絨毯は見るものか乗るものか

雨続きで満開だった桜もいつの間にか散ってしまいましたね。

満開の桜はもちろん、葉桜もピンクに緑のアクセントがきれいだなーと思いますが、桜が散った後に地面にできる花びらのじゅうたんも好きです。踏まれてしまうにで本当にタイミングがあった時にしか見ることはできないのですが。


さて、4/5の練習報告です。

新年度が始まったばかりということもあってかこの日は参加人数が少なめだったのですが、その分みっちり細かいところまで確認することができました。

通常練習では公演の歌やダンス、シーン練習をする前にストレッチや基礎練から始めます。
基礎練には大まかに身体系と声系のプログラムがあるのですが、この日は鏡のある稽古場を使用していたので基礎練の際も鏡で自分の身体の動きをチェックしながら進めました。
自分ではできていると思っていても意外とできていないもんですね…。

せっかくなので基礎練の内容を少しご紹介しようと思います。

まずはラジオ体操第一から。

夏休みの朝や体育の時間にやったあのラジオ体操です。
小学生の頃はだるだるーっと流してしまっていましたが、実はきちんとやれば効率的に身体をほぐせるように作られています。本気で動くと結構しんどいです。

我々は英語劇団ですので、途中に入る指示(腕をー大きく伸ばして〜、とかいうあれ)
は、もちろん英語の音源を使用しています。あるんですねーそんなのが。


その他、身体系の基礎練には体幹を鍛えるためのもの、ダンス基礎などがあります。


この日は基礎練の後これまでやったダンスの復習とブラッシュアップ。
これも鏡を見ながら細かい部分を修正したりみんなで動きを統一したり。

それまでみんながそれぞれ様々なニュアンスで踊っていたのが、今回の練習でなんとなく揃ってきたかんじです。

私もステップを追うだけで必死だったのが、ようやく見せ方や周りとの協調に気が回るようになってきました。
忘れてしまわないよう気をつけねば…!




先週のブログテーマは「新年度」でしたが、それに伴い?今回からテーマの内容をプチリニューアルすることになりました!

これまでテーマをリレーで回してきましたが、今回からはテーマを「ミュージカル」に絞って書いていきます。
団員はもちろん皆ミュージカル好きなので、熱い話が聞けそうです。

早速ですが今回のテーマ。
「初めてみたミュージカル一本について」

うーん、初めて「生で観劇した」となると私の場合確か大学生になってしまうので、今回は幼稚園の時(だった気がする…)に観たディズニーの「アラジン」について。

あえて「アラジン」とカタカナ表記しましたが、それは最初に観たのが吹き替え版だったからです。小さい頃なので…。

私は小さい頃から歌うことが好きで、小学生の頃もよく自転車を漕ぎながらアラジンとジャスミン一人二役で歌ったりしたものです。
なので "A Whole New World" は特に日本語の歌詞の方が身体に染み付いています。

ある時、英語の歌詞を読んで衝撃を受けました。
日本語詩ではアラジンが魔法の絨毯の上でジャスミンに一輪の花をプレゼントする様子がそのまま描写されているのですが、原詩にはそれがない!!!

「え、意味全然ちがくない?そんな変えちゃっていいの??」
ともの凄く驚いたのを覚えています。

でも私はこの日本語詩が大好きです。
お花をあげる部分意外はとても綺麗な日本語に訳されているし、お花の部分は止むを得ず原詩の意味をそのまま訳できなかったのかもしれませんが、画とぴったり合っていて、前後の流れも自然です。
(と思うのは日本語詩が染み付いてしまっているからかもしれませんが…。)

私がミュージカルを自分でもやりたい!と思ったきっかけの作品と出逢うのはまだだいぶ後になるのですが、この時の衝撃が、吹替ではなくオリジナル言語の映画やミュージカルに興味を持つきっかけだったのかなーと思います。


ミュージカルを、その作品が作られたオリジナルの言葉でやりたい!という方、まだまだ募集中です!!


2015/10/3(土)&4(日)
第6回公演「DANCE OF THE VAMPIRES!」
出演者募集中!
 【ミュージカル 劇団 英語 大阪 関西】 

関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | 2015/04/13 00:31