We've got magic to do!

AHAPPYNEWYEAR

劇団が立ちあがってから早5年が経ち
創立記念日の2/1より
7年目に入ろうとしています。

アマチュアの小劇団というと
金銭面・人間関係
メンバーの入れ替え等
2~3回公演できれば良い方
1回公演を打っただけで
解散してしまうところも多い
というように聞くことがあります。

もちろん毎度の公演毎年の活動で
紆余曲折何かしらありますが、
そんな中でも
ここまで続けてこられたのは
かけがえのない個性的な団員と、
そして何よりすてきなお客様、
素晴らしいクライアントさんに
恵まれたお陰です。

本当に本当にありがとうございます。


さて、2016年になりました。

今年の暦は
陰陽五行でいうところの「」。

丙の属性は五行の「火」にあたり
陰陽の「陽」になるので
太陽を表します。

太陽は古代より
その昇り降りする姿から
「ある王の時代」の
「始まり」や「終わり」を
象徴するものとして
使われてきました。

そんな今年は劇団の主催公演として
ある時代の生んだ息子(son)であり
ある時代の
太陽(sun)になろうとした
ordinary(ごく普通)な男の人生を

彼の人生の
沢山のエキストラ(extra)と共に
extraordinary(特別)な叙事詩に
仕立てあげて行く物語に
取り組みます

2016/10/8(土)&9(日)
第7回公演「PIPPIN!」


西洋演劇の
バイブルとも言われる
William Shakespeare(ウィリアム・シェークスピア)
As You Like It(お気に召すまま)
"All the world’s a stage, And all the men and women merely players: They have their exits and their entrances; And one man in his time plays many parts."
(全世界は一つの舞台であって、すべての男女は、その役者にすぎない。それぞれ舞台に登場してはまた退場していく。人はその時々にいろいろな役を演じる。)
とあるごとく

今回の作品を通して
「演劇とは」「人生とは」
「showとは」「生(しょう)とは」を
追求・追究していけたらと
ぼんやり考えています。
演劇を追求することは人生を追求するとそう離れていないことなのではないかというのは良く聞く話で、多かれ少なかれそうではないかと実感している側の一人間です。

劇中に登場する
個性的なキャラクターたちの中に
きっと共感しやすい
隅に置けない
”あなたが気に入るような”人物が
一人はいるのではないでしょうか。

どうぞ、お楽しみに!

一緒に劇をやって下さる
メンバーも募集しています。

その入り口として
オーディション
2か月に1度開催しています。


迷っているあなたも
そうでないあなたも
このご縁にピンときたら
どうぞお気軽にお声掛けください。


また、主催公演だけでなく、

・歌やダンスのショーをベースとした
 地域イベント

・普段英語ミュージカルに
 関わる機会の少ない
 老若男女
 世代・性別を超えた皆様の元に
 とっかかり易い
 英語ミュージカルをお届けする
 外部公演

・演劇をやりたいけど
 始めの一歩が踏み出せない方向け
 ワークショップ

等に、
今年も沢山かかわっていけたらと
考えております。

こちらのブログや
facebooktwitterを通して
活動の報告は随時して参ります。


まだまだ卵に数えられる程度に
毛が生えた?ような劇団ですが・・・

どうぞ2016年も、
そしてこれからも
英語劇団AlphaBet City!
宜しくお願い致します!!!!!




最後になりましたが、
皆さんの2016年がの意味で
Extraordinary
な1ページとなることを祈って!
関連記事
劇団からのお知らせ | 2016/01/05 01:53