【特集:60年代アメリカで起こった歴史的出来事】 米国混乱の60年代ビッグイベント -反戦運動編


9/23 & 9/24
第8回公演 HAIR!

詳細・ご予約は
こちらをクリック↓
英語劇 関西 ミュージカル






1960年代のあれこれ!
ヒッピーたちのあれこれ!


本日のテーマは

・1960年代にアメリカで起こった歴史的な出来事

です。


今回は、「混乱の60年代ビッグイベント」から、HAIR!作中にも大きく関わる、反戦運動のひとつを紹介させていただきます。「反戦運動」と一口に言っても、物語の舞台となった60年代後半には、世界各国で、様々な規模でベトナム戦争反対の活動が盛んに行なわれていましたが、今回は「国際反戦デー」のきっかけとなった運動について描かせていただきます。

さて、この「国際反戦デー」、みなさんはいつかご存知でしょうか?
・・・正解は、10月21日です。反戦に関する集会が開かれることがとても多いこの日ですが、この謂れのきっかけとなったのは、1967年、ベトナム戦争に反対する人々がワシントンD.C.のポトマック川の畔の公園から、国防施設ペンタゴンまで歩いた、「ペンタゴン大行進」でした。10万人を超える人(そのほとんどが若者)が集まり、夜になってもペンタゴン前での座り込みが続くほどの大規模な活動となりました。座り込みをしていた人の中には、その場で徴兵カードを燃やしてしまう者もおり、現場の警備隊とは険悪なにらみ合いが続きました。

ここで事態を大きく変えたのが、「花」です。

警備隊がいつでも発射できるように構えた銃口に、ある若者が、手に持っていたカーネーションを一輪ずつ指していったのです。ヒッピーの「フラワーチルドレン」という別名にぴったりとも言えるこの行為がメディアによって伝えられ、世界各地の反戦気運が高まっていきました。

この後も、アメリカの東海岸で行なわれた反戦運動の中には、ペンタゴンへの行進や、ペンタゴン前での座り込みが度々行なわれたようです。(そして、HAIR!作中でも、ペンタゴンへの行進運動に参加する登場人物がいます!)

しかし、ペンタゴン大行進の規模の大きさや、若者による他の社会運動を知ったとき、「当時の若者は今の人と違ってガッツが凄いなぁ」と思っていましたが・・・
今とは比べ物にならないくらい個性が抑圧された時代を生きる若者にとって、周りの世界で起こっていることに対し、主体的に関わって、声を上げることで、自己を守ろうとしていたのかも知れないですね。





【特集】テーマトーク内容はこちら

・ヒッピーって何?どういう考えを持った人たち?
①ヒッピーって何者!? vol.1
②アドラーからヒッピー、そして現在でも追求されている自己のあり方!

・1960年代アメリカ映画紹介
①走る若人に悔いはなし
②胃袋を満たす愛はパリにあり

・ヒッピーの遺した名言!
①Power to the People!!!
②流れとともに生きよ!!!

・ヒッピーだったアーティスト
①当時ヒッピーだった有名アーティスト
②当時ヒッピーだった有名アーティスト ②

・1960年代の黒人さんたちの底力!
①1960年代の黒人公民権運動①Sit in
②教育における人種差別撤廃運動!

・1960年代アメリカで活躍していたディーバたち
①改めて、Diana Rossを紹介したい
②"Dionne"に親近感 今回はあの女性歌手

・ヒッピーの聖地「インド」について
①インドってどんな国?
②クリシュナについて

・ヒッピーファッションアイテムと言えばこれ!
①Hippie☆style その①
①Hippie☆style その②

・1960年代にアメリカで起こった歴史的な出来事
①米国混乱の60年代ビッグイベント Vol.1

関連記事
公演情報 | 2017/09/12 20:00