舞台は生 映画は大スクリーン

梅雨らしからぬ晴れ間が続いた先週とはうってかわってここ数日は雨続き。

ようやく梅雨本番、といったかんじですね。(私の実家含む奄美・沖縄方面はすでに梅雨明けしていますが…)



雨の日の休日の過ごし方といえば、やはり芸術鑑賞が定番でしょうか。


という訳で唐突にご紹介しますのが「午前10時の映画祭」。

今年で4回目になる企画なのでご存じの方も多いと思います。

一言で表すと「テレビやDVDでしか観たことのないあの名作が大スクリーンで観られる!」という企画です。

世代によっては「昔観たあの名作をもう一度スクリーンで味わえる!」でしょうか。

全国の映画館で2週間ごとに選び抜かれた名作傑作映画が上映されています。

毎日午前10時からの上映なので「午前10時の映画祭」☆

大阪では梅田のステーションシティと難波のTOHOシネマズで開催されています。



鑑賞料金は1000円。(なんと学生は500円!)

テレビならお金はかからないし、最近ではDVDも100円ぐらいで借りることはできますが

映画館なら大画面の迫力と臨場感たっぷりの音響を味わうことができます。



ウエスト・サイド物語やメリー・ポピンズなど私たちの劇団でもおなじみの曲が使われている映画も上映されています。



かくいう私は「一日一上映 午前10時から」というのがネックになって今年はまだ一度も観に行けていないのですが…。



気になった方はぜひ調べてみてくださいね^^



関連記事
稽古場日誌 と テーマトーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/06/22 00:48
コメント

管理者のみに表示