【特集:1960s アメリカ映画】 走る若人に悔いはなし


9/23 & 9/24
第8回公演 HAIR!

詳細・ご予約は
こちらをクリック↓
英語劇団 舞台 公演










1960年代のあれこれ!
ヒッピーたちのあれこれ!


本日のテーマは

・1960年代アメリカ映画紹介

です。


「HAIR!」の舞台となっている1960年代当時のアメリカは、どんなものだったのでしょう…。

公民権運動?ベトナム戦争?学生運動?


そんな時は、「時代の鏡」である映画を観て想像してみませんか?

ということで、3回シリーズで、私からは「60年代オススメ!アメリカ映画」を紹介しながら、当時のアメリカに想いを馳せていけたらなと思います。


(紹介にあたり、かなりの主観が入っている場合がありますが、ご了承ください…)



第一弾は、マイク・ニコルズ監督による「The Graduate」(1967)です。邦題は「卒業」。

1960年代後半から盛んになったアメリカン・ニューシネマを代表する作品です。

映画冒頭に流れる、テーマ曲Simon & Garfunkelの「Sound of Silence」が有名です。




大学を卒業し、人生に悩んでいるある裕福な家庭の青年のお話。


奨学金を獲得し、大学では陸上部のスターであり新聞部の部長もつとめたベンジャミンは大学卒業を機に、実家に帰ってきます。

そんな彼を両親やその友人等周囲は称賛の嵐で迎える一方、ベンジャミンは周囲との接触を避け、何だか憂鬱です。

彼は、将来に何をしたいかと聞かれても答えられず、自分の人生について悶々と考えているようです。


どこかで聞いたことあるような悩みだなあ…(笑)



すると、そんな彼を、父親の友人の奥さんであるロビンソン夫人が誘惑してくるのです。


いやもう、強引にその流れに持っていこうとする夫人にあっぱれ…!としか言いようがない。「闇が怖いから家の中まで来て頂戴な」「クラッチバックをお風呂場にいる私のところまで持ってきて」なんて、巧みな言葉でまだピュアな心を持とうとするベンジャミン青年をぐいぐいと誘ってきます。



結局は人生に悩む彼の心の隙間に、夫人の誘惑がうまく入ってきてしまい、二人は情事を重ねてしまいます。

それを契機に、彼は毎日を流れに任せて以前よりも怠惰な生活を送るようになってしまいました。



ある日、ロビンソン夫妻の娘、エイリーンが休暇のため家に帰ってきました。

両親の勧めを断り切れず、ベンジャミンはエイリーンをデートに誘います。


夫人から絶対にダメと言われていたのに、彼女を好きになってしまったベンジャミン…。


しかもその母親と不倫しているのに…。




どろどろや…。





エリート家庭で育ち、人生を遊ぶことを知らない純粋なベンジャミンが、怠惰な人生を送ったり、恋愛一直線な生活を送ってしまったりと、彼の真っ白なピュアさは、人との出会いにより染められている感じです。



といっても、彼にはもともと「自分がしたいこと」がなかったというのもあり、周りの大人たちに惑わされ続けているのかもしれません。当時の若者たちもベンジャミンのように、大人たちが作りだしてきた時代の流れに翻弄されていたのでしょうか…?




また、この映画では、カメラワークも面白くて彼の孤独感を表すのに一役買っている気がします。

彼のドアップだったり、潜水服の中の彼目線で撮っていたりと、周囲との距離・温度差を感じさせるシーンが何度かあります。



この映画が製作されたのは、ベトナム戦争の真っ最中です。


それを考えると、「青春の愛の物語」という見方に加えて、大人たちへの反抗を描いた若者たちの「反戦映画」としても観ることができるかもしれません。ラストシーンの若い二人の表情には、将来への不安が浮かび上がっているように感じます。




悩める青年ベンジャミンは、若かりしダスティン・ホフマンが演じています。


とにかく彼は、作品の後半、生まれ変わったかのように一つの目標に向かって生き続けます。


もしあなたが何かに悩んでいる時、そんなひたむきな彼の姿から元気をもらえるかもしれません。

以前観たことある方も、もう一度観てみるとベンジャミンの真っすぐさに心揺さぶられるかも…?



いつの時代も世間に抗うことは、なかなか一筋縄ではいかないものですね…、なんて。



それでは、第一弾はここまでです。第二弾をお楽しみに!





【特集】テーマトーク内容はこちら

・ヒッピーって何?どういう考えを持った人たち?
①ヒッピーって何者!? vol.1

・1960年代アメリカ映画紹介

・ヒッピーの遺した名言!

・ヒッピーだったアーティスト

・1960年代の黒人さんたちの底力!

・1960年代アメリカで活躍していたディーバたち

・ヒッピーの聖地「インド」について

・ヒッピーファッションアイテムと言えばこれ!

・1960年代にアメリカで起こった歴史的な出来事

関連記事
公演情報 | 2017/08/03 23:00