Slow but Steady

こんばんは!
英語劇団AlphaBetCity!です。

急に寒くなりましたが、皆様体調など崩されていませんか?
少々遅くなりましたが、11月22日(日)の練習の模様をお伝えします。

AlphaBetCity!では、12月4日(金)に「Wicked!」の本番を控えています。
先週15日に初めて衣装を着けて通し稽古をしましたが、歌、ダンス、シーン練と課題が山盛り!

そんなわけで、22日はラジオ体操、コアトレーニング、スクリプトを使った英語及び演技の基礎練などから始めました。

コアトレーニングは結構きつくて、腕や体がプルプルします。でも初めてやった時と比べると少しは楽になってるから、きっと筋肉もついているんですよね! 

英語の短いスクリプトを使った演技の勉強も続けています。コアトレーニングと同じで、少しずつ継続してやることが大事なのだと思います。

その後、先週に続いて通し稽古を行い、終了後はダンス、歌をひとつずつ細かく練習しました。歌の中に動きが追加されたり、歌い方の工夫をしたりと、少しずつ磨いていっています。

シーンの練習では、キャラクターがどんな気持ちでどう動いているのかを役者どうしでよく話し合います。
脚本の中のセリフからだけでなく、その人の生い立ちや家族構成など脚本にないことも考えていくので、想像力と創造力が必要になります。
時間もかかるし回り道のように感じる作業ですが、これを経て、だんだんとキャラクターが自分の物になっていき、作品世界がリアルに感じられるようになります。自分だけでは思いつかなかったことを人の質問で考えるようになったり、心を合わせて作り上げていくことの醍醐味も実感できます。


さて、テーマトークの「イチオシ!のミュージカル」です。

これはなかなか難しいですね~。
「オペラ座の怪人」も好きだし、「ウェストサイド・ストーリー」もいい、「エビータ」もいいし…。

あれ?このラインナップは…

「プリンス・オブ・ブロードウェイ」で観た物ばかりです。

「プリンス・オブ・ブロードウェイ」は、ハロルド・プリンスという演出家の手がけた数えきれないほどの名作、ヒット作の中から厳選したミュージカルを、数曲ずつ次々に演じていくもので、ちょうど今、大阪で上演中です。

実は先日、みんなでこれを観に行きました。ぞろっと席に座って一緒に観て、ちょっとしたツアー気分でしたね(笑)。

そこで観ていて、私の一押しは「オペラ座の怪人」だなあとしみじみと思いました。
闇に生きている怪人の、美しい歌姫への思い、楽曲の素晴らしさ、舞台の豪華さ。

ひととき、時間も場所も別世界へ誘い込んでくれます。映画にもなっていますが、やはり生の舞台で観るのがいいですね。もしも機会があればぜひどうぞ!


英語劇団AlphaBetCity!では、英語ミュージカルに興味がある!やってみたい!という方を募集しています。

来年の演目は「PIPPN!」、練習はまだ始まっていません。
ゼロから一緒に作り上げてみませんか?
お問い合わせ、お待ちしています!

2016/10/8(土)&9(日)
第7回公演「PIPPIN」
劇団員 募集中!
関西 英語ミュージカル 英語劇 オーディション 



稽古場日誌 と テーマトーク | 2015/11/29 23:07
 | HOME | Next »