【宣伝がてら】10月になりました。

どうもこんにちは。
すっかり暑さも消え
一気に肌寒い季節がやってきましたが
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

この寒さをもたらした台風のせいで
先週は練習がありませんでしたが

しかし気付けば、もう10月!
PROJECT★WICKED!がスタートしてから
はや4か月がたち
劇団今年最大の怒涛
11月が目前に。。。。。。

-------------------------------------------

◆10月27日(土曜)
◆11月3日(土曜)
箕面市にて英語・表現の講座
http://www.city.minoh.lg.jp/cyuuou/kouza/cyuuouakikouza.html#h24aki3

◆11月11日(日曜)
ラ ミュズィク マルシェせんり2012出場
http://lmm-senri.com/index.html

◆11月24日(日曜)
 枚方市立の小学校にて
 『OZ!The wonderful wizard!』上演。

◆12月22日(土曜)
◆12月23日(日曜)
『WICKED!(ACTⅠ)』上演
http://www.kokoplaza.net/

-------------------------------------------


打ち合わせ、準備真っ只中です。

どの公演も同じように
全力投球せねばならないので
どこにどれだけ力を配分するかというよりは
本当に時間との闘いだと思っております。




ところで、話は変わりますが。。。
英語で海に棲むタコのことをOctopusといいますね。

Octopusという名前は
彼らの8本足にちなんで
ラテン語の数字を表す8(octo)
からきているのは有名な話ですが

今月10月も
英語でOctoberと言います。

あれ、octoは8じゃなかったの?
と思った方、何人かおられると思いますが
これに関してはもう一つの有名な話があるそうです。


昔々のその昔
まだローマ帝国たるものが存在しているような頃。

もともと1年というものは10か月で
今でいうmarch(3月)から始まっておりました。

英語にあえてすると

March (軍神Mars起源、闘い多きローマならではの新年は軍事行動より始まる)
April (花開く時期:美の女神Aphroditeに起因)
May (成長・豊かさの神Maiaに起因)
June (結婚・出産の女神Junoによる、だからJune Brideです)
July (有名なJulius Caesarの生まれ月に起因、帝王切開で生まれたのも有名ですね)
August (オクタヴィアヌス帝の称号Augustusに起因)
September (ラテン語の7septemに起因)
October (ラテン語の8octoに起因)
November (ラテン語の9novemに起因)
December (ラテン語の10decemに起因)

この10か月しかなかったそうです。

確かに、ずれていない。。。

ところが、1年10か月の設定では
ずれが生じてくることが分かり

急遽2か月分
January(古代ローマ神Janusに起因)
February(罪滅ぼしfebruariを意味する)
を1年の最後に追加したそうです。

ちゃんと煩悩を拭い去る意味で
「罪滅ぼしの月」が最後に来ていますね。

しかし、さらに変革は続きます。

そして変革というものは
常にこの時代、
古きを良きとする
妙な理屈から始まるのですが…。

古代ローマで一番偉かった神
Janusの月をこんな最後の方に
持っていくなんてなんて失礼な!

という意見が出てきて
結局今の形1月は(January)から
始まるようになったそうです。

(にしても昔の人は暇だったんでしょうか?)


何事にもその始まり(原点)があり
常に改善と検討を重ねてきたお陰で
今の我々が昔より便利に
暮らせている部分があるんですかね。

その原点から始まった線があり
線が3方向にのびて立体になり
時空を超えたときに4次元になる。

そう思った時に、
始まりの小さな点の存在の大きさを
改めて感じさせられる気がしました。


歴史は事実であって
事実を知ることは大事ですが
それをどうJudgeし、decide(choose)するか

そもそも正誤をつけていいものなのかどうか。
どこまでが事実で、どの辺から主観か?

「決断」の意味の大きさと影響力を
いろんな意味で考えさせられる今日この頃かもしれませんな。

(案外ここらで一度
 頭を空っぽにした方が良いのかもしれませんが。)



「毎日」はたくさんあるかもですが
「2012/10/3」は今日しかないんですね。


そんな感じで偶然と必然と突然と自然の混ざり合った
2012年の10月を存分にお楽しみください。




2012/10/5 午後3時
次回メルマガ発行予定です!
http://www.mag2.com/m/0001356130.html
関連記事
公演情報 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/10/03 12:35
コメント

管理者のみに表示