【お知らせ】第8回公演"HAIR!"予約受付開始! と 60年代アメリカとヒッピー文化を知ろう!特集がスタートします!

第8回公演
HAIR!
予約受付
開始しました!


ご予約は
こちらを
クリック!




・入場無料
 (カンパ制)

・定員各回80名
 (予約受付先着順)

・英語上演
 (日本語字幕有)


となっておりますので
お気軽にお申込み頂けると
嬉しいです!

尚お問い合わせは
こちらのメールアドレスにて
受付しております。
english.theatre.company.abc@gmail.com



さて本日の内容はあと2つ。

①稽古日誌
②今後のテーマトークについて


です。

まずは
7/30の稽古について。

いつもより1時間早く
スタートした稽古。

暑さに負けず
3時間鏡の部屋で
踊り狂?っていました。

エアコンがちゃんと
効いているかすら
実感できないほど。

その後、午後からは

・冬に控える高校向け公演
・夏の終わりに控える英語教室向け公演

のランスルー(通し稽古)を実施。

これで終わらず
次回公演HAIR!のシーンを詰め
数名はその後夜まで練習。

一番長い人で
約12時間の稽古となりました。


サクサク進む日
なかなか上手く進まない日

どちらの場合であっても
稽古はとても興味深く
有意義な時間だと
思っています。

結果か過程
大事なのはどちらか?
と聞かれたときに
皆さんは何と答えるでしょうか。

この2つの因果関係は
どちらかさえ重視すれば良い
ということが
難しいように思います。

結果出すことが
強制や無駄な縛り
自己嫌悪ばかりを
助長するものになるなら
結果重視はマイナスでしかない

しかし結果を求めない過程は
ただの惰性や甘えでしかない

より良い結果を出すために
全ての過程を大事にする

今ある目の前の過程を
丁寧にこなすことで
良い結果を出そうと試みる。

そうした結果
その結果が
どんな過程を通ったかを
それなりに反映してくれるのでは
と考えていたりします。

失敗は成功の元
という言葉がある通り

稽古ではやればやるだけ
失敗を重ねられるため
失敗を重ねた分だけ
成長できる場所
なのではないかなと。

些細なことであれ
周囲の成長を実感できる
そんな稽古が面白いなぁと
また一つ感じた貴重な稽古でした。


さて、そうこうしているうちに
次回公演HAIR!まで
2か月を切りました。

今回の演目は
1960年代のアメリカと
当時を一世風靡した
ヒッピーたちの生き様を
色濃く反映した作品です。

その当時のアメリカで

どんなことが起こっていたか
どんなことが流行っていたか

少しでも多く知っていた方が
より楽しめる作品でもあります。

そこで、これから
公演2日前までの間
約2日に1度のペースで
1960年代の●●や
ヒッピーの▲▲について
紹介をしたいと思います。

主な内容はこちら

・ヒッピーって何?どういう考えを持った人たち?

・1960年代アメリカ映画紹介

・ヒッピーの遺した名言!

・ヒッピーだったアーティスト

・1960年代の黒人さんたちの底力!

・1960年代アメリカで活躍していたディーバたち

・ヒッピーの聖地「インド」について

・ヒッピーファッションアイテムと言えばこれ!

・1960年代にアメリカで起こった歴史的な出来事


何か一つでも
気になるタイトルが
あればいいなと思っています。

それではどうぞお楽しみに!



役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
大阪 ミュージカル
舞台




劇団からのお知らせ | 2017/08/01 07:00

9/23-24 は第8回公演! 演目は…

2017年9月23日(土)&24日(日)は

英語劇団AlphaBet City!の第8回公演を

例年通り大阪市立青少年センター/KOKOPLAZAで行います


気になる?演目ですが

HAIR!





です!















          。。。毛










                       









と上記のように思ってしまったそこのあなたも

被害妄想?に何かを感じてしまった方も コラっ!

ちょいとお耳(お目目?)を拝借しまして・・・




1960年代後半

アメリカで起こった

ヒッピーたちの反戦運動

"フラワームーブメント"
(最近花たちが活発でアレルギーきついですねってそういう話ではない)

と徴兵制度に苦しむ若者たちを中心に描いた

荒削りのロック・ミュージカルです


初めて成功した

ロックミュージカルと言われているこの作品


RENT等後世のミュージカルに与えた影響が

大変大きいと言われるほど

ミュージカル界の歴史を変えた作品でもあります


楽曲がロックなのはもちろんですが

何より、ベトナム戦争とアメリカの若者たちを

描いた作品でありながら

1967年に初演

という

リアルタイムで世の中を風刺したという意味でも

とてもロックな作品です


ロックは、元々の語源は「ロックンロール」


つい先日ロックンロールの

創始者的存在とも言われている

チャック・ベリーが亡くなりましたが OMG

ロックは音楽のジャンルとはいえ

”音楽に込める姿勢”が

「下の存在が、上の者たちを揺ろうとする何か」

でもあるような気がします


例えば、

レ・ミゼラブルのABC友の会のメンバー

フランスの情勢に反抗する彼ら

大きなマグロを何とかやっつけようと奮闘する

レオ・レオニの黒い魚スイミー

現にアメリカで抗議デモを繰り返す人々 など

たとえがいろいろ無理やりすぎますが

何か彼らなりの信念を持って

変えられない現状を変えようと奮闘し

行動を起こす反骨精神を持った彼らは

みんなみんな

立派なロック野郎たちなんですね~



初演50周年を迎えるこの作品ですが

当時の若者のリアルタイムな心の叫びを おりゃ~

そして

50年の時の経過を感じさせず

現代の私たちにも響く何かを とりゃ~

色鮮やかにお届け出来たらと思います


昨日はオーディションを行いましたが

まだまだ劇団でも

ハッピーヒッピーになってくれる


カラフルなTribe(お仲間)を募集中です!!!




少しでも気になる方は

お気軽にお声掛けくださいね!

詳細はこちらをクリック↓
英語 劇 ミュージカル



劇団からのお知らせ | 2017/03/21 00:26

【お知らせ】2017/1/8より稽古開始!

英語劇団AlphaBet City!では
明日1/8より2017年の稽古を開始致します!

・毎週日曜日10時~18時
・場所は大阪府吹田市内等
・団費:4000円/月


で活動しております。

今年のオーディション開催については
随時募集中!
とさせて頂いておりますので

活動に興味を持っていただいた皆様
初心者だけど舞台に立ってみたい皆様


随時お問い合わせ頂きますよう
お願い申し上げます。

尚、お問い合わせにつきましては
こちら↓をクリック下さい
英語 劇団 AlphaBet City!



劇団からのお知らせ | 2017/01/07 10:00

HAPPY NEW YEAR! -2017-

 謹賀新年 
お陰様で、昨年も沢山の活動をすることが出来ました。
本当にサポート・応援頂きありがとうございました。


 HAPPY NEW YEAR! 2017! 
Thank you so much for a wonderful 2016!






今年の干支は
丁酉(ひのととり)



2016年の丙と2017年の丁は
いずれも「火」を表す言葉になりますが
丙(ひのえ) = 太陽のような勢いのある火
丁(ひのと) = ろうそくのような人工的な火

を表します。

人類の文化で「火」の存在は切っても切り離せず
消えやすく・時に猛威を振るうこともありますが
長い長い歴史の中で、窮地に陥った人類を
救ってきたのも「火」の存在だったことから
丁には「人に尽くす」「奉仕をする」という意味があるようです。

また、甲乙丙の年に種の状態から芽が出て根を張ってきたものが
いよいよ地上に芽を出そうとする時期にあたるため
「変化」を意味するとも言われています。

成長や変化には痛みが伴うこともありますが
それでも誰かの為に
まず自分が成長する・変化することが出来れば
また一つ、人と分かち合える喜びを
皆で手に入れることが出来るのかも!?
と想いを新たにしつつ(なんてのはこじつけかもですが)

英語劇団AlphaBet City!
カラーメンバー6名(
ブラックメンバー7名

今年も日々精進/邁進致しますので
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

末筆ではございますが
皆様のますますのご活躍・ご健康を
団員一同、心よりお祈り申し上げます。
2017/12/31に皆さんが素敵な年だったなと
思えるような一年になりますように!
May the year bring you more happiness and smiles than last year!!!



役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
大阪 英語 オーディション

劇団からのお知らせ | 2017/01/01 07:05

We've got magic to do!

AHAPPYNEWYEAR

劇団が立ちあがってから早5年が経ち
創立記念日の2/1より
7年目に入ろうとしています。

アマチュアの小劇団というと
金銭面・人間関係
メンバーの入れ替え等
2~3回公演できれば良い方
1回公演を打っただけで
解散してしまうところも多い
というように聞くことがあります。

もちろん毎度の公演毎年の活動で
紆余曲折何かしらありますが、
そんな中でも
ここまで続けてこられたのは
かけがえのない個性的な団員と、
そして何よりすてきなお客様、
素晴らしいクライアントさんに
恵まれたお陰です。

本当に本当にありがとうございます。


さて、2016年になりました。

今年の暦は
陰陽五行でいうところの「」。

丙の属性は五行の「火」にあたり
陰陽の「陽」になるので
太陽を表します。

太陽は古代より
その昇り降りする姿から
「ある王の時代」の
「始まり」や「終わり」を
象徴するものとして
使われてきました。

そんな今年は劇団の主催公演として
ある時代の生んだ息子(son)であり
ある時代の
太陽(sun)になろうとした
ordinary(ごく普通)な男の人生を

彼の人生の
沢山のエキストラ(extra)と共に
extraordinary(特別)な叙事詩に
仕立てあげて行く物語に
取り組みます

2016/10/8(土)&9(日)
第7回公演「PIPPIN!」


西洋演劇の
バイブルとも言われる
William Shakespeare(ウィリアム・シェークスピア)
As You Like It(お気に召すまま)
"All the world’s a stage, And all the men and women merely players: They have their exits and their entrances; And one man in his time plays many parts."
(全世界は一つの舞台であって、すべての男女は、その役者にすぎない。それぞれ舞台に登場してはまた退場していく。人はその時々にいろいろな役を演じる。)
とあるごとく

今回の作品を通して
「演劇とは」「人生とは」
「showとは」「生(しょう)とは」を
追求・追究していけたらと
ぼんやり考えています。
演劇を追求することは人生を追求するとそう離れていないことなのではないかというのは良く聞く話で、多かれ少なかれそうではないかと実感している側の一人間です。

劇中に登場する
個性的なキャラクターたちの中に
きっと共感しやすい
隅に置けない
”あなたが気に入るような”人物が
一人はいるのではないでしょうか。

どうぞ、お楽しみに!

一緒に劇をやって下さる
メンバーも募集しています。

その入り口として
オーディション
2か月に1度開催しています。


迷っているあなたも
そうでないあなたも
このご縁にピンときたら
どうぞお気軽にお声掛けください。


また、主催公演だけでなく、

・歌やダンスのショーをベースとした
 地域イベント

・普段英語ミュージカルに
 関わる機会の少ない
 老若男女
 世代・性別を超えた皆様の元に
 とっかかり易い
 英語ミュージカルをお届けする
 外部公演

・演劇をやりたいけど
 始めの一歩が踏み出せない方向け
 ワークショップ

等に、
今年も沢山かかわっていけたらと
考えております。

こちらのブログや
facebooktwitterを通して
活動の報告は随時して参ります。


まだまだ卵に数えられる程度に
毛が生えた?ような劇団ですが・・・

どうぞ2016年も、
そしてこれからも
英語劇団AlphaBet City!
宜しくお願い致します!!!!!




最後になりましたが、
皆さんの2016年がの意味で
Extraordinary
な1ページとなることを祈って!
劇団からのお知らせ | 2016/01/05 01:53
 | HOME | Next »