新年トリビア・我らが情熱の旗印・あきらちゃんの本名は「あきら」ではない。

どうも、こんにちは。
ABCの海外組・モロです。
照明プランや字幕作成の担当です。
今は東南アジアの片田舎で、のんびり生活しています。

本当でしたら、劇の進み具合について語りたいところですが。
いかんせん、海外組。
それは日本組のみなさまに、火力100%で語ってもらうことにしましょう。

その代わりといっては何ですが、私の職場の話でも。
私はタイの田舎の中高一貫校の先生をしています。
在住日本人は私だけ、自転車を10分も走らせると、畑に牛に…という光景に出会えます。
そんなところですが、学校のオフィスは国際色豊かで、マーブルチョコレートもびっくりです。
外国語のネイティブ教師が、非常勤も含めて8人います。
異国の地での生活を選ぶだけあって、一癖も二癖もある方ばかりです。
(当然、私は除きます)
その中でも、特に異彩を放っているイギリス人の先生。
聞いてみると、学生時代の専攻は演劇だとか。
演劇人に癖があるのは、世界共通のようです。

さて、ABCの連絡で使われているのが、皆さんご存知「メーリングリスト」。
ひとつのアドレスに送るだけで、自動的に参加者全員にそのメールが配信されるというスグレモノです。
国境も越えて、私のところにも届いています。
日本組のみなさまは、もちろん練習などで顔を合わせて、高めあっていることと思います。
しかし、どんなに首をのばして背伸びをしてみても、なかなか練習風景を覗けない海外組にとって、
このメーリングリスト、練習の雰囲気を妄想するのに役立っています。
一言でメーリングリストといっても、その内容はさまざま。

 「今回の練習の予定!」
 「こないだの練習は、これしたよー」
 「ごめんなさい、遅刻する…」
 「シフォンケーキ持っていきます」 (るかさん、私も食べたかったです…)
 「宣伝、がんばろー!」
 「○○役をすることになった、☆☆です」

年明け前ごろから、以前にも増して、勇ましい言葉が多く送られてくるようになりました。
これは期待大!
公演当日は、千里眼で観劇しようと思います。
超能力を使わなくても見に行ける方は、ぜひ劇場まで!
関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/01/17 17:47
コメント

管理者のみに表示