご覧になりましたか??

テンション上がる曲いっぱいなので、
少しでも興味ある方は是非映画館で見てくださいね♪

爆音&大画面で堪能することをオススメいたします!
私は毎日、サントラ鬼リピートしておりますが、もう一回くらいは観に行きたいな~。
DVDは購入決定です★


さて、そんなグレイテストショーマンからの楽曲も
現在、絶賛稽古中でございます。

前回の稽古から2曲目の振り付けが始まりましたよー!

ガツガツ踊り、高らかに吠える!
リズム感を鍛え、また無理なく大きな声を出すのが目標です。

現在、劇団の合同稽古は週に1回の日曜日だけ。

休憩を挟みながら8時間あれこれ稽古をしますが、
やることはたくさんあるので、正直時間は足りません。
稽古場以外での練習も大切です。

絶賛基礎力強化中の当劇団ですが、
稽古場で得た収穫をキープするために
自分自身でも取り組まなければ、

先週注意されたことを
また次の週も注意されることになったり。

一度取れた音を
また外すようになってしまったり。

せっかく覚えたダンスの振りを
すっぽり忘れてしまったり。

忘れていること、出来てないことは
出来るまで、習得するまでしないといけないので、

同じ所をぐるぐるしてしまう状態は
自分でもフラストレーションが溜まってしまうもの。

そもそも、
セリフをスラスラ言える、音を外さず歌える、振りを間違えずに踊れるというのは
最低限しなければならない表面的なものであり、
表現を深めるためのスタートラインにようやく立てた状態に過ぎません。

そして、
この深める過程こそがパフォーマンスをするにあたっての醍醐味なので
少しでも早くスタートラインに立ち、
本番までの時間は少しでも長く多く、あれこれ解釈を深めていきたいものです。


私がしている自主練習は、スタジオに入ること。

音楽スタジオですが歌やセリフを練習するだけでなく
鏡があるのでダンスやキャラクターの所作の確認も行います。

英語ミュージカルには
英語・演技・歌・ダンスの4つの要素があります。

どれも大切な要素ですが
その中でも、私自身は歌にプライドを持って取り組んでいるので、
自主練習の中でも歌に割く時間が1番多いです。
歌の練習が1番楽しいのもあって( ´艸`)

歌には変な拘りもあり、
正直団員の前でもヘタなものを披露したくない気持ちがあります。

以前、メンタルが弱って自信がなくなっていた頃は特にひどくて、
75回独りで歌わないと、稽古場に行けないほどでした。


なので、

歌を割り当てられたらスタジオに一人こもり、

オリジナルのお手本と一緒に何度も歌い、
音を外そうが取りあえず大きな声を出し、
あやふやな音はキーボードを弾きながら確認し、
何度も自分の歌を録音しては聴き、
お手本と聴き比べてズレをチェックし、
怪しい部分はハミングで歌い、
それもまた録音して聴き直し、
なかなか歌えない部分は
お手本のブレスやフェイクを全て紙に書き込み、

という作業をしています。

孤独な作業ですが、
それで実際歌えるようになるので
とてもワクワクする過程です。

歌えるようになると、聴いてもらいたくなるんですよね(笑)

でも、また感情が乗ると、また音や全体のバランスが不安定になってしまうので、
演出に手直ししてもらったりアドバイスをもらって本番までブラッシュアップしていく感じです。


多分、団員それぞれ、自主練習の仕方って違うと思います。
英語・演技・ダンス・歌、それぞれに取り組み方があると思います。
スタジオにわざわざ入らなくても、家で出来ることもたくさんあります。

団員同士でも、良さそうなやり方はどんどん自主練に取り入れて
みんなで切磋琢磨していきたいです。

そう!団員だけでなく、
このブログを読んでくださっているアナタもね。

一緒に楽しい舞台を創り上げませんか?


役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語 舞台 ミュージカル




関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | 2018/02/21 08:00