Dancing through life!

こんにちわ。
秋ですね。
そして最近は、1日の中でも寒暖の差が激しいですね。風邪には気をつけないと!と思いつつ肌や喉の乾燥にやられています。

前回の稽古報告★
午前中は同じ場面で出る人たちとペアを組み読み合わせをしていきました。
やはり、一人で練習していくよりも役者同士で掛け合わせしていくことによってその場の雰囲気だとかお互いのキャラクターがどんな気持ちで発言しているのかということを学べたと思います。
そして、第三者に自分の声や英語の発音を見てもらうことによって自分では気が付けないことにも目をむけれたのではないかと思います。
軽く読み合わせをしたのですが、今からシーン練がとても楽しみでわくわくしています。
自分の出るところも、もちろんなんですが他の方が出るところも!
どんなふうに演じるのかな!と。
役者が違えば、同じ役でもまた違ったキャラクターに仕上がるしそれが間違いということでは全くない。ということを学んでとても衝撃を受けました。今までこういう役所だから、この主人公はこうでなくてはならない。だとかオリジナルはこうだからこうしなくてはならないとかって型にハマったキャラを演じなくてはならないと思っていたんですけど・・・人によって考え方や見方も違うわけなのでその人の考えるキャラクターにより、劇そのものの雰囲気が変わる、、、一瞬一瞬が見逃せないんですね!映画とかでは味わえない雰囲気ですよね!!!
一人ひとりの力が合わさってこうやって劇って作っていくんだなぁとしみじみ感じました。
すみません、話それました!

午後からは歌の練習です。
ここでは歌う際の音の大切さを学びました。
①音をちゃんととること。
②ドレミでしっかりと音楽に合わせてとっていく。
③同じパートの人たちと同じ音で歌えるようにする。
こうやって書きだしていくと、ドレミを正確に把握し回りとの音を取りながら歌うという必要不可欠な要素です。
本日は歌詞をつけずにドレミで練習です。
歌っていくと自分の思っている、ドと違ったり途中外れてしまったり・・・・。
正確に音をとるって簡単なようで難しい・・・・。
練習あるのみですね!!!

今月のテーマトーク
★私の一押しミュージカル!★
悩みました!なんせ、先日Top Hatを見に行って興奮冷めやらずだったからです・・・。
けど、ここは冷静さを取り戻し悩みに悩み考えた結果・・・
「Wicked」にします!
もう、大好きなんです。けどまだ深いところまで理解はしてません。
このミュージカルは私が人生で初めて見たミュージカルです。当時ミュージカルに興味なんて全くありませんでした。もちろん日本で舞台すら見たことありません。
 たまたま海外にいてまぁ経験として見ておこう、といった軽い感じで見に行きました。もちろん英語です。私の力ではなんとなくでしか内容分かりませんでした。けれど最後に泣けてしまったんです。どんな話だったのかもよく分かっていないのにもかかわらず。
そのくらい演技に圧倒され飲み込まれ夢中になったミュージカルです。衝撃でした。多分、このミュージカルに出会えなかったら今頃違う人生歩んでいたと思います。
そして今、劇団ではWickedの練習をしています!台本を読み込めば読み込むほど、あー、あの場面はこういうことだったのか!だとか切ない思い、多くの感情があふれだしてきます!練習がとても楽しいです。日曜稽古だけでは時間が足りないくらい楽しくって面白いです。もう自分が台本の中に入っている感じです。(・・・・それを目指してます。)早く立派なWickedの住民になりたいですね。

はい、ここで告知です。
もっと住民・・・仲間を募集してます!
少しでも興味をお持ちの方いましたら下記のリンクからチェックしていただけたらと思います。
考えるな!感じろ!という言葉がとても好きです。ちょっとでも感じた方まずは説明だけでも聞くこと出来ますよ★

2016/10/8(土)&9(日)
第7回公演「PIPPIN」
劇団員 募集中!
大阪 英語劇団 初心者 ミュージカル
稽古場日誌 | 2015/10/22 01:03
 | HOME | Next »