FC2ブログ

英語劇という体験を通した学びや気付き


大阪府立佐野高等学校国際教養科1年生の皆さん
※個を特定しないため、ぼかし加工を入れ、許可を頂いた上で掲載しています。

先日2/8。
2013年より恒例ですが
今年も大阪府立佐野高等学校
国際教養科の皆さんの
英語ミュージカルの本番お手伝いに
行って参りました。

半年ほどかけて行われる
こちらのプロジェクト。

我々英語劇団AlphaBet City!の
関わる部分は以下の3点です。

①模範公演を上演
 記事はこちら

②生徒さん向け英語劇ワークショップ
 記事はこちら

③生徒さん本番助っ人
 (仕込み/バラしや照OPなど)


単純に表現すると
国際教養科ということで
英語に特化したクラスが
1クラス40人で
英語ミュージカル
"The Wizard Of Oz"
を発表する
というプロジェクトですが

このプロジェクトを通して
チームワークの大切さ
人前で臆することなく
自分を表現すること
を学んでいきます。

今年は片一方のクラスが
直前まで学級閉鎖だったためか
朝一番の最後のリハーサルも
どことなく緊張感でいっぱい。

私は照明ブースで
拝見してましたが

さぁ次は本番だ!
やってやるぞ~!
と、伸び伸び表現する
というよりは

上手く出来るかな
間違えたらどうしよう
が何よりも伝わってきて
観ているこちらも
異様に緊張してしまいました。。。(オイッ!

見るに見かねて
本番直前ではありましたが
生徒さんたちに集まってもらい
「泣いても笑っても次の本番が最後。
とにかく楽しんで演って!」
と伝えさせてもらいました。

上手く伝わったのでしょうか?

各クラスとも
円陣を組んで気合いが入り
本番がスタート。

それぞれ招待していた
近所の小学6年生の皆さんや
保護者の方の前で
ベストパフォーマンスが
出来ていたように思いました。

12月のワークショップ時に
見せてもらった時から
キャラクターらしさだったり
リアクションの詰めだったり
歌やダンスの完成度だったり

それぞれが出来る範囲で
一生懸命今日の日に向かって
練習してきたんだなぁということが
ひしひしと伝わってきました。

カーテンコールの
"Over The Rainbow"大合唱では
一人一人が
安心したような
悔しさの残るような
やりきったような
それぞれ思い思いの
笑顔を見せており

毎年思うことではありますが
「今年も本当に
 やってよかったんだな。」
とまた今年も
リアルなその場の感情で
実感することが出来ました。

私個人としては
英語を学ぶという観点で
こういうことを高校の授業で
体験できるという
取り組みの素晴らしさも
もちろんですが

出演者40人で
一つのストーリーを
表現することで

クラスがより一層
仲良くなるきっかけになったり

普段目立たない子の
意外な才能に脚光が当たったり

一人一人が思ったり感じることを
大切にし合ったり

教科としての英語を学ぶ以上の
学びや気付きがあることの
メリットの大きさを毎年感じています。

毎年同じ脚本ですが
味付けはその年その年で
全く同じものにはなりませんし

演出は同じ流れでも
キャラクターの雰囲気や
見せ方も全く違います。

先生の指示通り
完璧にやることが目的ではなく

自分たちで考え
アイデアを出し合いながら工夫し
個を認め合いながらも
チームとして一丸となる。

きっとこのプロジェクトを通して
80人80色
たくさんの学びや気付きを
得られたのではないかと思います。

2/8で終わりを迎えた
このプロジェクトですが

この体験が良かった悪かったに限らず
この体験を糧にして
これからも頑張って欲しい。

残り2年の
高校生活に限らず

この体験で感じたこと
気付いたことを活かし
世界に羽ばたく
佐野高国際教養科生に
なってもらえたらいいなと
心の底から思うのでした。
(もはや孫を見るような目線ですね…lol)


さてさて私たちも
うかうかしてられません。

2/10には7月の公演の歌の練習
4月末の公演の通し稽古
Run Throughをしました。

稽古は重ねれば重ねるだけ
自分の欠点と向き合わざるを得ず

数をこなせばこなすだけ
至らない点・出来ない点が
どんどん見えてくるという
この末恐ろしい矛盾に
ショックを受けることも
多々ありますが

できなかった事実を
冷静に理解した上で
じゃあどうやって
今より出来るようになる?

と、こういった
出来ないことの攻略
みたいなものが
学びや気付きといった
自分を人間的に成長させてくれる
大事なきっかけを
与えてくれるんだなぁと
つくづく思います。

幼少期の習い事や勉強では
そこまで冷静に考えたことはなく
むしろ苦手はスルー(放置)という
努力が出来ない
タイプだったように思うので

大人になって劇に関わって
改めて「学び」というものの
重要さを実感する毎日です。
(あの時、もっと勉強しとけば違っただろうな、も含む)


例年に比べて
盛り沢山な2019年。

4月の公演については
週末に予約開始予定です。

また、7月の公演については
アンサンブル出演者さんも
募集中です。

単に英語に触れ
英語を学ぶだけにとどまらず
一人の人間として成長させてくれ
可能性を広げてくれる。

英語劇には
そんな可能性が
まだまだたくさん
あると思います。

ということで
皆様のご応募お待ちしております!


※アンサンブルとはいえ、
 歌・ダンスだけでなく、
 役によっては演技も出来ます。
 その辺りの希望も
 事前に伺いたいと思っていますので、
 どしどしご応募ください。



お知らせ!
7/7 第10回劇団主催公演
「SHREK!」
アンサンブル出演者募集
詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
ミュージカル 出演者 募集

イベント と ワークショップ | 2019/02/13 08:00

高校生向け英語劇ワークショップ - その気になれば「演じる」って多分難しくないよ!?


って。

●●年英語劇に関わる中で
何となくそう思えます。

ま、そら、何でも
「出来るか・出来ないか」
ではなく
「やるか・やらないか」
という視点で考えたら
やれないことはないかもっていう
発想にはなります、多分。

(…そらそうじゃ!

とまぁ
ヘリクツさておき…


なぜそう思うか、です。


私たちは生きてます!

(え!

ブログを見て下さっている方も
きっと生きてますよね。

(ぐう…

生きてなくても歓迎ですが。

(…まじか

そして私たちは

・今までの人生経験と
 そこから学んだこと

・今目の前で
 起こっている出来事に対し
 考え/思うこと

必ず持ってますよね。


じゃあその前提で
話を進めちゃいますが

(強引やな

(Going my wayや

(・・・

想像力(妄想力)を
少しだけ使ってみて
以下を考えてみてくださいね。


もし自分の人生が
とあるお芝居の脚本だったら?

自分がその脚本の
主人公だったとしたら?



・今まで関わりのあった人
・今関わっている人
・これから関わる人

は全てその脚本の
登場人物
です。

また

・今まで経験してきたこと
・これから経験すること

は全てその脚本上の
出来事
なんです。


ただ脚本と人生の構成的に
違うことがあれば

・お客さんに
 長~い人生を1分1秒欠かさず
 ずっと見せるわけにはいかないので
 描かれる期間と視点が
 クローズアップされたり
 短縮されてしまうこと

・皆さんが持っている
 今後のスケジュールに加え
 他人の反応や起こることの
 大枠も既に決まっていること

でしょうか。。。

(もうちょい短くまとめんかい

どうでしょう。

自分の人生を
お芝居の脚本と見立てると
その構成が
お芝居に似ていると
思いませんか?



All the world’s a stage,
And all the men and women merely players.
(As You Like It, Act2. Scene7. 139-143. - William Shakespeare)

この世はひとつの舞台,
どんな男も女もただ単純に役者である。
(『お気に召すまま』第2幕第7場139-143行 - ウィリアム・シェイクスピア)




そう、つまり
みんながみんな
自分の人生という脚本で
主演をしている
役者みたいなもの
なんです。

だから
「演じる」ってことは
誰もがやってることの
延長上にあるんじゃないか
と。

だから考え方や
やり方次第で
難しいことじゃ
ないよって思うし

もっといろんな人に
「演じる」→「演劇」を
やって欲しいなって
思います。


そんなわけで
ようやく本編!

(今までは何やねん

いろんな人に英語劇を
体験してもらいたい!

という思いの元
12/19、高校生の皆さんの
英語ミュージカル上演に向けた
ワークショップを開催してきました。


今回の内容は主に2つ。

①自分の役のことをもっと知る!

②実際に演じて表現方法をブラッシュアップ!


2クラスまとめて
ウォーミングアップをした後
各クラスに分かれて

①【具体的に】
 ワークシートの作成と
 チーム毎でのコンセンサス

②【具体的に】
 通し稽古とフィードバック

を実施しました。


毎年通し稽古をしていて思うのが
同じ脚本、同じ役でも
役は演じる人によって
大きく変わるということです。

2013年から続いている
このプロジェクトも6年目。

脚本の
「The Wizard Of Oz」は
当初より内容含めて
変わっていないため

毎年2クラス×6年分
計12パターン見てきましたが

大まかな演出はほぼ同じなのに
誰一人として役のテイストが
被ったことがありません。ウェーイ

魔女の笑い方や振る舞い。
おじさんおばさんの
ちょっとした仕草。
アンサンブルチームの歌ダンス。
などなど。

毎年その子やそのチーム
そのクラスにしか
出せない色になっていて
知っている話なのに
毎年とても新鮮な気持ちになり
「なるほどーそうきたかー!」と
新しい発見がたくさんあります。

またワークシートの作成については
生徒さんたちの発想の自由さに
とてもワクワクさせられます。

ほんと我々もまだまだガンバラント!

単に「町人」としか
書かれてない役も

ワークシートをやることで
自分が愛着を持てるよう
名前や職業を決めてもらい
個性が出せるよう
作り込んでもらいます。

そして自分の役が
脚本において
お客さんに何を伝える役割を
担っているのかを考えてもらい

チームで話し合って
何を表現するか
方向性を固めてもらいます。

どうしても授業で演劇となると
前向きに取り組めない子も
出てくると思いますが

自分の役のことを考えることで
自分の役に愛着を持ってもらい

少しでもこういうの
やる前よりは嫌いじゃなくなったなとか
思ってたよりは面白いかもとか
苦手だけど出来ないことはなかった
なんて思ってもらえたらいいなぁなんて。。。


あとでワークシートの添削を
させてもらいましたが
可愛い絵が描かれていたり
細やかな設定に笑わされたり
私たちが誰よりも先に
楽しんでしまったかもしれません。

生徒さんたちの公演は
来年の2月上旬!

それまで
各メンバー各チーム各クラス
たくさんのドラマがあると思いますが

「The Wizard Of Oz」に取り組んでいる
高校生のみんなが
一人で、チームで、みんなで
Sharing one wonderful one short dayできるよう
エールを送り続けたいと思います。

大丈夫、出来ます!

その気になれば
「演じる」って
多分難しくないので!

(「その気に」の部分についてはまたいつか)



さて、12/23(日)をもって
英語劇団AlphaBet City!では
2018年の稽古納めをいたしました。

今年ご縁を頂いた皆様

応援して下さった皆様

そして内輪ではありますが
団員を支えてくれた
家族や知人友人の皆様

本当にありがとうございました。

2019年も猪突猛進日々精進しますので
どうぞよろしくお願い致します!

それではまた年明けに。


 皆様どうぞ、良いお年を!!! 


お知らせ!
稽古見学会
入団オーディション
予約受付中!
詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
舞台 役者 スタッフ 募集




イベント と ワークショップ | 2018/12/26 08:00

EIGOGEKI through life ~”英語劇” が繋げる出会い ”英語劇” で広がる世界~

去る2/9(金)。

毎年恒例の大阪府立佐野高等学校
国際教養科 国際教養講座
の一環で

一年間の英語表現
そしてクラス・国際教養科の集大成として
英語ミュージカルに取り組み発表する

といったプロジェクトの最大のお手伝い

生徒さんたちの本番サポートをさせて頂きました。


当劇団描き下ろしの脚本の為
裏方という選択肢がなく

クラス40人、全員が出演し
全員で仕上げていくプロジェクト。

”全編英語のミュージカル” どころか
”人前で演じるってなに?”

そんな生徒さんもいたかもしれない
怒涛のプロジェクト。


しかし

12月後半のワークショップの時に

人前で大きな声が出せなかった子も

何を表現していいかつかめなかった子も

人前でやる気が出ず

周りに合わせずダラダラしていた子も


本番後には決まって全員が笑顔になり
クラスで思い出の写真を撮って終わる

というようなマジカル・プロジェクトなんです。


このプロジェクトは授業の一環なので
生徒さんたちの成績にも
直接つながるものになります。

我々は教科教育のプロではないので
偉そうにいうことはできませんが

我々側で重きを置いているのは
”劇をやってもらうこと” ではなく

”劇を通して(何かに)気付いてもらうこと”

これにつきます。


演劇をするとなると
脚本が予め限定している世界の中で
前もって準備された自分ではないキャラクターを
演じることが必須となってきます。

自分ではないキャラクターを演じる
  ↓ つまり
”自分が普段やったことのない新しい体感/体験をする”

これが、演劇の面白さであり
演劇が与えてくれる ”気付き” にもなるんです。

一説によると

人間には生まれつき
”知らなかったこと” を
自分の体験から学んでいくという
”学習能力” が備わっています。

同時に人間は生まれた時から
”死” があることだけが決まっています。

この2つが意味することは

知らないことを体験したい学習欲が旺盛
  ↓
しかし、学習欲の欲望のまま体験すると
下手すると ”死” を招いてしまう。

なので、たやすく死を招かないよう
”やったことないことにブレーキがかかるよう”
思考がネガティブに出来ているそうです。

子供の頃は、未体験事項が多かったので
どんどん挑戦し同じだけ失敗もしていましたが

そのお陰で
昨日より今日・今日より明日
新しいことを知り
たくさんたくさん成長することが出来ました。

しかし、大人になればなるほど
人や世間の目を気にし失敗を恐れたり

”やったことはないけどどうせそんなもんやろ”
”そんなん言われんでもわかってるし”
という不確かな根拠で判断したり

ついつい頭でっかちになり
”知らなかったこと”を体験し
成長につなげていける
チャンスを遠ざけてしまいがちです。


しかしこの演劇という媒体では
決められた役を演ることを
無理やり強要されるため
”自分が普段やったことのない新しい体感/体験をする”
という状況に必然的に追い込まれます。

つまり
”知らなかったこと” を体験せざるを得ない
”気付き” への荒療治のようなものです。

体験者から
自分とは違うキャラクターを演じているはずなのに
新しい自分の一面に気付いた
なんて声をよく聞きますが

この演劇のもつambivalentが
我々の凝り固まった人生に
”気付き” と ”成長” を
もたらしてくれるんですね。

そして演劇の中で描かれる世界は
ある種、仮想現実の空間なので
比較的no riskな体験が出来るとも言えそうです。
(そして、ambivalent は、なんというか、人生のテーマのような気がしています。)


高校生のみんなが
何に気付いたかは分かりません。

”本当にこのクラスで出来て良かった”

でも

”あーやっぱり私、こういう演劇みたいなのは苦手だなー”

でもいいんじゃないかなと思います。

やったこともない状態で
”演劇は多分苦手だわ”よりも
実体験を持って言えてる方が
よほど説得力はありますよね。

知らなかったことを
改めて知ることが出来たんだから
それに対する
良い/悪い、すごい/しょうもない
なんて評価は不要でしょう。

言葉にするとやすっぽく
高尚に見える字面でもないですが
シンプルに

”気付けたこと” が すごいこと。

これだけで
自己成長の初めの第一歩を踏み出す
チャンスをつかんでるかもしれないので!

気付くか気付かないか
この差の結果はまさに雲泥の差。

この取り組みで
”気付けたこと” を大事にして
これからもどんどん成長してもらえたらなー。


とカーテンコールで一人一人にスポットライトをあてながら
80人全員に心の中でエールと拍手をおくっていました。

I've heard it said
That people come into our lives
For a reason
Bringing something we must learn
And we are led
To those who help us most to grow
If we let them
And we help them in return
Well I don't know if I believe that's true
But I know I'm who I am today
Because I knew you

"FOR GOOD" - WICKED



英語劇の楽しさを共有してくるぞ!!
と意気込んで行っては

毎度毎度
英語劇の楽しさを教えてもらっている

そんな英語劇が繋いでくれる
あり得ない有難い
そんなご縁に感謝!感謝!!です!!!

大切なものは
ほんと、すぐそばにあるんですね。

佐野高校国際教養科のみんな
ほんとうにありがとう!!!


役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語 舞台 オーディション



晴天にも恵まれ、One Wonderful One Short 楽日でした!!!
イベント と ワークショップ | 2018/02/14 08:00

[只今クリスマスイベント準備中!] 子どもたちと英語でクリスマスソングを歌ってきました!

来たる12/23に
北摂 子ども英会話教室
トゥインクル・イングリッシュ
さん向けに
クリスマスイベントをさせて頂きます。

昨年からご縁を頂き
2回目のこのイベント。

今年は生徒さんたちにも
"少し難しい曲に挑戦してもらおう"
ということで

先週末、12/2の土曜日

イベントでお歌を披露したい人~!> 

と集まったキッズ14名と一緒に
おじちゃんおばちゃんおにい…
ネエ
…おねえさんたちも
歌の練習を
がんばってきました!!!!!ウッフキャキャキャ



曲はこちら

※どう見てもおねえさんのチョイスではない※



先生のご指導のもと
自己紹介をし
簡単な挨拶ゲームでスタート。

いつもと違う雰囲気に

テンションが上がって
笑顔を振りまいてくれる子

私見てるんだからねと
いわんばかりに
じっとこちらの様子を
伺ってくる子

14通りのリアクションで
迎え入れてくれました。

いよいよ歌の練習

 言葉
 リズム
 歌詞
 音程

歌詞カードも楽譜も使わず
我々講師陣の感覚と
みんなの音の感覚を頼りに

チーム対抗戦の
ゲームも混ぜながら
繰り返し練習します。

Jingle bell, jingle bell, jingle bell rock!

Jingle
 bells chime in jingle bell …
:
≪中略≫
:
Mi…hogehogehogehogehogehoge
That's the jingle bell,
That's the jingle bell,

That's the jingle bell rock!!

と、わかりやすいところから
徐々に歌えるようになり

最後にはなんとまぁ
H.P(ハーぺー)段階までいきました。
       
      
※H.P(ハウプト・プローベ、ハーペー)とは、本番直前の最終リハーサル(G.P: ゲネラル・プローベ、ゲネプロ)の一段階前のリハーサルのことです。


That's the jingle bell rock!!

ドヤっ!



いやはや
1時間半でH.P!!!

その柔らかい脳みそを
分けてほしいっ!!

ガチガチに緊張してた子も
最後にはバイバーイと
元気よく去っていく姿を見て

おじいさんおばあさんも
思わず感動でしたっ!!!(え?



12/23の本番も
14名全員で
楽しくやってもらえたらいいな





ということでJingle Bell Rockを
披露してくれるみんなに負けない?よう
翌日の日曜日には
ダンスに歌にお芝居に
我々もイベントの準備に勤しみました

一年に一度の
この特殊な時期ならではの歌やお芝居。

この時期特有の
街の雰囲気を含めた特別感。

毎年だいたい流れている曲も同じなのに
街を歩くだけで
不思議とワクワクするこの感じ。

少しでもイベントで
同じようなワクワク感を
お伝えできるよう
いろいろ仕掛けていけたらなと
思います




役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
大阪 劇 オーディション










さてこの先はただのおまけですが
テーマトークです。
続きを読む
イベント と ワークショップ | 2017/12/06 08:00

中学生と英語劇ワークショップ!

先日、某中学1年生向けに
英語劇ワークショップを行ってきました。

まず初めは簡単なエクササイズ。
顔をほぐしてから、大きい声を出すために
A~Zをみんなで大声で掛け合いをしました。

顔をほぐす時に変な顔になることを恥ずかしがる生徒さん
面白がってやり過ぎちゃう生徒さん

A~Zの掛け合いも
周りを目を気にしながら発声する生徒さん
とにかく頑張って精一杯大きい声を出す生徒さん
一人一人その反応とやり方が個性的でした。

準備運動が終わったところで
今回のメインイベント!

「英語版・桃太郎」の簡単なシナリオを
3チーム・3シーンに分かれて
時間内に完成させることを目標に
英語劇に挑戦しました。

初めはRepeat After劇団員。

英語の発音はもちろん
「キャラクターとしての読み方」
に注意しながら全員で一通り
台詞を声に出して読み上げました。

おじいさんおばあさんの台詞はゆっくり優しく
犬・サル・キジは
各々その動物からイメージする声を
鬼たちはいかにも悪役らしく
声色で表現できるよう取り組みました。

それから、各チーム/シーンに分かれて立ち稽古。

このシーンではこういうことを表現する必要がある
見た目や動きでどのようにキャラクターらしさを表現するか
実際にない小道具をマイムでどのように見せていくか

それぞれ考えながら練習しました。

最後は、いよいよ発表です。

クラスメート・先生方が見る前で
各チームでシナリオを手に持ちながら
シーンの流れを披露しました。

今回の脚本は全員最低一言は
台詞を発することになっていたので
人前で何か表現することが得意ではない生徒さんも
人前で張り切って笑いを取る生徒さんも
様々でしたが
一人一人堂々と、個性的に演じていました。

短い時間でのワークショップでしたが
しっかり吸収し、発表できていたので
今後も機会があれば
英語劇を楽しんでもらえたら嬉しいです。

私たち劇団員も
たくさんの元気と刺激をもらいました!
本当にありがとうございました!


役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語劇 関西




イベント と ワークショップ | 2017/02/26 23:57
 | HOME | Next »