心身とも満たされた表現者を目指して

最近の稽古は歌とダンスがメインです。

歌に比べてダンスとはあんまり仲良くなれない私。

10月のライブハウス公演ではいろんなダンスをします。

ジャズっぽいダンス
コミカルな動きのダンス
ラインダンス
ダイナミックなダンス
ワイルドなダンス
みんなで揃えるダンス
個性を魅せるダンス
などなど、たくさん。



身体で表現するって気持ちいいけど難しい。


理想的なイメージが脳内にはあるし、
動きだって、もっとしなやかさがほしいのに

土台となる身体に限界があるから

思うようにいかず、

歯がゆい思いをすることもしばしば。



私はとても身体が硬い方。

身体のあちこちも凝り固まっています。


なんとかしたいと思い、
先週からヨガのスタジオに通い始めました。


うちの演出家いわく、
アクターでヨガをしている人は多いらしいです。

演技ってやっぱり自分の内面が出ちゃうし、

いくら「演技」しようとしても
それは偽れないものだから、

内面から美しくしたいと考えるんだそうな。


なるほど。

確かにヨガには瞑想が付きモノだし、
自分を見つめ直すいい機会。

自己肯定、在りのままの自分を受け入れることがとても大事だから、

身体で何かを表現するものにとって

とても有益な行為だと思う。


ほうほう。しめしめ。

これはイイコトを始めたもんだわ!


まだ5回ほどしか通えていませんが、


身体は順調に柔らかくなりつつあるし、

続ければ暴飲暴食がなくなるみたいだし、

続ければ身体も引き締まるみたいだし、

続ければ健康になるみたいだし、

続ければ・・・

続ければ・・・

続ければ・・・



と継続が大きな鍵にはなりますが、

いろんなプラス効果があるようなので、

しばらく続けてみようと思います。


そして、いつか、

身体の内から生命力が溢れ出るような、

キラキラしたあったかいオーラが滲み出る、

そんな表現者になれたらいいなぁ。。。


歌とダンスばかりだけでなく、

来月に迫った依頼公演の稽古も

本格的に始まっています。


久々の演技にわくわくします♪




今回は初めての動物の役。

動画サイトで猫の動きをリサーチしながら、

ボチボチ役作りをスタートさせています。


ヨガのアサナにも猫のポーズがあるので、

是非取り入れたいですね!

稽古場日誌 と テーマトーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/07/27 16:56
 | HOME | Next »