9/23-24 は第8回公演! 演目は…

2017年9月23日(土)&24日(日)は

英語劇団AlphaBet City!の第8回公演を

例年通り大阪市立青少年センター/KOKOPLAZAで行います


気になる?演目ですが

HAIR!





です!















          。。。毛










                       









と上記のように思ってしまったそこのあなたも

被害妄想?に何かを感じてしまった方も コラっ!

ちょいとお耳(お目目?)を拝借しまして・・・




1960年代後半

アメリカで起こった

ヒッピーたちの反戦運動

"フラワームーブメント"
(最近花たちが活発でアレルギーきついですねってそういう話ではない)

と徴兵制度に苦しむ若者たちを中心に描いた

荒削りのロック・ミュージカルです


初めて成功した

ロックミュージカルと言われているこの作品


RENT等後世のミュージカルに与えた影響が

大変大きいと言われるほど

ミュージカル界の歴史を変えた作品でもあります


楽曲がロックなのはもちろんですが

何より、ベトナム戦争とアメリカの若者たちを

描いた作品でありながら

1967年に初演

という

リアルタイムで世の中を風刺したという意味でも

とてもロックな作品です


ロックは、元々の語源は「ロックンロール」


つい先日ロックンロールの

創始者的存在とも言われている

チャック・ベリーが亡くなりましたが OMG

ロックは音楽のジャンルとはいえ

”音楽に込める姿勢”が

「下の存在が、上の者たちを揺ろうとする何か」

でもあるような気がします


例えば、

レ・ミゼラブルのABC友の会のメンバー

フランスの情勢に反抗する彼ら

大きなマグロを何とかやっつけようと奮闘する

レオ・レオニの黒い魚スイミー

現にアメリカで抗議デモを繰り返す人々 など

たとえがいろいろ無理やりすぎますが

何か彼らなりの信念を持って

変えられない現状を変えようと奮闘し

行動を起こす反骨精神を持った彼らは

みんなみんな

立派なロック野郎たちなんですね~



初演50周年を迎えるこの作品ですが

当時の若者のリアルタイムな心の叫びを おりゃ~

そして

50年の時の経過を感じさせず

現代の私たちにも響く何かを とりゃ~

色鮮やかにお届け出来たらと思います


昨日はオーディションを行いましたが

まだまだ劇団でも

ハッピーヒッピーになってくれる


カラフルなTribe(お仲間)を募集中です!!!




少しでも気になる方は

お気軽にお声掛けくださいね!

詳細はこちらをクリック↓
英語 劇 ミュージカル



関連記事
劇団からのお知らせ | 2017/03/21 00:26