EIGOGEKI through life ~”英語劇” が繋げる出会い ”英語劇” で広がる世界~

去る2/9(金)。

毎年恒例の大阪府立佐野高等学校
国際教養科 国際教養講座
の一環で

一年間の英語表現
そしてクラス・国際教養科の集大成として
英語ミュージカルに取り組み発表する

といったプロジェクトの最大のお手伝い

生徒さんたちの本番サポートをさせて頂きました。


当劇団描き下ろしの脚本の為
裏方という選択肢がなく

クラス40人、全員が出演し
全員で仕上げていくプロジェクト。

”全編英語のミュージカル” どころか
”人前で演じるってなに?”

そんな生徒さんもいたかもしれない
怒涛のプロジェクト。


しかし

12月後半のワークショップの時に

人前で大きな声が出せなかった子も

何を表現していいかつかめなかった子も

人前でやる気が出ず

周りに合わせずダラダラしていた子も


本番後には決まって全員が笑顔になり
クラスで思い出の写真を撮って終わる

というようなマジカル・プロジェクトなんです。


このプロジェクトは授業の一環なので
生徒さんたちの成績にも
直接つながるものになります。

我々は教科教育のプロではないので
偉そうにいうことはできませんが

我々側で重きを置いているのは
”劇をやってもらうこと” ではなく

”劇を通して(何かに)気付いてもらうこと”

これにつきます。


演劇をするとなると
脚本が予め限定している世界の中で
前もって準備された自分ではないキャラクターを
演じることが必須となってきます。

自分ではないキャラクターを演じる
  ↓ つまり
”自分が普段やったことのない新しい体感/体験をする”

これが、演劇の面白さであり
演劇が与えてくれる ”気付き” にもなるんです。

一説によると

人間には生まれつき
”知らなかったこと” を
自分の体験から学んでいくという
”学習能力” が備わっています。

同時に人間は生まれた時から
”死” があることだけが決まっています。

この2つが意味することは

知らないことを体験したい学習欲が旺盛
  ↓
しかし、学習欲の欲望のまま体験すると
下手すると ”死” を招いてしまう。

なので、たやすく死を招かないよう
”やったことないことにブレーキがかかるよう”
思考がネガティブに出来ているそうです。

子供の頃は、未体験事項が多かったので
どんどん挑戦し同じだけ失敗もしていましたが

そのお陰で
昨日より今日・今日より明日
新しいことを知り
たくさんたくさん成長することが出来ました。

しかし、大人になればなるほど
人や世間の目を気にし失敗を恐れたり

”やったことはないけどどうせそんなもんやろ”
”そんなん言われんでもわかってるし”
という不確かな根拠で判断したり

ついつい頭でっかちになり
”知らなかったこと”を体験し
成長につなげていける
チャンスを遠ざけてしまいがちです。


しかしこの演劇という媒体では
決められた役を演ることを
無理やり強要されるため
”自分が普段やったことのない新しい体感/体験をする”
という状況に必然的に追い込まれます。

つまり
”知らなかったこと” を体験せざるを得ない
”気付き” への荒療治のようなものです。

体験者から
自分とは違うキャラクターを演じているはずなのに
新しい自分の一面に気付いた
なんて声をよく聞きますが

この演劇のもつambivalentが
我々の凝り固まった人生に
”気付き” と ”成長” を
もたらしてくれるんですね。

そして演劇の中で描かれる世界は
ある種、仮想現実の空間なので
比較的no riskな体験が出来るとも言えそうです。
(そして、ambivalent は、なんというか、人生のテーマのような気がしています。)


高校生のみんなが
何に気付いたかは分かりません。

”本当にこのクラスで出来て良かった”

でも

”あーやっぱり私、こういう演劇みたいなのは苦手だなー”

でもいいんじゃないかなと思います。

やったこともない状態で
”演劇は多分苦手だわ”よりも
実体験を持って言えてる方が
よほど説得力はありますよね。

知らなかったことを
改めて知ることが出来たんだから
それに対する
良い/悪い、すごい/しょうもない
なんて評価は不要でしょう。

言葉にするとやすっぽく
高尚に見える字面でもないですが
シンプルに

”気付けたこと” が すごいこと。

これだけで
自己成長の初めの第一歩を踏み出す
チャンスをつかんでるかもしれないので!

気付くか気付かないか
この差の結果はまさに雲泥の差。

この取り組みで
”気付けたこと” を大事にして
これからもどんどん成長してもらえたらなー。


とカーテンコールで一人一人にスポットライトをあてながら
80人全員に心の中でエールと拍手をおくっていました。

I've heard it said
That people come into our lives
For a reason
Bringing something we must learn
And we are led
To those who help us most to grow
If we let them
And we help them in return
Well I don't know if I believe that's true
But I know I'm who I am today
Because I knew you

"FOR GOOD" - WICKED



英語劇の楽しさを共有してくるぞ!!
と意気込んで行っては

毎度毎度
英語劇の楽しさを教えてもらっている

そんな英語劇が繋いでくれる
あり得ない有難い
そんなご縁に感謝!感謝!!です!!!

大切なものは
ほんと、すぐそばにあるんですね。

佐野高校国際教養科のみんな
ほんとうにありがとう!!!


役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語 舞台 オーディション



晴天にも恵まれ、One Wonderful One Short 楽日でした!!!
イベント と ワークショップ | 2018/02/14 08:00

[只今クリスマスイベント準備中!] 子どもたちと英語でクリスマスソングを歌ってきました!

来たる12/23に
北摂 子ども英会話教室
トゥインクル・イングリッシュ
さん向けに
クリスマスイベントをさせて頂きます。

昨年からご縁を頂き
2回目のこのイベント。

今年は生徒さんたちにも
"少し難しい曲に挑戦してもらおう"
ということで

先週末、12/2の土曜日

イベントでお歌を披露したい人~!> 

と集まったキッズ14名と一緒に
おじちゃんおばちゃんおにい…
ネエ
…おねえさんたちも
歌の練習を
がんばってきました!!!!!ウッフキャキャキャ



曲はこちら

※どう見てもおねえさんのチョイスではない※



先生のご指導のもと
自己紹介をし
簡単な挨拶ゲームでスタート。

いつもと違う雰囲気に

テンションが上がって
笑顔を振りまいてくれる子

私見てるんだからねと
いわんばかりに
じっとこちらの様子を
伺ってくる子

14通りのリアクションで
迎え入れてくれました。

いよいよ歌の練習

 言葉
 リズム
 歌詞
 音程

歌詞カードも楽譜も使わず
我々講師陣の感覚と
みんなの音の感覚を頼りに

チーム対抗戦の
ゲームも混ぜながら
繰り返し練習します。

Jingle bell, jingle bell, jingle bell rock!

Jingle
 bells chime in jingle bell …
:
≪中略≫
:
Mi…hogehogehogehogehogehoge
That's the jingle bell,
That's the jingle bell,

That's the jingle bell rock!!

と、わかりやすいところから
徐々に歌えるようになり

最後にはなんとまぁ
H.P(ハーぺー)段階までいきました。
       
      
※H.P(ハウプト・プローベ、ハーペー)とは、本番直前の最終リハーサル(G.P: ゲネラル・プローベ、ゲネプロ)の一段階前のリハーサルのことです。


That's the jingle bell rock!!

ドヤっ!



いやはや
1時間半でH.P!!!

その柔らかい脳みそを
分けてほしいっ!!

ガチガチに緊張してた子も
最後にはバイバーイと
元気よく去っていく姿を見て

おじいさんおばあさんも
思わず感動でしたっ!!!(え?



12/23の本番も
14名全員で
楽しくやってもらえたらいいな





ということでJingle Bell Rockを
披露してくれるみんなに負けない?よう
翌日の日曜日には
ダンスに歌にお芝居に
我々もイベントの準備に勤しみました

一年に一度の
この特殊な時期ならではの歌やお芝居。

この時期特有の
街の雰囲気を含めた特別感。

毎年だいたい流れている曲も同じなのに
街を歩くだけで
不思議とワクワクするこの感じ。

少しでもイベントで
同じようなワクワク感を
お伝えできるよう
いろいろ仕掛けていけたらなと
思います




役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
大阪 劇 オーディション










さてこの先はただのおまけですが
テーマトークです。
続きを読む
イベント と ワークショップ | 2017/12/06 08:00

中学生と英語劇ワークショップ!

先日、某中学1年生向けに
英語劇ワークショップを行ってきました。

まず初めは簡単なエクササイズ。
顔をほぐしてから、大きい声を出すために
A~Zをみんなで大声で掛け合いをしました。

顔をほぐす時に変な顔になることを恥ずかしがる生徒さん
面白がってやり過ぎちゃう生徒さん

A~Zの掛け合いも
周りを目を気にしながら発声する生徒さん
とにかく頑張って精一杯大きい声を出す生徒さん
一人一人その反応とやり方が個性的でした。

準備運動が終わったところで
今回のメインイベント!

「英語版・桃太郎」の簡単なシナリオを
3チーム・3シーンに分かれて
時間内に完成させることを目標に
英語劇に挑戦しました。

初めはRepeat After劇団員。

英語の発音はもちろん
「キャラクターとしての読み方」
に注意しながら全員で一通り
台詞を声に出して読み上げました。

おじいさんおばあさんの台詞はゆっくり優しく
犬・サル・キジは
各々その動物からイメージする声を
鬼たちはいかにも悪役らしく
声色で表現できるよう取り組みました。

それから、各チーム/シーンに分かれて立ち稽古。

このシーンではこういうことを表現する必要がある
見た目や動きでどのようにキャラクターらしさを表現するか
実際にない小道具をマイムでどのように見せていくか

それぞれ考えながら練習しました。

最後は、いよいよ発表です。

クラスメート・先生方が見る前で
各チームでシナリオを手に持ちながら
シーンの流れを披露しました。

今回の脚本は全員最低一言は
台詞を発することになっていたので
人前で何か表現することが得意ではない生徒さんも
人前で張り切って笑いを取る生徒さんも
様々でしたが
一人一人堂々と、個性的に演じていました。

短い時間でのワークショップでしたが
しっかり吸収し、発表できていたので
今後も機会があれば
英語劇を楽しんでもらえたら嬉しいです。

私たち劇団員も
たくさんの元気と刺激をもらいました!
本当にありがとうございました!


役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語劇 関西




イベント と ワークショップ | 2017/02/26 23:57

一足お先に、青い「春」

一度緩やかになった寒さが、また厳しさを増してきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
突然降り出す雪にもだんだん慣れてきた、といいたいところですが、もうしばらくの間は関西も冷え込みそうです。

2月5日の稽古は、先週に引き続き、Joyful Joyfulの歌に取り組みました。
前回は「音感」にフォーカスして練習しましたが、今回は「リズム」。
普段の会話でも、英語には日本語とは異なるリズムがあります。
その英語のリズムに慣れるためにも、リズムを取ることはとっても重要なのです。
とはいっても、特別なことをしなければならない訳ではありません。
とりわけ歌の場合、音楽のドラムラインを意識して聴くと、その曲のリズムがわかります。
リズムが取れると、英語に慣れていなくても、歌詞をメロディーラインに乗せやすくなります。

また、リズムを取る時だけでなく、曲のニュアンスを掴むために大切なのも、「音を聴くこと」です。
私たちが普段練習しているミュージカルのナンバーのほとんどが、
作品のシーンや登場人物の心情を表現するために作詞・作曲されているため、
その楽曲に使われるすべての音が、キャラクターの心情や情景を象っています。
それぞれの意図(糸)が紡ぎ合わさった色とりどりの音を楽しむことで音楽ができるんだと思うと、
しみじみ、奥が深いなぁと感じました。

この日の稽古は、もうひとつ、わくわくすることがありました。
スキットを使った演技の練習のスタートです!
スクリプトが配られ、役も決まったので、次回から役や方向性を少しずつ固めていくのが楽しみでなりません。



さて、2月8日(水)は、大阪府立佐野高校の国際教養科1年生の生徒さんによる英語劇の本番のお手伝いに伺いました。
ちょうど2ヶ月前に模範公演を演らせていただいた時の、意気込みにあふれた真剣なまなざしが印象的だったので、
生徒のみなさんの劇がどのような作品になるのか、とても楽しみでした。

準備の後、リハーサルを観せていただいたのですが、同じ演目でも、演技や衣装、ダンスに
そのクラスの雰囲気や持ち味が活かされ、改めて、演技って「自己表現」なのだな、と実感しました。
特に自分が学校に通っていたときのことを思い出すと、人前で何かを本気で「表現すること」って、
怖かったり、不安だったり・・・勇気の要る、難しいことですよね。
きっと、今年の生徒さんたちも、劇を作る中で、色々な壁にぶつかったと思います。
本番ステージに立つ一人ひとりの姿を見て、クラス全員と先生方みんなの力で
それぞれの壁を超えることができたのだなぁとしみじみ感じました。
生徒のみなさんの達成感でいっぱいの顔を見届け、昨年から関わらせていただいたイベントも幕を閉じました。
みんなで協力して何かを作ったり、何かを本気で表現することの大切さを改めて教えてもらった気がします。
本当にありがとうございました。



さて、2月もそろそろ半ばに入り、もうすぐ、当劇団の主催公演の準備も始まります。
劇団メンバーも随時募集しております!
舞台やミュージカルに興味のある方ももちろんですが、
何かに打ち込むことや本気で楽しむこと、やってみたいなぁという方、しばらくご無沙汰だなぁと思った方も
是非是非、お待ちしております!


役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
ミュージカル 劇 英語




イベント と ワークショップ | 2017/02/11 23:19
 | HOME |