ぎゅうぎゅう

タイトルを見て、

「……??」

ってなった人がいるかもしれません。

このブログを担当しておりますのは、役者のべすです。



11月最初の週末、この土日はやることがいっぱいで練習はぎゅうぎゅうでした。

もう11月はいっちゃったんです!!

控えているイベントが間近に迫ってきています。

1週間後には千里中央での音楽祭マルシェへの出演、3週間後には小学校のPTA行事での出演、そして「WICKED!」前編の公演までも2か月をきっております。

やることはいっぱい!!!

3つのことを同時進行していくのは簡単なことではないけれど、今までにないことなのでワクワクしますね。



この2日間、ダンスや歌をつめ、シーンを確認し、衣装やメイクありで通し練習をし、小道具も作成しました。

小道具づくりでは、今回の演目でもっとも重要ともいえる顔をみんなで作りましたよ。

バランスボールを使って針金で型をとり、その骨組みに洗濯糊を使って新聞紙をぺたぺたと貼っていく…

おっと、この先は内緒です。




とにかく練習時間はあっというまに過ぎていきます。

だから個人練習が大切になってきます。


「時間がなくてできない人は、時間があってもできない」


自分の生活を振り返るときにべすが大切にしている言葉です。

そしてここでもう一度この言葉を強くかみしめようと思います。

べすはまだ学生ですが、この劇団には社会人の方も多いです。

一人一人が自分の生活をもっていて、それぞれに忙しくしています。

何に重点を置くかという優先順位も違います。

でも、この劇団に集うメンバーとして役割をもっています。



ばたばたしてくる時期だからこそ、ちょっとストップをかけてみたいものです。

時間がないと思う自分に妥協してしまわないように、負けてしまわないように。

だって、好きだからやってるんですもんね。









関連記事
稽古場日誌 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/11/05 03:59
コメント

管理者のみに表示