経営戦略。

ますますじめじめ。じめじめ。
前回に引き続きブログ担当の、Amber役Y.I.です
こんばんわ(・ω・)


1週間たつのが早いなぁ。
もう今週末の練習日が明日に迫っています。

明日はいよいよ、You can't stop the beat!のダンス!
Amberはあまり仲間に入れない立場ですが…(笑)
楽しそうだなって思う方、はい、今すぐ見学へ!



さて、
今週はなんと言っても世間を騒がせた
あの総選挙の開票がありましたね。
そう、Aから始まりBで終わる彼女たちの総選挙です。


実は、わたしの近い親戚H君は、
4年ほど前……つまり彼女たちがまだまだ全くメジャーではなく
『オタク受けしかしない秋葉原のアイドル』として
世間からは今とは対照的な目で見られていた頃から

ずっと、彼女たちの大ファンです。


彼に連れられて、私自身
秋葉原ドンキホーテのAKB劇場へと足を運んだことも
幾度となくあります。



当初から私は思っていました。



一般のアイドルにまったく引けを取らない
容姿・ダンス・歌・トーク・ショーの完成度。
単純に見ていて、思わず元気が出る。
別に性的な魅力で訴えるわけでもない。
女から見ても純粋に可愛い、
本当に何も『オタク文化』ではないのに、
どうして、そんな目で見られるわけがあるか?


実際その頃、H君の話をすれば
『へ、へぇ~そうなんだ。。』と
私までおかしな目で見られるような時代でした。



それがこの数年で、
紅白に『秋葉原枠』みたいな名前を付けられて
ほんのちょこっと出たかと思ったら
大爆発したかのように話題になり、この有様です。


当時は身内と、そっち系の人達しか閲覧していなかった
例の親戚H君のAKBブログは、
昔の流行っていない頃の彼女たちの情報まで読めるとあって
今やアクセス数トップレベル。


本人たちは、
同世代として可哀相になるほどメディアに出され、
昔は絶対にしていなかった肌の露出も本当に多くなりました。


こうにまでなったのは……

何が原因だったんでしょうか。



考えるとやはり行き着くのは、プロデューサーA氏の賢さ。

あのグループを、常に、
ファン層と社会が求めるものに
がっつり応える『商品』の形で世に出し、
常に狙った範囲通りの大成功を収めているわけで…


きっとデビューした当時から彼は着実に戦略を練り、
数年後にはこんな形になっていることまで
計画通りだったと思えてなりません。




まぁ、何が言いたいかって、経営戦略の大切さですよね。

わたしたちは関西で英語ミュージカルを世に届ける団体であり、
『エンターテイメントの提供者』とくくってしまえば
立場は彼女たちと同じわけで。


むりやり話くっつけたな!!??
とか言うのはナシです(笑)


A氏ほどの機転と才能でもない限り、
彼女の今ほどの大ヒットはそりゃあ不可能ですが、

まったく同じことは出来なくても、
ニーズの読み取り方、商品の出し方、ファンのつかみ方…
見習うべきところがあるんじゃないかな、
という気がしてしまいます。



だから何って、
人一倍アタマの悪い私の思考は、ここで終わりです(笑)



ただ、

2年ほど前に購入したリボン付きカチューシャを
今日の服に合うかな、と思い、久々に付けて職場に行くと、
あ!カチューシャ!AKBの影響やな~!?
とのひどい言われようから
複雑な気持ちになった所。

そこから少し考えが膨らんだだけです。




ふぅ。

くだらない話で長くなってしまいました。


たまにはこんなのも。



だめか?(笑)



ではでは、明日に備えて、おやすみなさい☆
関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/06/10 22:34
コメント

管理者のみに表示