FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

Wonderfulな秋にしようぜ!!

みなさん、こんにちわんっ!

徐々に秋めいてきましたね。今日は雨も降り、肌寒い1日でしたが、ダンスに歌に汗だくな私達(え?私だけ?)は元気元気!でも、寒暖の差が激しいときこそ体調を崩しやすいので、みなさま、どうぞお気をつけくださいね♪

さて、今日のお稽古ですが。。。10月15日は、今月来月に控えているイベント内容がメインでした!
午前中は、先週までにやったWickedの歌の音程確認と、ALADDINでのペア掛け合い練習。絡みのあるペア同士で前回の復習(動き)も兼ねた掛け合いでシーンの流れをチェックしました。
ランチをしながらの、Wickedでのペアコンセンサスやせりふ確認。これは役柄的にお互いがお互いをより深く知っている必要があるので、割と細かなところまで自分の役・相手の役について話し合いました。
午後は、ALADDINのシーン詰めとDR(ドレリハ)。その後、Wickedのシーンごとの各キャラクターにおける目的確認。確認作業ばっかじゃん!とお思いのアナタ。ちょ、ちょっと待ってくださいな。確認作業って、思いのほか重要なんですよ。劇って1人だけでは作れないものなので、自分以外のキャラクターと意思疎通をするために、些細なことでも確認することが大事なんだと思うんです。

さ~てさて、お待ちかね~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
今回のテーマトークは・・・
「仕事と劇団活動両立のコツ」です(σ≧▽≦)σ☆うふふのふ~☆

コツ。こつ。骨。。。そう、本質に関わる大事な部分です。ちゃんと出来ているなら、コツ披露!も可能かもしれませんが。実はちゃんとできていない気がします(汗σ( ̄∇ ̄;)。なので、すんばらしいコツではなくて「あったりまえじゃーん」なことかもしれませんが、どうかご容赦をっ!

「仕事しているけど、これから劇団に入ってみようかな」という画面の向こうのアナタの参考になったら、、、嬉しいです。

仕事と劇団は精神的な部分では、両者がお互いにいい影響を及ぼし合っていると常々感じますが、実際、生活しているなかでの行動面となると大きく異なるので、両方をうまく動かしていくには「スイッチング」と「優先順位」が必要なのかなと思います。

仕事モードと劇団モードとの「スイッチ」をON・OFFすることで「今の自分は、どういう状況で、何をしている(すべき)」という現状を無意識的に区別しているような気がします。

例えば、日曜のお稽古中はほとんど仕事のことは意識まで上げません(劇団ON, 仕事OFFモード)。逆に仕事で集中しなくてはならないときは劇のことを意識まで上げません(劇団OFF, 仕事ONモード)。可能な限り没頭することで、スイッチングをして、メリハリをつけてるんじゃないかな?と思います(え?当たり前?)。私の場合、職場(オフィシャルな面)と、劇団(半プライベートな面)での、性格や表現系がはっきりと違うので「今は、どっちサイドの人格を出しているか」という確認にもなります(必要に応じて混在させることもありますが)。

どちらにせよ、それぞれにどのくらいの時間・エネルギーをかけるかというところは、もう1つの「優先順位」が絡んでくるのでは?と思います。

この「優先順位」も、多少スイッチングと似ているかもしれませんが、「今の自分にとって、1番重要で、優先すべきは何をすること?」という点を意識することかなぁと思います。もちろん、仕事も劇団も「波」があります。1秒1瞬も惜しいような忙しい時期、そうでもない平穏な時期、じっくり落ち着いて考えられる時期。加えて、自分の置かれた状況により、必然的に優先すべきことが決まってきます。

例えば、劇団主催公演の直前の週。この時期は可能な限り公演に向けて時間と意識を割いて練習したり集中したりします、そうしないと本番までに不安な点がどんどん出てくるからです。逆に学会発表の時はどっぷり仕事に浸かることが多いです。前者(劇)は自分との戦いで、後者(本業)はプロの敵達との戦いなので、戦略は変わってきますが、どちらも1回しかないライブ本番で自分の力がどれだけ出せるか、という点が重要なのは同じです。どちらも本番を「楽んで」と言われますが、この場合の「楽しく」とは、緊張感をもって自分の持ちうるものを全部出しきろう、思い残すことのないくらい全力で戦おう(勝敗はその後についてくる)、ということで、ライブが終わった後の解放感を得ることが心地よく、楽しい、という表現になるのかな?と思います。

仕事と劇団の両立、改めて難しいテーマで、満足のいく答えは見つけられていません。私の世界は、仕事(オフィシャルゾーン)、劇団(半プライベートゾーン)、自宅(プライベートゾーン)の3つの場所で構成されているので、「スイッチング」と「優先順位」を意識すること、自分がどのゾーンにいるかを意識することで、ほんの5分の隙間時間で役の背景を考えたり、歩きながらダンスのステップをおさらいしたり、移動の車の中で台詞覚えたり、歌の練習したり、と、もっと時間と空間を有効に使えるように努力できそうな気がします。それが出来るようになったら、両立どころではなく、よりよい相乗効果が生み出せるようになるかもしれません。ええ、日々精進ですともっ。

進化し続ける劇団(!?)、英語劇団AlphaBetCity!は、今日もまた個々の団員がそれぞれのWonderfulな道を模索しながら前に前に進んでいます。
そこのWonderfulなアナタ!私たちと一緒に「楽しんで」英語劇をしてみませんか!?
今のこの瞬間も、絶賛団員募集中です!O(≧∇≦)O!


役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
関西英語劇団 ミュージカル オーディション


関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | 2017/10/15 23:31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。