EXCELSIOR!!

みなさま、冬晴れが清々しい季節となってきました。いかがお過ごしでしょうか?私は、この1年を振り返りながら、来たる2016に胸をときめかせている次第です。


先週13日の練習も、こんゆ~い1日になりました。


まずは、スキット発表会~

これまで約1ヶ月半向き合ってきたキャラを、ペアごとに発表しました。題材は、"The Big Lie"というショートストーリーで、先生と生徒が織り成すコメディもの(この時点で私はつまづいてしまいましたが..)です。

今回は、演出も含めて役者ごとに自分なりの考えをもち挑みましたので、各々の演じ方・見せ方の違いを学ぶことのできる場となったと思います。しかしそのなかでも、押さえるべきポイントポイントがあるので、そこは要チェックでした。脚本にある台詞・動きはクリアしつつ、なぜそうするのかという動機も考え、それをパートナーと共有してキャラを生かしていく。う~ん。。

今後もスキット練は継続してあるので、真摯に取り組んで脚本のつかみ方を理解してきたいと思います!


その後は、メンバー集まってのお楽しみでした。美味しいワインともう箸が止まらないほどの美味しいご飯(デザート付き!)とで、あっちゅう間のひとときを過ごしました。はぁ~キーマカリー...胃袋をもうひとつ調達したかったです。感謝感謝です

そして今回は、プレゼント交換もしたんですよ。テーマは、「あったかグッズ」。この夜メンバーで集まれたことが、一番の「あったか」だったかもしれませんね...!

思えばこの1年こそ、本当にあっちゅう間でした。来年もより上を目指して精進したいと思います!

ではでは、先週担当者からのバトンを引き継いでリレートークに移ります~。

私のイチオシミュージカル作品ですが、「ジーザス・クライスト・スーパースター」を挙げたいと思います。

この作品は、聖書をもとにキリストの最後の7日間を描いた、ロイド・ウェーバー作曲のロックミュージカルです。

実はこれ、私が初めてS席で観たミュージカルなんです。私が観劇した時、ステージは確か、土坂っぽく作られてたかと思うんですが、そこを這い回る民衆や引きずり回されるイエスやら、なんじゃこりゃの演出は、と。

その効果もあり、舞台上で織り成されている瞬間瞬間のイメージが、ギリギリと頭に刻まれていたように思います。近くで役者さん方を感じることができたのも大きかったのでしょう。

そして、フィナーレは、うちひしがれるイエスと彼のことを馬鹿にしてるユダ&ユダガールズの対比感がたまらなかったです。そしてそして、その後になんと舞台上に本物の十字架が建つとは。。実際に目にすると、ほぉ~としてしまいました。

全編を通して台詞が少なく楽曲中心で進んでいた印象ですが、ストーリーも引き付けられるものがありました。裏切りや苦悩系は好物の類なのかもしれません。

(当劇団の旗揚げ公演が、この作品だったとか...!観たかったなあと思わずにいれません。)


やはり印象的なミュージカルは、ワンシーンワンシーンが頭のなかに刻まれています。そんな何かしらを感じてもらえる作品をつくりあげることを目指して、メンバーと共に熱く活動しています。もしあなたも少しでも興味があれば、ぜひ寄り道をしてみてください!お待ちしております。

2016/10/8(土)&9(日)
第7回公演「PIPPIN」
劇団員 募集中!
英語劇 オーディション 
関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | 2015/12/20 21:24