【特集:1960年代の黒人さんたちの底力!】 キング牧師と公民権運動


9/23 & 9/24
第8回公演 HAIR!

詳細・ご予約は
こちらをクリック↓
英語 大阪 舞台







1960年代のあれこれ!
ヒッピーたちのあれこれ!


本日のテーマは

・1960年代の黒人さんたちの底力!

です。




最終回は、キング牧師が関わった運動である、Project Cとワシントン大行進についてご紹介します。

*****************************

公民権運動の中心となったのは教会でした。
政治、文化、経済面で抑圧されていた黒人にとって、
教会は感情を発散できる場所で、
自由に集会を開くことができ、
自分たちの指導者を育てることができる唯一の場所でもありました。

これまでご紹介したボイコット運動などの呼びかけも、
教会が情報伝達の場/指導的役割として機能したことで成功をしています。

また、キング牧師など多くの公民権指導者も教会を基盤に活動をしました。

キング牧師は、非暴力主義による抵抗運動の推進者でした。
キング牧師が初めて抵抗運動を導くために行ったスピーチを紹介いたします。

「長く抑圧されてきたわたしたちは、
捕囚という長い闇夜を歩くことには、もううんざりです。
しかし今やわたしたちは自由と正義と平等の夜明けを迎えようとしています。
…ここで強調したいのは、すべての私たちの行動、
まだ今夜ここでのすべての選択において、
そしてこれから先の将来において、わたしたちが何をしようとも、
わたしたちは神を前面に立てるべきだということです。
すべてにおいてクリスチャンとして行動しようではありませんか。
…まさにここ、モンゴメリーで、
将来歴史の本が書かれるとき、人は必ず言うでしょう、
『ここにはある民族が住んでいた、《縮れた毛と黒い肌》をした黒人が、
自分たちの権利のために道徳的な勇気を持って立ち上がった人々が。
そして彼らは、歴史と文明の血管に新しい意味を注ぎ入れたのだ』と」

*****************************

前置きが長くなりましたが、Project Cに関して。
人種隔離がアメリカで最も徹底された町であると評される
バーミングハムでの人種差別を撤廃させる計画に
SCLC(南部キリスト教指導者会議/キング牧師が創設した人種差別撤廃運動の団体)は
1963年に乗り出します。
この計画は、「対決(Confrontation)」の頭文字を取り、
Project Cと呼ばれました。

稼ぎ時であるイースターに商店での不買運動、
行進、シット・イン抗議を行い、逮捕され投獄された仲間を
寄付金で保釈させるという計画でした。
資金が不足すると、キング牧師自身が逮捕され、
牢獄に投獄されることでメディアの注目を集めました。

Project C 第二弾は、黒人の子供たちをデモ隊として使うことでした。
黒人の親は、抗議活動をすることによって職を失うリスクがあったため、
そのような責任を負わない子供をデモに参加させようと考えたのです。
小学校の子供も喜んで参加し、6歳以上であれば参加を認められました。

5月2日の午後1時頃、教会からデモ隊は出発し、
プロテストソングを歌いながら行進を続け、
警官が近づくと跪き祈りました。
その日の終わりまでに、6歳から18歳までの
959人の子供が留置場に連行されました。

翌日の5月3日、千五百人の子供達が学校を休み、
再度教会から出発したところ、
前日とは様子が違っていました。

白人居住地区の端に向かうと、
行く手を警官と消防士の隊列が待ち受けていました。
そして子供たちに向けて
1インチ四方あたり100ポンド(45kg)もの圧力の水を噴射したのです。
警察犬を子供達にけしかけ、
噛みつかせる場面もありました。

若いデモ隊員を警官と消防隊が攻撃する様子は、
テレビで放送され、全国に大きな衝撃を与えました。

それでも、行進の参加者は増える一方で、
5月7日までに二千六百人のデモ隊が留置場に入れられ、
留置場の数が不足する事態になりました。

これ以上の損害をうけることを心配した実業界のリーダーたちにより、
商業地区での差別撤廃と、
事務職・販売員に黒人を雇う計画が発表され、
拘留されていたデモ隊員全員が釈放されました。



1963年6月19日、ケネディ大統領は、
頻発するデモを解消するために、
公共の場においてすべてのアメリカ人が客として扱われる権利を保障する法律、
(6年間の教育を受けた者には投票権を認めるという内容も含む)を
制定するよう議会に依頼しました。

この法案を一般の人々が求めていることを示すために
企画されたのがワシントン大行進デモ行進です。


1963年8月28日リンカーン大統領の奴隷解放宣言百周年記念に、
首都ワシントンへ行進することになりました。

主催者は二千台の「フリーダム・バス」と
三十台の「フリーダム・トレイン」をチャーターして準備し、
行進には二十五万人以上(そのうち六万人が白人)が参加し、
アメリカ史上最大のデモとなりました。

リンカーン記念堂では、指導者たちによる演説が行われ、
ハイライトにキング牧師の演説”I have a dream”が行われました。


「しかし(奴隷解放宣言から)百年たった今でも黒人はまだ自由ではありません、
百年たった今でも、黒人の生活はまだ隔離の手かせと
差別の鎖でしばられ、悲しく、不自由です。
百年たった今でも、物質的繁栄の大海原のなかで、
黒人は貧困という孤島で暮らしています。

…私には夢がある。
私の四人の幼い子ども達が、いつの日か肌の色ではなく
人格そのものによって評価される国に住めるようになるという夢です。」


1963年11月22日、ケネディ大統領の暗殺により、
公民権運動は終わりを告げたかに思えましたが、
引き継いだジョンソン大統領(LBJ)が
「ケネディ大統領がそのために戦ってきた公民権法案を
できる限り早く可決することこそ、
前大統領の遺徳をしのぶ最高の記念となり、追悼となるだろう」と語り、
一年後に法案は議会で可決されました。

ワシントン大行進と、 1964年に制定された新公民権法(人種差別を禁止する)の制定によって、
1950年代から始まった公民権運動は大きな実を結んだといえるでしょう。

公民権運動は、経済的、社会的に、黒人のほうが裕福な白人よりも徴兵拒否を行うのが難しい状況のため、ベトナム戦争反対運動へと発展していきます。
本公演では、ベトナム戦争反対や公民権運動に深く関わっているキャラクターに出会えますよ(^^)
それぞれの想いや思考を持って動き回るキャラクター達に、是非会いにいらしてください!
最後まで読んでいただきありがとうございました。




【特集】テーマトーク内容はこちら

・ヒッピーって何?どういう考えを持った人たち?
①ヒッピーって何者!? vol.1
②アドラーからヒッピー、そして現在でも追求されている自己のあり方!

・1960年代アメリカ映画紹介
①走る若人に悔いはなし
②胃袋を満たす愛はパリにあり
③戦争アイロニーはいつの時代も

・ヒッピーの遺した名言!
①Power to the People!!!
②流れとともに生きよ!!!
③Live and Let Live!

・ヒッピーだったアーティスト
①当時ヒッピーだった有名アーティスト
②当時ヒッピーだった有名アーティスト ②
③当時ヒッピーだった有名アーティスト ③

・1960年代の黒人さんたちの底力!
①1960年代の黒人公民権運動①Sit in
②教育における人種差別撤廃運動!

・1960年代アメリカで活躍していたディーバたち
①改めて、Diana Rossを紹介したい
②"Dionne"に親近感 今回はあの女性歌手

・ヒッピーの聖地「インド」について
①インドってどんな国?
②クリシュナについて

・ヒッピーファッションアイテムと言えばこれ!
①Hippie☆style その①
②Hippie☆style その②

・1960年代にアメリカで起こった歴史的な出来事
①米国混乱の60年代ビッグイベント Vol.1
②米国混乱の60年代ビッグイベント -反戦運動編

関連記事
公演情報 | 2017/09/16 20:00