Shining Smiles♪

Happy Christmas Eve!!

明日はいよいよクリスマス!
その前日である今日、皆さまはどうお過ごしでしょうか?

英語劇団AlphaBet City!は、
毎年夏にお世話になっております、こども英語教室Twinkle English様のクリスマスイベントにて、お芝居を披露した後、子どもたちと一緒に歌ったり踊ったりしてきました♪

お芝居の内容は、日本でも『赤鼻のトナカイ』と題されている、あの 超!有名なクリスマスソング、"Rudolph the Red-Nosed Reindeer"の物語を、ミュージカル仕立てで♪

トナカイたちはもちろん、サンタさんや雪だるま、クリスマスツリーの姿をした妖精さんたちといった、クリスマスならではのスター勢揃いの、豪華なメンツでお話は進んでいきました★

お芝居後の 歌の時間には、子どもたちとキャラクターが一緒になって、英語教室で既に習った曲を歌って踊り、最大級の盛り上がりでした!

このような機会をいただくと毎度感じるのですが、子どもたちの放つエネルギーや、まっすぐに向かってくる感情は、本当に眩しくて、キラキラしていて、ものすごく尊いものだなぁって感じます。

今回歌った曲の中に、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの"Happy Xmas (War is Over)"という曲もありました。

これはベトナム戦争時に反戦のメッセージを込めて つくられた曲なのですが、その楽曲中には、子どもたちが高らかに歌い上げる場面が随所にあります。

しかし そのミュージックビデオには、戦争に苦しむ子どもたちの姿もあります。

あの、高らかに歌い上げる子どもたちの声は、私たちがこれから先 ずっと、愛おしく、大切に守っていかなければならないものだなぁと、曲を聴く度、歌う度に思います。

今日は、一緒に 目を輝かせて歌う子どもたちを前に、より一層、強く そんなことも感じたクリスマス・イヴでした。

Twinkle English様、いつも元気の源をくださって、ありがとうございます!




さて、リレーテーマである「私が語る、◯◯劇場」ですが、、、

メジャーすぎるが故に、今まで団員たちに語られてこなかった ブロードウェイについて、僭越ながらお話したいと思います。

ミュージカルと言えば、やっぱりブロードウェイ!
と思う方もかなり多いかと思います。

私も、そんな1人です。

高校1年生の時に、母校の合唱部が定期演奏会で披露したCHICAGOを観て、初めて舞台上で行われるミュージカルに触れ、それ以来、いつか「本場」と言われるブロードウェイに観に行きたい!と夢見ていました。

その夢が叶ったのは、つい最近。

感動のあまり、ニューヨークに入った途端と、ブロードウェイの通りに立った瞬間と、劇場に着いた瞬間と、その後もたくさんの瞬間に涙、涙の連続だったのを覚えています。

ブロードウェイで観劇した初めての劇場と演目は、Gershwin Theaterでの"WICKED"

有名なミュージカルで、今や この劇団でも縁の深い演目ですが、当時の私はこれを全く知らなくて、わくわくして開演を待っていたのを覚えています。

知らないミュージカルなのに何故これを観ようと決めたかと言うと、Gershwin Theaterがブロードウェイで最大の劇場だったから。なんと、1900以上も座席があるのです!大きな劇場で上演する作品なら、おもしろいだろう!と思って観劇を決めたのでした。

以前には、ミュージカルの祭典であるトニー賞授賞式の会場にもなったことがあるそうな。。。

The King and IやSingin' in the Rain、Show Boatなど、人気作品も多数上演されてきました。

そして2003年からは、人気が止まるところを知らない WICKEDの専用劇場として、今でも毎日多くのお客さんを呼び込んでいます。

この劇場の さらに素敵なところは、その敷地内に入った瞬間から、作品の世界にワープしたかのような感覚にさせてくれるところです。

一歩足を踏み入れると、モニュメントや作品の世界観たっぷりの壁画が目に入り、
エスカレーターで移動している最中にも、その凝った壁画の小さな「遊び」を楽しむことが出来たり、
2階に上がると、劇中で代々使われてきた小道具や衣装が目の前に展示されていたり…

これも、大劇場であるが故に出来る、そして、大劇場の作品であるが故に出来る技なのかもしれません。。。

ブロードウェイでミュージカルを観てみたいけど、何から観たらいいのかわからない…という方は、大規模Gershwin Theaterで観てみると、おもしろい作品に出会えるかもしれませんね★

他にも、アメリカならではの雰囲気をもった劇場が多数あるので、ブロードウェイに行かれた際には、「アメリカ」を目一杯体験出来ること、間違いなし!です


最後に、只今、劇団では、新規団員募集中です!
興味のある方は是非、お気軽にお問い合わせください♪


それでは皆さん、Happy Happy Christmas★


2017年 役者スタッフ募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
大阪 ミュージカル 英語




関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | 2016/12/24 23:23