It's a small world

こんばんは、唐突ですが10月31日はハロウィーンでしたね!
夜に少し繁華な街へ出掛けたところ、あちこち賑やかで、いたるところに仮装した人がいたり、お店から大きな音で音楽や声がきこえてきたりと、何やら歩いているだけでたのしい気分でした


さて、10月26日の練習はやや変則的で、午前中は公民館の文化祭の練習、そして午後は文化祭本番でした
わたしたちも少しハロウィーンテイストな曲を発表しました

ドリームガールズでずっとつづいていた1960年代の音楽とはうってかわり、クラシカルな2曲でした
クラシカルな曲は個人的には好きなのですが、皆であわせるというのは難しい!と改めて感じた曲でした

そして本番後はすぐに移動して来年の公演に向けたオーディションです
わたしも今年の頭のオーディションで入団したので、初めてオーディションをみる側での参加となり、勝手に緊張しつつみせてもらいました

わたしがうけたオーディションから約1年、でもまだ1年たってないのが不思議です
誰が入団するのかはわかりませんが、新しい人を迎えてまたこれからこの劇団がどう変わるのかなということを考えると感慨深いです


今回のテーマは「旅」です

旅といえば、わたしにはひとり旅です
複数でいく旅行もたのしいものですが、でもひとり旅のたのしさは全く別なのです

鈍行電車で鎌倉へ行ったり、夜行バスで岩手へ行ったり、フェリーで北海道へ行ったり(優雅そうな響きのわりに北海道滞在が約19時間、往復の移動時間が約50時間の弾丸旅でした)、
自転車だと、姫路・小豆島への旅や奈良への旅、東京で環状線を自転車でまわったり、
あと外国だとタイやドイツにひとりで行ったりなどなど、とにかくフラフラと好きなように旅をするのが大好きです

時々なんでこんなことしてるのかなあーと思いつつ、とにかくたのしいのでなんとなく過ごしてきたのですが
そんなわたしのひとり旅観を少し考えさせられたのが、去年の神戸~岡山~高松~神戸の自転車の旅でした

約4日間、自転車をこいで、フェリーを乗り継いだ旅でした
これはどの旅にもだいたい共通するのですが、観光はほとんどせず、ずーっと移動をしていました

フェリーや電車や飛行機やバスでの移動とは違って、自転車でずっと移動するには、ずっと足を動かします
他の乗り物だと、本を読んだりぼーっと景色をみたり寝てしまったり、移動中は色々できるのですが、当然自転車だと移動しかできません
道は大丈夫か、車はきていないか、いつ休憩するか、喉はかわいてないかなど、そんなことだけ気にしながら、あとは頭を空っぽにして走りつづけました

でも、そうやって何も考えずに移動することが、わたしには何よりたのしいのだと気がつきました


ともすれば、毎日職場と家の往復になりがちで、自分の世界のスケールを気づかないうちに小さくしてしまい、
その小さな世界で小さなことに悩んで、自分も小さくなってしまいそうになるのですが

そんなとき、わたしにはきっと移動することそのものが大切で、
家の玄関から冷蔵庫まで廊下がつづいているのと同じように、
わたしのこの足を動かせば、家の玄関から例えば約150キロ向こうの岡山にだってつづいているのだということ、
昨日冷蔵庫の前にいたわたしが、いまはもう岡山の土をふんでいるということ、
それを感じることが、わたしが旅する何よりのたのしみで目的だったのかもしれません


しかし、先日は珍しく、職場の仲間と連れ立って、グループでサイクリングへ行ってきました
グループでのサイクリングに慣れていなく、ひとりで先に行きすぎてしまったりと色々戸惑いもありましたが

でも、道中では仲間と苦労を労いあったり、目的地に着いたとき仲間とその感動や喜びを分かち合うことは、それはひとりで旅するときにはないことで、誰かと旅するのもいいものだなあと感じました
そろそろひとり旅ばかりは卒業して、誰かといっしょに旅することもたのしめるようになりたいなと思います

といいつつ、次は九州への自転車とフェリーの旅を企てているので、まだまだひとり旅はやめられなさそうです


さて、では次のテーマは、「ただいま計画中!なこと」でお願いします
わたしは先の九州旅と、初詣に遠くの神社に行こうかと計画中です

寒くなってきましたが、イベントがたくさんある季節に近づいてきて、たのしみですね~
それでは

2015/10/3(土)&4(日)
第6回公演「DANCE OF THE VAMPIRES!」
出演者募集中!
月一オーディション開催中!
関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | 2014/11/03 01:15