For good...

先週末は、WICKED!の公演でした。観にきて下さった方、応援してくださった方、本当にありがとうございました。昨年の春から始まったWICKED!プロジェクト、たくさんの支えがあったお陰で、無事、一つの節目を迎えることが出来ました。

しかし、公演後というのは、特有の寂しさが心に残ります。今回は、約一年間も取り組んだだけ、団員一人ひとりの想いも、大きかったと思います。
役者である私にとって大きいのは、やはり近付いたり遠ざけたりの、追いかけっこを続けたキャラクターとの別れ。それまで知らなかった自分の一面、特に隠していた自分の汚い部分と向き合わせてくれた(当時の自分の言葉を借りれば"向き合わされた")、大事なキャラクターです。ありがとう、大切にしまっておくね。
そして団員として辛いのは、同じ目標をもって練習した、他のメンバーとの別れ。もう、まったく同じ顔ぶれで活動することはないかもしれません。でも、この仲間に出会えて、本当に良かったです。ありがとう。

さて、別れの寂しさというのは、同時に、その出会いがどれほど貴いものだったかを再認識させてくれます。だからこそ、これからの出会いや挑戦も大事にしよう、と思えるのかもしれない。新葉がエメラルド色に輝く中、そんなことをふわふわと考えている内に、気がつけばもうゴールドに輝くウィークがやってまいりますね。
その輝かしいウィークの真っ只中、5日のイベントに向けて、私たちも新たな一歩を踏み出します。これから訪れるであろう沢山の出会いへの期待に胸を膨らませ、abcらしい黄色いレンガの道を築いていけたらなぁと思っています。

それでは、またすぐにお会いしましょう!
Ta-ta! May the peace be upon you all!
稽古場日誌 と テーマトーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/04/26 17:02
 | HOME | Next »