Colorful!

こんにちは!いよいよ本格的に寒くなり、こたつの恋しい季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

早速、先週の練習報告から参ります。

本番直前ということで、各自朝早くから集まって歌練や話し合いなどを行いました。体幹トレーニング、ラジオ体操などの基礎練習からスタートし、午前中は6日に行われるイベントのダンスを練習しました。夏のイベントでも取り組んだ曲ですが、振付もほとんど新しくなりました。

午後はWICKED!のシーン練習として、舞台への入り捌けを確認したり、細かなタイミングを調整して、夜のゲネプロ(最終通し稽古)に備えました。

ゲネプロでは照明・音響・字幕のスタッフさんも全員揃い、衣装・メイクも入れ、本番とほぼ同じように行うので気合が入ります。皆それぞれ本番に向けた手応えを感じたり、確認すべきことの洗い出しを行えたようです。

個人的にも、「ここでこのような動きをする」とあらかじめ決めていた流れも意識にはありながら、役として本当に恐怖を感じて叫んだり、本当に喜びや怒りを感じて台詞を発している不思議な感覚を得られた瞬間がありました。シーンの共演者はじめ全員で創り上げていく過程があってこそのものなので、劇は本当におもしろいなとあらためて思いました。

本番の様子は次週ブログでお届けいたしますのでお楽しみに!

さて、テーマトークである私の「イチオシ!ミュージカル1作品」は、つい先日日本初演が行われた『CHESS The Musical』です。旧ソ連とアメリカとの冷戦時代を背景に、実在の天才チェスプレーヤーらが国家に翻弄される様を描いた本作品は、テーマが壮大なこともありとても難解でした。しかし、ABBA作曲の癖になる美しいメロディー(コンサート版で上演されることも多いそうです)や、チェスを模した白黒のシンプルな舞台装置や衣装の虜になりました。

ミュージカルに興味のある方は、劇団で一緒に作品を創ってみませんか?出演者、スタッフ募集中です!
2016/10/8(土)&9(日)
第7回公演「PIPPIN」
劇団員 募集中!
関西 英語劇 ミュージカル 
関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | 2015/12/07 13:49