【特集:60年代アメリカで起こった歴史的出来事】 米国混乱の60年代ビッグイベント Vol.1


9/23 & 9/24
第8回公演 HAIR!

詳細・ご予約は
こちらをクリック↓
ミュージカル 劇 北摂







1960年代のあれこれ!
ヒッピーたちのあれこれ!


本日のテーマは

・1960年代にアメリカで起こった歴史的な出来事

です。


今回は、HAIR!の舞台が1968~69年のアメリカ・ニューヨーク、ということで・・・当時の社会的な出来事をご紹介させていただきます。題して・・・「混乱の60年代ビッグイベント第1弾!」

さて、今回の第1弾で取り上げるのは、学生によるベトナム戦争の反戦運動。HAIR!本編では主人公たちも、反戦デモに参加するシーンがあります。同戦争は、HAIR!全編を通して登場人物たちに影を落とす、大きな存在なのです。

ベトナム戦争については、詳しくご存知の方もいらっしゃると思いますが、念のため、概要をご紹介させていただきます。
1960年当初、国統一の主導権をめぐってベトナムの南部と北部が争っていました。北部を支援するロシアの共産制がアジアのほかの国々にも広がることを危惧したアメリカは、南部の政府に協力し、とうとう1965年、北部を爆撃してしまいます。これを封切りにベトナム戦争が始まり(諸説あり!)当時のアメリカのジョンソン大統領は、積極的に現地に兵を送り込みました。当初はアメリカ国内で「正義の戦い(だから絶対勝てる!)」として国民の支持を得ていましたが、ベトナム解放軍のゲリラ戦術に苦しみ、68年頃から形成は逆転し、戦争は長期化します。すでに国内では反戦派が増えていたにも関わらず、アメリカ政府はベトナムからの撤退を決断することができず、それどころか70年以降にはカンボジアやラオスにも空爆を加えました。73年にようやくアメリカ軍のベトナム撤退が開始されましたが、最後までベトナム首都のサイゴンを統治下に置くことをあきらめきれず、戦争の終結は75年まで持ち越されました。しかも結果は敗北・・・。

開戦当初、誰がこんな結果を予想できたでしょうか。
「正義の戦い」という政府のプロパガンダが功を奏したこともあり、当時はまだ反戦の声はわずかだったようです。
それでも、その少数派の中で真っ先に立ち上がったのが、大学生です。
1965年にミシガン大学で行なわれた「ティーチ・イン(Teach-in)」と呼ばれる反戦集会が、前年にカリフォルニア大学バークレー校で始まった学生への規制に対する抗議運動と結びつき、反戦運動は学生の間で広まっていきました。こうして、1967年ごろには全国の大学にまで広がり、68年にはコロンビア大学やハーヴァード大学でも学生が校舎を占拠するなどの過激な運動が展開されました。

世論が大きく動いたのはこの68年、当時ちょうど普及し始めたカラーテレビにより、ベトナムでのゲリラ戦の悲惨な様子が伝えられると、アメリカ国内でベトナム戦争に反対する意見が増えていきました。
これまでの反対派の多くは学歴の高い人が多く、ベトナム戦争が利己的な目的のための戦争だ、という理由が多かったようですが、以降は、そんな危険な戦地に家族を送るなんて!という理由が加わり、一気に反対派が増えたようです。

さて、HAIR!に出てくるヒッピーたちも例に漏れず、ベトナム戦争反対を掲げています。同じ意見でも、それぞれがどんな想いや、どんな理由に突き動かされているのか…もしかしたら、垣間見えるかもしれません!乞うご期待!



【特集】テーマトーク内容はこちら

・ヒッピーって何?どういう考えを持った人たち?
①ヒッピーって何者!? vol.1

・1960年代アメリカ映画紹介
①走る若人に悔いはなし

・ヒッピーの遺した名言!
①Power to the People!!!

・ヒッピーだったアーティスト
①当時ヒッピーだった有名アーティスト

・1960年代の黒人さんたちの底力!
①1960年代の黒人公民権運動①Sit in

・1960年代アメリカで活躍していたディーバたち
①改めて、Diana Rossを紹介したい

・ヒッピーの聖地「インド」について
①①インドってどんな国?

・ヒッピーファッションアイテムと言えばこれ!
①Hippie☆style その①

・1960年代にアメリカで起こった歴史的な出来事
関連記事
公演情報 | 2017/08/16 20:00