!意注テバ夏

7月に入りましたね!まだまだ夏は始まったばかりですが、夜も寝苦しいほど蒸し暑くなってきました。
色々なお店に並び出した暑さ対策グッズ、今年は衝動買いしそうです。

6月26日の稽古では、8月の公演イベントに向けた読み合わせや歌、ダンスの練習と、前回のスキット発表の続きを行いました。
8月の公演の練習は、夏にぴったり?のナンバーで、気分はひと足(ふた足?)早い、夏休み!
ついつい身体が動いてしまう、ついつい口ずさんでしまう曲たちです。
登場人物たちも愛嬌のあるキャラクターばかりなので、演技するのが楽しみです。
本番では、みなさんに「南国での夏休みを満喫して」いただきますので、乞うご期待!


さて、今回から新しくなったテーマトークは「日の目を見ない自分の技能」。
まったく使う機会のない技…「ヒエログリフ(象形文字)」と「鏡文字」でしょうか。
ヒエログリフは、小~中学生の頃に古代エジプトにのめり込んだ時に覚えたので、今でも自分の名前はすらすら書けます。
鏡文字は、ダン・ブラウンの小説『ダ・ヴィンチ・コード』にも登場した左右反転文字で、
横書きの場合は、文や語を右から左へ書きます。
どちらも何のニーズもない文字なので、活用する機会がありませんが、
いつか、秘密の暗号文めいた手紙でも書いてみたいなぁ。。

さて、非常にマニアックな話に落ち着いてしまいましたが、
「負けないくらいマニアックな技持ってるでー」というあなたも、
「それは無意味やなー」と突っ込んでくださったあなたも、
「私もそれできる!」と親近感を持ってくださったそこの素晴らしいあなたも、
是非是非、私と暗号めいた文通を……もとい、失礼しました、

是非是非、私たちと作品を一緒に作る仲間になってください!

2016/10/8(土)&9(日)
第7回公演「PIPPIN!」
7/30より公演予約受付開始!
ミュージカル 英語劇 関西 
稽古場日誌 | 2016/07/03 01:03

最後に待つのは

こんにちは。次第に春の陽気が感じられるようになってきましたね。
先週日曜日13日は日中は風が冷たいものの、青空が広がっていました。
しかしながら、夜になると雨…
なんと雷まで!
多くの劇団員がびしょ濡れになりました。
春の嵐に備えて傘を持ち運ばないといけませんね。

さて、稽古の模様です。

まずはしっかりストレッチや基礎練をし、歌の確認やダンスの確認…とここまではほとんどいつも通り。
いつも通りだからといってなんとなくこなしていくのではなく、細かなところにも目を向けて、ブラッシュアップをはかっていきます。
もちろん、真面目に取り組んでいるのですが、私は稽古が最後に向かうにつれてワクワクドキドキしていました。
そう、なぜなら!!

最後に読み合わせがあるからです!

読み合わせでは、ついに手にした台本をもとに、セリフを口にし、やり取りをしていきます。
と、ここまではシンプルなお芝居でもすることなのですが、
ミュージカル劇団なので、読み合わせでも歌を歌います。
そして舞台上の流れをおおざっぱに掴んでいきます。
ミュージカル初心者の私は、普段練習してきた歌がこんな風に劇になっていくのか~、なんだか本当に劇になってきたみたいと、感動しました!!!
劇を作ってるんだから当たり前ですね(笑)

来週からはいよいよそれぞれのシーンの練習が始まります。
一体最後にできるのはどんな劇なのでしょう。
とっても楽しみです。


では、今回のトークテーマ、「注目しているミュージカル俳優さん」についてです。

突然ですが、アメリカン・サイコという小説/映画をご存知ですか?
殺人鬼のお話で、ラストに待っている結末は……秘密です。
今春、このお話がブロードウェイで上演されます。
そこに私の好きなJennifer Damiano (ジェニファー・ダミアーノ)の名前が。
よくよく見るとAlice Ripley (アリス・リプリー)の名前も。
この二人、私がミュージカルの門を叩くに至った、Next to Normal というミュージカルで共演していたのです。
アメリカン・サイコそのものの舞台も気になることながら、二人の舞台も気になります。
ご存知の方、ぜひ舞台版、名刺バトルのシーンを検索してみてください。知らない方も見てみてください。結構、おもしろいですよ。


さあ、ミュージカルに興味はあるんだけどなかなか…というあなた。
ぜひ一緒に活動してみませんか?
最初の一歩を踏み出せば、後はメンバーとともに走り抜く、そしてきっと最後に待つのは大きな感動。
そんな体験を分かち合える仲間を絶賛大募集中です!

2016/10/8(土)&9(日)
第7回公演「PIPPIN!」
劇団員 募集中!
関西 英語 ミュージカル オーディション 
稽古場日誌 | 2016/03/18 11:03

Repeat after me!

本文の前に…

今日は3月11日です。東日本大震災から5年が経ちました。
まだまだ大変な状況の中で暮らしている皆様にお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧と、少しでも笑顔になれることがありますよう、お祈り申し上げます。



さて、英語劇団AlphaBetCity!の3月6日(日)の練習模様をご報告します。

まずはストレッチや声出し。
基礎力を培うために、また怪我などしないように、準備運動はとてもは大事です。

声出しも、ただ漫然とやるのではなく、例えば息を一定時間履き続ける練習では、息継ぎをなるべく短くしてカウント通りにやるように、また声を出す練習として全部裏声でやってみるとか、何を鍛える目的でやるのかを意識してやりました。



そして先週配られた英語スキットの取り組みからスタート。
より良い英語の発音のために、読み練習から。
中学高校の英語の授業のように、先生の後について一文ずつ、みんなで読みます。

なんか懐かしい、この感覚!
実際高校の先生がリードしてくれてるので、まさに学校の雰囲気です。

でももっと楽しい感じかな? 一生懸命やると、何でも楽しいです!
しかし意識しすぎると固くなるし、なかなか難しいですね!

単語の発音も大事だけど、文章になった時の音の流れ、省略の仕方を意識することで、こなれた英語の音になるなど、アドバイスもたくさんあって、勉強になります。

2か月後にはそれぞれのチームで衣装や動きも工夫して、発表することになっています。
こうやって、演じることに慣れていくんですね!



その後、10月の本公演「PIPPIN!」の歌、ダンスの練習になりました。
この日の練習場所には鏡があり、振り付けの練習にはもってこい。

「PiPPIN!」にはちょっと変わった振り付けというか、風刺的な意味を込めたシーンが結構あります。
顔の表情、手、腕の角度などで、その面白さを表現できるようにしっかり練習したいです。


また、5月に予定しているイベントのダンス練習もありました。

明るく楽しい曲調なんですが、エアロビみたいにずーっと動いてるし跳ねてるし!
汗だくになりました。
これを歌いながらやるのかと思うと、今から腹筋やらいろいろ鍛えておかなきゃと戦々恐々です(笑)。



さて、今月のテーマは「注目しているミュージカル俳優さん」。

うーーーーん。

実は私、劇団の中では新顔の方で、そんなに舞台を観に行ったこともないのです。

で、お昼時にメンバーに、誰か注目の俳優さんはいるか、聞いてみました。
そしたら、すごくファンで何度も観てるという俳優さんや、映画で観て印象的だったという俳優さんなど、たくさん出てきました。

やっぱりみんなミュージカル好きなんですね~(当たり前(笑))。

その中に、1月に「ダンス オブ ヴァンパイア」のアブロンシウスを演じた、石川 禅さんの名前が出てきました。

去年私たちも「Dance of Vampires!」を演じたので、これは観てみなくちゃと思い、「ダンス オブ ヴァンパイア」は観に行ってきたのです。

すごく面白くて表情豊かだった、と私もしっかり心に残っていました。
そして石川 禅さんは、今月末に「ジキルとハイド」にも出演されます。

あ、これはあの人だ!というのがあると、観てみたくなるものですよね。
てことで、チケットを取ってしまいました!しかもバックステージツアー付き。

こんな風にひとつのきっかけから次のアクションが起こって、いつのまにか「今誰だれさんに注目してる!」というレベルになるのでしょうね。楽しみです。



英語が好き、お芝居が好き、歌やダンスが好きな方。何か新しいチャレンジをしてみたい方。
AlphaBetCity!は絶賛仲間募集中です♪

2か月に一度のオーディション、次回は4月10日(日)です。
この機会にぜひ一歩、踏み出しませんか?

2016/10/8(土)&9(日)
第7回公演「PIPPIN!」
劇団員 募集中!
英語劇 オーディション
英語ミュージカル
関西 大阪 英語劇団
 
稽古場日誌 | 2016/03/11 19:36

Be ambitious girls!!

先日3/3といえば、桃の節句、ひな祭りですね。みなさまは、どのようにお祝いされましたか?

お雛様を飾られた方もいるかと思います。食べ物では、ちらし寿司やら雛あられやら、色とりどりの光景が思い浮かびますね。

そういえば、徐々に寒さも和らぎ、お外も色づき始めましたね。外を歩くと思わず、ふんふ~んと鼻唄を歌いたくなる季節も、もうすぐそこです。


そして我々も、練習で絶賛ハミングしております。そう、正確な音取り練のために!ふんふ~ん!!と。


さてさて導入はこの辺で。では、前回の稽古模様をお伝えします!


まずは、いつものように基礎練からスタートです。

唇、舌と、口全体をリラックスさせ、声を出すための準備運動をします。


その次は、歌の復習です。とりわけ、ハモりの調整や曲ごとに歌い方の改善を行いました。

今回のPIPPIN!では、ソロ+コーラス形式が多いように思います。バックのハモりが、がちっとハマるよう切磋琢磨しなければいけませんね!

また、歌ごとに求められる声が様々なので、歌い分けられるよう意識していきたいと思います。


歌練の後は、第2回スキット発表です。

前回と同様、約2ヶ月間脚本と向き合い、そこからすくい、練ったものをペアごとに発表しました。ちなみに、すべてのペアに同じ脚本が配られています。

今回のストーリーは、劇団Facebookでも紹介があったように、クリスマスイヴの夜に、サンタを待つ姉妹(兄弟)のお話です。

試行錯誤を繰り返した結果を発表しあう中で、同じ脚本でも異なる道筋をたどれることを他のペアから教えられました。

また、生の演技を間近で観させてもらうのは、大変勉強になります。その逆も然りです。


スキットは、次回から新しいペアにチェンジです!
未知数の掛け算にワクワクです。


そして、〆は、新しいダンスの振り付けです!

この曲は、バイオリンの弾き真似をしたくなるような気分から、ビンボダンスが始まるんか、みたいな調に一変します(←個人的な印象)。

身体をうまく使い、曲自身がもつシュール?な面を表現できるようにしたいと思います。



今回のトークテーマは、注目のミュージカル役者さんについてですね。

なので、Hayden Milanesについて少し書きたいと思います。

私、去年、来日公演の「Jersey Boys」を観に行きました。そこで、Frankie Valli役のHayden Milanesの声を聞きました。

フランキー・ヴァリ特有のファルセットを彼も出していて、おおすごいと震えました。3階から観ていた私にも小柄な彼の動きは伝わり、彼の歌声はとーん(かーん?)と響いてきました。

しかし、去年の日本公演を最後にJersey Boysツアーを卒業することをFacebookで発表したそうですね...。

彼の演技を生で観させてもらったのは、この一度限りですが、今後他のシーンでも注目したい役者さんです。



プロの役者さんからは、多くを学ばせてもらっています。作品に向き合う姿勢や自分自身の見せ方等、書ききれないです。

今では来日公演も増え、ブロードウェイで活躍する役者を国内で拝めますし、また動画サイトでは何度もシーンを再生することが可能なので、有り難いです!良いところ、うまく盗んでいきたいです。


もしあなたも英語ミュージカルに興味を抱かれたのなら、少しだけでも覗いてみてくださいね。表現できる喜びを一緒に感じませんか?

次回の公演&オーディションについては、下記のリンクをチェックしてみてください!


2016/10/8(土)&9(日)
第7回公演「PIPPIN!」
劇団員 募集中!
ミュージカル オーディション 
稽古場日誌 | 2016/03/05 07:21

つ!!!ついに!!!

こんにちは!
お正月が終わったと思ったらもう2月・・・。今日はもしや節分!?
一人暮らしにテレビがないと気が付いたらいろんな行事ごとは終わっているか当日を迎えています。
小さいころはよく家の庭に豆を巻いたものです。
母が家の中は汚れるということで「鬼は外」しかしさせてくれませんでした。「福はうち」はなくて常に鬼を外に出していました。
庭に巻いた豆はいつ芽が出るのかな?ってわくわくしていた記憶があります。

では、前回の練習内容から印象に残った二つをピックアップします!

まず歌の基礎練習!

基礎を笑うものは基礎に泣く!!!

毎回やってるんですけど
うーん、、、なかなか、、、なかなか難しいです。。。私はこの時間を自分との戦いだと思っています。
何をどうしていけばいいのか説明を聞いても自分がしっくり来るやり方を見つけるまでが難しいです。
練習あるのみ!
ここで、しっかり身に付けなきゃ応用できません!
と、考えるとなんだか悔しいので色んな人からアドバイス聞いて自分だけの考えじゃなくて多方面からの見方から自己分析して成長していきたいですね。
できないとき、まわりに仲間がいて助け合うってとっても素敵です。
励みにもなるし同じ目標に向かって切磋琢磨するって、、、青春ですね!


あと、
タイトルにもあるように、、、

ついに!
ついに!
ついに!


finally!!!



ダンスの練習入ってきました!!!

もう、ワクワクでるんるんでした!
どんな振り付けなんだろう!
どんなことするんだろう!
どんなでき具合になるんだろう!
わー!

とテンション上がりながら振り付け教えてもらってたんですが、、、

む、難しい!

今回のダンスのキーポイントは

指先にまで神経を!!!
猫背も禁止!

ふんわり力を抜いているところと切れのある動き!めりはり!
そして、みんなとの一体感!

どんな姿勢が一番きれいに見えるのか、
どの角度がみんなと振りが揃うことができるのか、
全体を見てもらいながら何度か練習しました。

そして、このダンスの面白いところが
出演キャラクターによって少しずつ振りが違うところがあります。
個性豊かなキャラクターたち、、、
みんな違ってみんないい!
どんな振り付けになっているかは、公演でのおたのしみ(^^)
まだまだ先なようで、きっとあっという間!


では、
今回のテーマトーク
*注目しているミュージカル俳優さん*
映画版の
Les Misérables
にエポニーヌ役ででていた
サマンサ·バークスさん!

映画版ですがこの方、舞台女優さんらしく映画に出るのは初めてだったようで、、、、舞台と映画の違いに最初は戸惑ったらしいです。が!なんとしてでもミゼラブルに出たいと言う気持ちで努力して努力して今回この役を射止めたそうです。

最初はこの映画を見たときエポニーヌあんまり好きじゃなかったんです。なんだか、意地悪そう!っていう先入観で。
でも!
on my own 
を聞いたときもう、ぶわぁあっと鳥肌と感動が、、、なんって悲しくて切ない歌詞なんだろう。
意地悪そうだと思ってごめんなさいって謝りたい気持ちでした。
しかも、歌詞だけじゃないんです。
エポニーヌの表情、動作から気持ちが伝わってくる感じ、吸い込まれる!!!
何人かの友達と家で見てたんですけど、ふとすすり泣く声で回りを見渡すとみんな号泣。びっくり!
たった一人の、しかも、小さな画面の中から、映画館と言う整った環境じゃないのにも関わらずこんなにもの人の感情を揺れ動かすなんて、、、すごい。
人に影響を与えるって、人の人生に入って心を動かしてしまうって、改めてすごいと感じます。
舞台や映画って観賞すれば少なからずとも影響を受け行動を起こしたり考え方が変わったり悩みを助けられたり、、人生の一部になっていくのかなって感じます。

さぁ、そこのあなたも色んな人の人生の一部に刻んでみませんか?
当劇団では団員募集しています!
多種多様なメンバーたちがお待ちしてます!
みんなが力を合わせて助け合いながら練習しております。
少しでも興味合ったらお問い合わせください(^^)



2016/10/8(土)&9(日)
第7回公演「PIPPIN!」
劇団員 募集中!
関西 ミュージカル 英語 劇団 オーディション
稽古場日誌 | 2016/02/03 18:30
 | HOME | Next »