春爛漫✳

 雪のように桜の花びらが降り注いでいる様子を眺めると美しいのは本当に一瞬だけど、その一瞬が心に残るのだなぁと趣を感じる今日この頃。
桜がやっと満開ですね!
焦げ茶色の木にパステルカラーのピンクの桜がたっぷりとついているのをみると散っちゃダメーって時を止めたくなります。すぐに散るからその儚さが綺麗なのかもしれません。

 今回の稽古では私の心に残ったところ2つをピックアップして報告します!
本日またもや新曲!!!
今回のHairは歌がもりもりなんです。
そして今日の楽曲は私の苦手な早口言葉で攻めまくりです!もう何をいっているのかわかりません。。歌詞もΣ(゚д゚lll)
沢山の単語たちがずらっと並べられててもう途中から目も追い付いていきません。
最初は音を着けずに口ならしでラッパーのように唱えてどんどん速度をあげていきます。
少しずつ唱えれるようになると嬉しい!し、かっこいいような気がします。
今後は早さだけでなく発音も気を付けたいところです。

あと、ダンス!
先週に引き続きHairの振り確認。
細かいところまでみんなで合わせるという作業。
まず最初にカウントだけで踊る!!!
踊れない!!!
音楽があれば踊れるのに!
と、思ったところで気がつきました(゜ロ゜;
音楽のなにでリズムを取っているのだろうか!!!
バック音でもそのリズムは果たしてあっているのだろうか。。
今まで私は感覚で踊っていたのではないのか!!!っとショックを受けました。
1.2.3.4.5.6.7.8.とカウントで踊れたらみんなと細かいところまで合わせれるし自分も細部まで目がいくのか!!!と、カウントでのリズム取りの大切さに気がつきました。
あと、メリハリ!力を抜く入れることでキレのあるダンスに繋がっていくと思うので日々精進です。


今回のテーマトークは
【入団のきっかけ、英語劇をする動機】
 私は元々、他県でふらふらしていて就職関西にしようってなった時、ただ関西に行くのは芯が弱いなー、何か私にピッタリなものやってみたい!とふわふわした感じで見つけたのがこの英語劇団でした。
以前はワーキングホリデーで夢だった外国暮らしをして日本に戻ったら英語とは無縁の生活を送っているのに引っ掛かりを感じて、少しでも英語に携わりたいという思いと、今まで英語が大嫌いで全く英語の勉強をせず大人となった今、後悔があり英語劇やイベントを通して少しでも幅広い年齢層の方に英語に興味を持ってもらえるきっかけになったら!という動機でした。
 全くミュージカルや演劇を知らずにオーディションを受けたんですが、、今考えると何かに引き寄せられたのかなって思います。直感でここだ!私これ絶対やる!と決めたら就職先よりも先にオーディションに応募しました笑
ダンスも歌も劇も全く知らず想像すらできなくて当初はミュージカル合わないかも、、と毎週できない自分にへこたれてました。
けど、そんな私が劇団を続けているのは人間の感情に興味があるのかもしれません。
キャラクターと自分の感情を行き来し葛藤、新たな自分を発見することに魅力を感じます。意外と私は自分の事を知らずに生きていたようです。。だから、劇団で演技をしているというより常に自分を探しているのかもしれません。笑
そして、お客さんは何を望んで私たちの舞台を見に来てくれるのか、私たちはなんのために演じるのか、とか、、考えることが好きです。
人間の感情が根本的に好きです。
美しい部分も醜い部分も全部含めての人間が好きだから心理を探求したい欲求から演じ続けたいのかもしれません。
あと、私にとって社会とは枠からはみ出さないように、目立たないように、誰にも迷惑かけないように、、と思って無意識に自分を押し込めて生きてきました。
けれど、脚本に出てくるキャラクターは誰一人として【普通】という存在がいなくて個性的で魅力的で、、キラキラ輝いています。
私の考えていた【普通】というものは自分の中だけの常識にとらわれ自分で感情を押し込めてきてた小さな世界で生きてきたのかなって思ったら、、なんだかまだ見ぬ世界にワクワクしました。心がどんどん豊かになっているような気がします。
そして自分の性格を個性として受け入れてくれる劇団員たち。
団員にも色んなカラーがいてみんながそれぞれ違って、輝きお互いがお互いの輝きで更に光っているのかなって感じています。
私はそんな劇団が大好きです。
次の演目のHair​でも色んな個性豊かなキャラクターが登場します。
誰一人として同じ人なんていなくて、その個性を輝かせれる場所が舞台なのかもしれません。
あくまで個人的な意見ですが。

そしてまだまだ団員募集中です★
こんなに長々と動機を書いたけど動機はただのきっかけでしかないのでやりたと思ったらその第一歩が大切なのかな、人生の分岐点なのかなって感じます。何事においても。
新たな仲間、お待ちしております(*^^*)



役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語劇 演劇 オーディション 舞台




関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | 2017/04/10 23:53