FC2ブログ

経験を力に変えて。

やっと寒くなったと思ったら、なぜか20度近くの気温…。

セーターを脱いで、軽いトレーナーだけでも過ごせそうな気温が続いている大阪ですが、皆さんはどんな冬をお過ごしですか?


私達abc!は、2019年4月からの怒涛のイベント&公演シーズンが2月で終わり、一旦落ち着きを取り戻しております。


思えば昨年はWICKED!
から始まり、SHREK!
外部の団体様にお声がけいただいたイベント等、
沢山のステージに立つ機会をいただきました。

最初に『怒涛』と書きましたが、本当に文字通り。
ひと公演終わればまた次がやってきて、の繰り返し。

ですが、その忙しさの中で別れがあったり新しい出会いがあったり、
悪い事も良い事も団員と共にする回数が増えた事で、
絆も深まり成長にも繋がった気がします。


そんな(どんな?)1年を過ごしてきた今日の私達ABC!団員は、
これからの予定についてMTGを行いました!

今年から取り組む新たな内容や、公演について等々、話は多岐にわたりましたが、、

来月辺りには新しく発表があるかも??

ぜひお楽しみに!



さて。

今回のテーマトークは『私のイチオシ!体の作り方』

体の作り方…という程ではありませんが、トレーニングが苦手の私。
そんな人でも簡単にできるイチオシ!はこちらです。

後ろ向きに歩く!!

筋トレを趣味にしている知り合いに聞いたのですが、後ろ向きに歩くと階段を登った時と同じ足の筋肉に効くそうなんです。

さすがに普通の道ではできないんですが、
家のごくごく近所に小さい坂道がありまして、
そこで1分程後ろ歩きをしてみています。


この後も団員のオリジナル?な『イチオシ!体の作り方』が続きますのでお楽しみに♪



いよいよ始まりました!
英語劇団AlphaBet City!
ライトコース!
参加者募集
詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語 劇団 オーディション






稽古場日誌 と テーマトーク | 2020/02/19 08:00

続く流れと新しい風

英語劇団AlphaBet City!は
2020年2月1日に創立10周年を
迎えることが出来ました。

今まで、ご参加くださった皆さま
助けてくださった皆さま
応援してくださった皆さま
そして団員を支えてくださった
ご家族やご友人の皆さま
本当にありがとうございます❗️

これからもより多くの方々に
英語劇や英語ミュージカルを
体験頂けるよう
日々精進いたしますので
応援下さるとありがたいです。

よろしくお願いいたします🙇🏼‍♂️



みなさん、こんにちは!

2月1日は劇団創立10周年記念日でした!
2月2日のお稽古では「10周年!!!」とちょこっと盛り上がりもありつつ。10年ひと昔といいますが、次の10年はどんな風になるのでしょう?秘かに楽しみです。そうそう。世間ではコロナウィルスも相当話題ですが、地味に風邪やインフルエンザなども流行っていますので、皆様、手洗いとうがいはお忘れなく!

さて、お稽古日誌です。イベントを今週末に控え、今回は直前みっちり稽古でした。午前からシーン練習、午後も場所を変えてシーン練。あら、1日中ずっとでした。でも、何度も何度も微調整しながら、本番まで少しでも良くなるよう改善を続けていくのが大事なんです。

今回の練習では、本番に一緒に参加してくだある団員以外の方も一部参加していただいたので、いつも以上に活気があり、シーン練も遠し稽古もフルスロットルでした。初対面なのに、初めてではないくらい和気藹々とした雰囲気でした。本番が楽しみです。

さてさて。今回のテーマトークです!
「緊張のほぐし方」です。
過去のブログを読むと(あ、他の団員のブログもちゃんと見てますよ笑)、さまざまですね。緊張しにくい人、しやすい人、といますが、私は「緊張しやすい」方です。なので、対処方法は昔から色々試してきました。
その中で少し使えそうなものをご紹介します。

まずは、当納得行くまでの準備。もちろん「緊張する人」は私は絶対大丈夫!なんて全く思えません。ミスするのが嫌、ミスをして迷惑をかけるのが嫌、ミスをして他者から評価が下がるのが嫌、と人によりミスが嫌な理由は様々ですが、ミスをしたくないから緊張するわけです。なので、少しでもミスの確率を減らすために、念入りな準備をします。できるだけ時間をかけたらいいとか、短時間でギュッと集中する方がいいとか、自分に合った準備方法を早い時期に見つけるのがポイントです。ただ、これには試行錯誤が必要です。ちなみに、私の場合、仕事に関して言えば、本番の2週間前に本番と同じ条件で予行練習する、を新人の頃はやってましたが、最近は数日前でも(時間のない時は予行練習なしで)対応できるようになってきました。なので、場数と経験によっても最適な準備条件は変わってくるようです。劇団に関しては、まだ試行錯誤の段階ですが本番直前に「今日も練習通りにやる!」と思うと緊張は減るようです。

次に、緊張は精神的なものだけではなく、実は身体からも来ると思っています。身体がこわばっていると「あ、緊張してる」と気持ちが錯覚を起こすのです。なので、ストレッチと呼吸は欠かせません。呼吸が浅いと酸素交換効率が下がり、身体の隅々まで酸素がいきわたりません。なので、ぼーっとして、集中しにくくなります。心拍はいつもよりも多くてもいいので(心地よい緊張感)、できるだけ身体をゆっくり伸ばして、ゆっくり深呼吸する。その時に、宇宙のことを想像すると、なおOKです。つまり悠久の時の流れです。今、自分が生きているのは宇宙時間で考えたら一瞬。本番で何が起こったとしても、地球も宇宙も、大きな時の流れは変わらず動いていることを自覚すると、自分の存在の小ささを客観視できて、なんだか安心できます。
(ん~あんまりお役に立てそうもないですね笑)。

英語劇に興味がある方、英語の歌に興味がある方、
一緒に楽しく英語で歌って踊ってみませんか?
どうぞお気軽に劇団までお問い合わせください。

いよいよ始まりました!
英語劇団AlphaBet City!
ライトコース!
参加者募集
詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語劇団 劇団オーディション 関西





稽古場日誌 と テーマトーク | 2020/02/05 08:00

次の季節へ〜英語劇や英語ミュージカルに関わるようになって思うこと〜


今週のお稽古はお休みでした。
今日は稽古場日誌の代わりに、個人的に演劇をやっていて楽しいことと難しいことを書きたいと思います。

私は団員の中で一番新しいメンバーで、団員歴半年=演劇歴です。演劇の経験は、入団以前ではごく普通の幼稚園のお遊戯会まで遡れてしまいます。英語も、大学まで普通教育のみです。
もし今読んで下さっている方の中で英語劇や劇団に興味があるけど…という方がいれば、参考にしてもらえたら嬉しいです。

私が演劇をやっていて楽しいと感じることは、キャラクターとして他の人の演じる役と関わることです。
個人的に、普段の生活自体も演じることだったりすると思うんです。相手や場に合わせたり、場が和むようにおどけたり(関西人はボケたり?)。私は、仕事柄もあるかもしれませんが、場面によって警察官や弁護士 マジシャン 看護師 僧侶 親 子ども、心の中でいろいろな顔を借り、ふりをします。そうでなくても場面や対する相手によって自分の立場や役割が変わることは誰にでもありますよね。新たな役割や一面を開拓するときの意外な発見っていいなと思います。
演劇では普段の自分と設定ががらりと変わる分、いろんな可能性が一気に広がる、そしてこれまた未知の相手と接触することで化学反応が起こる、可能性は無限大、その予感が楽しいなと思っています。

"英語で""ミュージカル"という点で楽しいことは、英語が好き、歌が好き、演技面白い、いろんな好きのかけ算で、これだったら凝って極めてみたいなと思えることと、
ダンスはとっっても苦手なのですが、やっているうちにミジンコレベルにでも回路がつながるとすごく嬉しくて、達成感が色んなことへの活力になっています。

難しいこと…
新しい挑戦すること自体が、難しいことでもあり、その難しさも含めて楽しいことでもあります。経験の差、技術の差…先輩との差に焦る気持ちも正直あります。同じペースで進めないとか、舞台で足を引っ張っていないかとか。(1人下手だと上手い人より下手な方が目を引いてしまうと思うので)でもそれを解決するのは結局自分の努力しかなくて。へっぽこから積み上げる、不細工な失敗をする、たどたどしくまねする、そんなときに呆れず壁を作らず付き合ってもらえる、それをさせてもらえる環境があるから、半年続いているのかなと思います。
そして一度幕が上がってしまえばキャラクターにもお客様にも私の事情なんて関係ない、だから頑張らないとというのと、だから思いきって楽しめるのと、表裏一体です。

話は変わり、今回のテーマトーク【私の緊張のほぐしかた】です。
本番前には、深呼吸したり顔や体を動かしたりそれっぽいことはするのですが、その他に特筆するとすれば、大抵持っているお守りです。お守りと言っても、神社仏閣のお守りではなくて、もらった手紙や手作りのものだったり、単純に持っていて落ち着くお気に入りのものだったり、その時によっていろいろです。
緊張する本番って、慣れない場所や初めての場所が多いと思います。そこにいつもと違う雰囲気が加わって、受信するものが多くて場に飲まれそうなとき。
きちんと息をして、地に足つけて、舵をとって、その場や人と馴染む、渡り合う?ところまで進めるように。前向きなエネルギーや自分を取り戻すきっかけとして、あると心が緩むアイテムを持ち込んでいます。

来週には暦の上でも春。
今年は暖かくてすっかり春のような気分ですが、本当の春もすぐにやって来ますね。
新しい季節に新しい挑戦。新しい出会いも大歓迎です。詳しくはこちら↓

いよいよ始まりました!
英語劇団AlphaBet City!
ライトコース!
参加者募集
詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語 募集





稽古場日誌 と テーマトーク | 2020/01/29 08:00

集中特訓!!

新年始まって早々、本番の機会に恵まれパフォーマンスをさせていただいた英語劇団ABC!団員ですが、
20日は年明け2回目の全体練習でした。


この日は朝からみっちりダンス!歌!の特訓日。

まずグループに別れて振り付けの確認からスタート!

各々で分からない箇所等をチェックし合い、
全体練習で動きを合わせていきました。

さらに、ダンスをビデオに録画して苦手な所の確認。

このビデオ録画、何度かブログにも登場している練習方法なのですが、とても効果的です。

動きが少しズレていたり、
視線がブレていたり…と、
自分では気づきにくい細かいクセを客観的に見る事ができます。


歌も同様に、個人での復習を挟み、録音してチェック。

最後はダンス&歌をひたすら踊りこみ+歌いこみ!
さらに、録画して終了しました。


さて。

今回のトークテーマは『私の緊張のほぐし方』。

私は、『息を吐き切る事』と『瞑想』をしています。

息を吐き切るのは、深呼吸も含む…なんですが、普通の深呼吸ではなく、
息を吐く際に「フーッ」と音がするくらい強く吐き出します。

そうすると、不安要素も全て息と一緒に飛んでいってくれるような気がするんですよね。

あと、『瞑想』という程大した事ではありませんが、、
役の事を考えるでもなく、セリフを思い出すでもなく、目を瞑って、無になる時間を作ります。

私は考えすぎると緊張して動けなくなるタイプなので、本番直前はあえて役を意識しすぎないようにしています。


皆さんは、どんな緊張のほぐし方をしていますか?

今後も劇団員のトークが続きますので、お楽しみに!!


いよいよ始まりました!
英語劇団AlphaBet City!
ライトコース!
参加者募集
詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
劇団 オーディション





稽古場日誌 と テーマトーク | 2020/01/22 08:00

稽古初め、本番初め

昨年もたくさんの方に応援していただきました。
本当にありがとうございました。

今年も益々進化をとげられるよう、
団員一同精進してまいりますので、
よろしくお願いいたします。


先週末の3連休は、毎日顔を合わせた私たち。

11日は本番直前リハーサル。

12日は朝から本番会場でリハーサル。
お昼に1曲、新年にピッタリの曲をパフォーマンスさせていただき、
その後は皆で話し合いをしながらランチとカフェタイム。

ざっくりと今年の予定と、
今後の劇団の方針がシェアされました。

13日も朝から集まり、
来月の本番に向けてダンスや歌の確認をしました。

本番が終わっても、次の本番に向けてまた頑張れるのは
本当にありがたいことです。

さて、そんなありがたい本番につきものなのが、
『緊張』ですね💦

私自身は、10年以上、
人前でパフォーマンスをさせていただいておりますが、
未だに本番前の緊張から解放されたことはありません。

『これだけやったから大丈夫!』と思えるくらい
練習するのは当然ですが、

やはり
『失敗したらどうしよう』
『ちゃんと声が出るかな』
などなど、ふつふつ沸いてくる不安な気持ち。。。


そんな時は、まず深呼吸をして、
心臓のドキドキが治まるよう努めます。

それでも気が焦ってしまうときは、
会場にあいさつしたりします。

変に思われるかもしれないのですが、
ホールなどの壁に手のひらを当てて、

『どこどこの誰々と言います。
今日はこうゆうことをします。
立たせてくれてありがとうございます。
見守ってください。
よろしくお願いいたします。』

みたいなことをブツブツ言いながら
会場にあいさつをすると、

会場が私を受け入れてくれたような気がして、
その空間にある空気が弛むように息がしやすくなります。

会場にも神様がいるのかなと思ったりします。

ちょっとスピリチュアルな話になってしまいましたが、

こうゆう緊張緩和方法もあると、
参考になれば嬉しいです。


いよいよ始まりました!
英語劇団AlphaBet City!
ライトコース!
参加者募集
詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語 ミュージカル 大阪






稽古場日誌 と テーマトーク | 2020/01/15 08:00
 | HOME | Next »