一本の折れないシン

こんにちは!
最近また寒くなってきましたね。
わたしもつい先日まで風邪で寝込んでおりました。。。
皆さんも体調には十分お気をつけてくださいねー!


さて、先週2/16もじっくりと基礎練習から入っていきました。

ようやく、基礎練習で行っている数ある動きのなかでも、いくつかだけ、
身体の動き方、コツ(骨?)が見えてきたかな~と、ほんの少し見えた光にひとりにやけてました。
身体との会話をものすごく要するので、この基礎練習の時間は、なんだか裸を通り越して自分の骨が見えてきます。
おもしろいです。


発声・歌の基礎練習のほうは、つかもうと思ってもまだまだ逃げられてばかりです。
個人的ではありますが、今回は今まで以上に歌にも力を注ぎたいので、根気根気で、こちらも身体を見つめ直しながらいきたいです。
課題はたくさん!


基礎練習後は、DREAMGIRLS!内での持ち歌・ダンスによって、それぞれのチームに分かれて練習です。
それぞれに課題は違ったり一緒のところもあったりだと思いますが、ひとつずつ、着実に越えていきたいです。
曲自体は、ノリノリの曲やカッコイイ曲が多くて、聴いていてすごく楽しいです!

新しく加わったメンバーもいるなかで、これからどのようになっていくのか楽しみです。
DREAMGIRLS!内にもFAMILYという曲があるように、黒人文化には、"a bond of kinship"(家族的絆)が多々取り上げられるようです。
彼らのkinshipは決して家族そのものの意味ばかりでなく、家族同然に想える仲間意識、同胞意識だと思います。
おそらく、彼らの歴史的背景から見てみると、搾取され続けた自分たちのアイデンティティやルーツ探しをしていく過程で、この強い意識は芽生えたのかなぁとか。。。いろいろ考えさせられます。


同胞意識といえば、、、
今週のブログテーマは「ソチオリンピック」ですが、このオリンピックでもあちこちで同胞意識が感じられますね~

つい、テレビ観戦のために寝不足、、、なんて方も多いんではないでしょうか。

わたし自身はスポーツとはかなり遠いところにいる人間なので、このテーマで語ることが恐れ多くて仕方ありませんが。。。
(劇団内にはもっと、ザ・スポーツマンな子がいるのに、笑)

ひとつ思うことは、やっぱりオリンピックに出場する選手たちは、精神力がとても強靭だということ。
いくつもの壁や逆境があって、そこで挫けない、甘えない強さは本当にすごいと思います。
追い込まれて追い込まれて、そのときに見せる強さが放つ光というものは、まぶしく魅力的。

どの選手も口を揃えて言う、「自分を信じて」「自分のやってきたことを信じて」という言葉。
挫折や逆境を泥にまみれながらも這い登ってきたからこそ、心から言える言葉なのかな、と。

わたしも、「自分のやってきたこと」と、後々信念をもって自分をプッシュできるようなこと、自分の自信を裏付けできるようなことを、まずはやっていきたいと思います。転んだり這ったりしながら。




さて、次回のブログのテーマですが、、、、

もうそろそろ新作のミュージカルアニメーションも公開されますね!
うちの劇団でもそわそわしている者が結構います、笑。
わたしも『ホビット』と合わせて観に行きたいなーと思っています。

ということで、次回のテーマは、
「ミュージカル映画」!

それでは皆さん、素敵な週末を♪
関連記事
稽古場日誌 | 2014/02/22 17:50