FC2ブログ

芸術は 爆発力!

早いもので9月も終わりに近づいてきましたね。
年末まであと3ヶ月だなんて、俄に信じ難い(^^;)


そんな事を思いながら、
今回のお稽古は、1週間後に迫った本番に向け、最終確認&通し稽古をしました。

各チーム毎、団員全体での作品作りもいよいよ大詰めです。

各作品、数回ずつ通してやりにくかった点を挙げ、そこをまた改善できるように通しをし、不安や疑問点を挙げ、、

気づけば、オンライン練習を始めてから今までで最長?のお稽古時間になっていました。

来週の本番では、
キャラクターも、演技も、
人が生きる・役が活きるエネルギーを爆発力を持って表現できるよう、
残りの期間は少ないですが、ブラッシュアップを続けていきます!



さて。
今回のテーマトークは『失敗談、そしてそこから学んだこと』。
私は、表情の作り方です。

小さい頃から感情を表に出す方ではなかったため、演劇を始めてからは表情の作り方に苦労をしました。

できた!!と思っていても顔が硬かったり、思いが相手に伝わっていなかったり、
「表情とセリフが伴っていない」
と言われた事もしばしば。。

鏡を見ながら1人百面相をしたり、
お稽古を録音した音声を聴きながら、どんな感情表現がいいか考えたり。
それでも自分が思ったように出来なかったのですが、ある時、急に気が付きました。

「作ろう」と思ってやるからできないのでは?

こうしたい…と思って準備しておくのは、個人的には良い事だと思います。
ですが、やはり考え過ぎてしまうと、それは役としての感情というより、❝自分❞に近づいてしまう。。

それに気づいてからは、「作ろう作ろう」とせず、
しっかり相手のセリフを受け取り、感じた事を返すように心がけています。




演劇に興味がある方、がっつりじゃなくて、まずは体験してみたい方!

ただいま、ライト、ホワイト、オンラインコースの参加者を募集しています。

ぜひ👇をClickしてみてくださいね。

いよいよ始まりました!
英語劇団AlphaBet City!
ライト/ホワイト&オンラインコース!
参加者募集
詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語 演劇




稽古場日誌 と テーマトーク | 2020/09/23 08:00

芸術の秋はもうすぐそこに…?


台風一過、最近は風に少し秋っぽさを感じますね。私の地元は田舎なので虫の声なんかも聞こえたり。
これは秋?…夏が暑すぎて私の感覚が狂っただけの可能性もありますが…みなさんはどうですか?


今日の稽古では、どの作品もブロッキング作業を進めていきました。

オンライン上でのコンタクトは慣れそうで慣れないですが、(どちらを向いたら相手がいるのか、うっかり飛んじゃったり…)キャラクターを動かして、生きたやり取りを作っていきます。

画面越しに突っ込みあったり、愛を語り合ったり、いたずらしたり、殴り合いの喧嘩をしたり、手を取り合ったり、疑いの眼差しを向けたり…さあ、どうなるのやら。 

週末の稽古から次の週末の稽古までの合間には、キャラクター達のバッグラウンドについてコンセンサスを行ったり、宿題としてワークシート形式でのキャラクター分析を書いたり、撮影した動画を見てのフィードバックをしたりもしています。

知れば知るだけ、キャラクターも心を開いてくれるのかもしれませんね。
かくいう私は台詞の時点で噛み噛みになってしまい…キャラクターとの対話の前に、読経が必要になりそうです。


さて、テーマトークの『失敗談、そこから学んだこと』
今回は、現在進行形で調整している、衣装選びでの失敗談を書こうと思います。

私は身長がある方なので、普段から服のサイズで困ることがしばしばあります。よくあるフリーサイズは、丈が短くて困ったり、切り替えの位置が変になったり、あるあるです。

男装衣装は始めからメンズやユニセックスで探すので、問題ないと思いきや、難ありだったのがロングタイプのパジャマ。

通販で買って、着た時既にギリギリな丈と幅だったのですが、舞台上ではあぐらをかいたり、寝転んだり、そして踊る、踊る、踊る。お客さんは舞台の下から見ているので完全にアウト。さらに、強いライトが当たるので、薄い服は色も問題ですね。

結局、本番直前になって手持ちのシャツワンピースを絞らずに着ることに。周りと衣装合わせしていたのに急に変えて申し訳なさでいたたまれなかったのですが、余計なストレスなく思いっきり動けてその点は快適でした。

イメージ先行で選びがちな衣装ですが、(実際厚着で耐えたりはありますが、)動きに耐えうる機能性は妥協できないなと学んだのでした。

その時は、イメージに近いものをやっと見つけて使ってダメだったのでショックでしたが、
最近は身近なところにも目を光らせて借り物競走的に楽しんでいます。

着て動いて、着替えてから気づく事は結構あって、小物はゴムを縫い付けて簡単に着脱できるようにするなど、地味な改造を加えたりもしています。

***

今週も読書(台本)に鑑賞(練習録画)に書きもの(フィードバックとブログ)に裁縫(衣装制作)…!
芸術の秋はもうすぐそこに!?

作品によっては服装も秋深い感じだったり 笑
秋は食欲派の人も、スポーツ派の人も、読書派の人は特に!芸術の秋を感じに、
27日のオンエアを、ぜひ見ていって下さいね。


いよいよ始まりました!
英語劇団AlphaBet City!
ライト/ホワイト&オンラインコース!
参加者募集
詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語劇団 大阪 オンライン





稽古場日誌 と テーマトーク | 2020/09/16 08:00

新テーマトーク『失敗談、そこから学んだこと』

皆さん、こんにちは。
遂に9月になりました!
味覚の秋、芸術の秋はもうすぐそこです。
もうしばらく、この残暑とお付き合いしていくことになりますね。

またこの時期に来て、大型台風が九州を中心とした地域に被害をもたらしました。九州に身内がいたり他人事ではない思いを抱きつつ、被害にあわれた方の一刻も早い平穏を願っています。


さて、前回のお稽古はこのような内容でした。

今月末のSTORY BOX!に向けて練習です。
・全員で古典劇作品
・全員でラジオドラマ風推理小説作品
・チームごとに分かれて短編作品


前のブログでも紹介してますが、
現在稽古初めにウォーミングアップを行なっています。
オンラインなので、主に首肩のストレッチとフェイシャルエクスプレッション(顔のパーツの運動)をします。すると、いい感じに身体がほぐされます。

また、ウォーミングアップでは、A〜Zまでのアルファベットを1つずつ発音します。ゆっくり自分の口の動きを確認しながら発音することで、思っている以上に上唇が動かさないといけない等、気づきがあります。


また、本番まであと稽古3回ということもあり、詰めの時期に来ました。
作品自体の雰囲気や締まる場面を作るため、シーンごとの共通認識を確認したりしました。登場人物も性格様々なので、同じ場面にいても印象の受け取り方や反応もそれぞれ異なります。
そのような微妙な差で、キャラクターの違いを伝えられたら面白いだろうと思います。


今回私が演じる役からは、社会的地位を意識しており、自分の損得に関しては人一倍敏感な一面を持つ印象を受けました。

そのような人間であれば、
この時はどんな反応をするか?
その反応が前後の台本上のMUST DOと辻褄が合っているか?
も考慮しながら、

キャラクターを組み立てていきたいなと思います。



それでは、テーマトークです!
今回から、新しいテーマでトークしていきます。
テーマ:『失敗談、そしてそこから学んだこと』

何だか暗い印象のタイトルですが、団員の体験談から各々の改善法、克服法をご紹介できれば良いなと思います。


私からは、役作りで学んだことをご紹介したいと思います。。

まだ英語劇を始めて間もない頃、脚本を読んだ私は役作りをどこから始めようか不安でいました。
そこで、役作りの参考にしようと、プロの方々が演じている映像を観ました。

プロの役者さんは歌も上手いなあ。
面白いストーリーだなあ。

すると映像中で観たキャラクターの印象が強く残りすぎ、自分自身の役作りから離れなくなりました。結局、私自身が寄せようとしていたのは、他の役者さんの表現体になってしまったのでした。

このことから私が思ったのは、
・演じる役を考えるとき、自分が脚本から受け取る印象を大事にすること。
・他の役者が演じているキャラクターに強く囚われないこと。

でした。


他のキャラクターイメージが強く入ってしまうことで、逆に自分のやりやすい役作りから遠ざかってしまうという私にとっての失敗談でした。


また、このエピソードから学んだこととして、1つの考えに強く囚われないようにもしていきたいと思います。


『STORY BOX!』まであと2週間ちょっと!
ご予約も受け付けています。ぜひどうぞ。


いよいよ始まりました!
英語劇団AlphaBet City!
ライト/ホワイト&オンラインコース!
参加者募集
詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
関西 英語劇





稽古場日誌 と テーマトーク | 2020/09/09 08:00

【重要なお知らせ!】8/30のご報告と、9月以降の活動について

★8/30(日) オンラインコース★
7/26(日)の「ジャックと豆の木」に続き
8/30(日)に8月度の簡易成果発表会
YouTube Liveオンエアをしました。💻

こちらのコースでは
毎週日曜日1時間30分
Zoomを使って
集まった方々と団員数名で
1つの作品を演じるコースです。

今回は「トム・ソーヤの冒険」で有名な
マーク・トウェインさんの小品集より
「マクウィリアムズ夫妻と泥棒警報機」
というマイナーな作品を上演しました。🦹

このコースでは
英語に全く自信のない方から
演技なんてほとんど経験がない方まで
それぞれの強みを生かして
1つの作品を英語で表現する
英語劇を「演ってみる」
超入門英語演劇体験コースです。

オンライン受講かつ
スパンが短いため
時間や活動・行動範囲に制限がある方にも
受けて頂きやすいのが特徴です。

また、英語の読みに不安がある方には
事前にお申込みを頂くことで
英語の発音に近い
ルビ付きの脚本をお渡しし
そちらを使ってのご参加も可能です。

次回のコース開講は11月です!


★9/27(日) STORY BOX! vol.2!予約受付開始★
オンライン英語劇発表会
「STORY BOX! vol.2」
受付を開始いたしました。

今回は
・Poeticな古典演劇
・某有名推理小説ラジオドラマ版
・子供向け紙芝居(Paper Puppet Theatre)
・語り演劇(Story telling)

など、前回とはまた違った手法での
英語劇、をお届けします。🥳

当日、上記のオンラインコースの
過去2作品も再上映を予定しておりますので
気になる方は
下記リンクより
ご予約をよろしくお願いいたします。

視聴希望の方はこちらよりご予約をお願いいたします


★10/4(日) ライト/ホワイトコースの体験会★
Zoom参加の方、YouTube参加の方
上手くいけば実際に来ていただく方も…
と、いろいろな形で参加頂けるよう現在準備しており
コロナ情勢と
だるまさんがころんだをしている状態なので
どんどん日程がずれていますが
初回は10/4(日)の午前中で
準備を進めております。

また、12/20(日)に
第3回目にして今年最後の
オンライン発表会を開催予定なので
その時に、クリスマスソングなどを
歌ったり披露頂けるような
企画ができないかなどなども考えております。🎄

少しでも皆さんの何かを
発散できる場所が提供できるよう
準備を進めております。

また随時アップデートしていきます。

体験お申し込みはこちらよりお願いいたします


★11/1(日) オンラインHalloween公演(一般公開無し)★
11/1(日)に、このご時世ではありますが
いつもお世話になっている
北摂 子ども 英語 教室さんにて
Halloweenオンライン公演が決定しました!
今回はimmersive theatre(体験型・参加型演劇)の手法を使い
子どもたちを巻き込みながら
楽しく公演させて頂ければと思っています。🎃


★11/8(日)~? Kids Online Theatre Company発足?★
12/20(日)のオンライン発表会に向けた
子どもたちのチームのメンバーを
募集するかもしれません。✨

詳細決まり次第、またお知らせします!


★11/8(日)~オンラインコース★
7月、8月と
1か月1作品で開講していた
オンラインコースですが

9月10月はお休みを頂き
11月にリニューアル。

2か月に1作品で
より英語の発話や演技を深める
ことをベースに開講予定です。🎁

11/8(日)スタート分の発表会は
12/20(日)を予定しています。

こちらも詳細決まり次第、またお知らせします!


★12/20(日)STORY BOX! vol.3 Christmas Special Version(的な?)★
まだvol.2の予約が始まったばかりなのに
気が早すぎる気もしますが…。

コロナコロナにやられた1年の総まとめで
「英語で、表現する」をテーマに
視聴者の皆さんにも1部参加頂けるような
イベントが出来たらいいなぁと考えております。

こちらも随時お知らせしたいと思っていますので
まずは日程だけでも、今から開けておいてくださると。。。😉


まだまだ暑い日が続きます。🤒
暑いのに、マスクが必須。。。😷
そのうえ台風が来るとか来ないとかで
ジメジメ・・・・・。🥴

こんな不安定で過酷な状況にありながらも
劇団活動を何とか少しずつでも
続けられることができてるのは
本当にありがたいことだなと思う今日この頃です。

また季節の変わり目に
差し掛かってまいりますので
どうぞご無理のなく
少しでも穏やかで健やかな日々を
過ごされることを団員一同
心よりお祈り申し上げます。

いよいよ始まりました!
英語劇団AlphaBet City!
ライト/ホワイト&オンラインコース!
参加者募集
詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語劇 オンライン 公演





劇団からのお知らせ | 2020/09/02 08:00

フレームの空間使いをマスターしたい!

皆さん、こんにちは!

最高気温を毎日更新するほどの暑い日々ですが、いかがお過ごしでしょうか。体調、崩されていませんか?

さて。今日のお稽古も朝から夕方までオンラインでした。
基礎練ではA-Zの発声練習やオンライン版だるまさんが転んだ(←多分正式名称は違います)や、水平思考を養うゲームもを行い、更に9月27日配信の”STORY BOX! Vol.2”で紹介する作品にも取り組みました。全員での作品と、チームごとの作品があるので、学生時代のように時間割制でお稽古しました。チャイムこそありませんが、なんだか懐かしいシステムです。同時進行で複数の脚本に取り組むことで、これまでとは違い、とってもスピーディに稽古が進みます。オンラインならではのフレームの使い方(フレーム越しに顔を合わせたり、モノを渡したり、隣のフレームを覗いてみたり)も試行錯誤です。また、どの作品もカラーが異なるので、お稽古しながら頭の切替も大事だなと思います。その分、見てくださる方々に飽きない内容になったら嬉しいなと思います。まだ1ヶ月以上ありますが、どうぞお楽しみに。

さて。今回のテーマトークは「私のメイクテクニック」。
メイク・・・超苦手なんです。就職活動の時に初めて自分でメイクをしてみたものの、いざ就職してみると普段はノーメイクですし。未だに、つけまつげがうまくつけられないのが悩みという有様。そんなメイクど素人の私が劇団でメイクをせざるを得ない時は毎回苦労しています。ですので、メイク苦手、という方向けの内容になります。

舞台でのメイクは、至近距離でマジマジとみるものではなく、お客様との距離程度の遠目から見て「これはライオン!」「これはヒゲ男子!」「これはキャピ女子!」とある程度のカテゴリーが一目で分かってもらえるように描くので、メイクというよりも絵画感?落書き感?が強いです。

その方法は例えば・・・。
まず、模範を用意する。ヒトならイラストを描いてみる。動物系だったらググって写真をお手本にする(動物メイクしている人の写真があったら超ラッキー!)。これにより、最終形態のイメトレは完了です。
次に、模範と自分の顔と見比べる。何をどうしたって、模範を完コピすることはできないので、模範の中でも、特に強調したいところ、目とか、鼻回りとか、口回りとか、2ポイントをピックアップします。あと、ライトも強いので鼻筋と眼窩の陰影は濃い目にしてます。
最後に、オリジナル性をだすために、自分の顔の造作(縦横幅・角度)に合わせて、強調したい2ポイントの色目や濃さを決めて、できるだけ左右対象に見えるように描いていきます(私の場合は眉と瞼がかなり左右非対称なので、目の周りの修正にはちょっと時間がかかります)。

だが、しかし。

オンラインでは残念ながら、そうはいきません(涙)。近くで画面上で見るに堪えらえれるようなメイクを心がけています。
・室内の蛍光灯の色から、ベースをちょいと濃い目にしたり。
・誰かも書いていますが、ファンデは粉じゃなくてリキッドor練りタイプにしたり。
・舞台の時より、陰影(鼻筋・目)を薄めにしたり。
・油が浮くので、オフしている間に油取り紙でコマ目に拭いたり。
・歯に口紅がついちゃうことがあるので、口元アップの時はなるべく落ちない口紅にしたり。
特に、左右対称にするところは至難の業で成功した試しがなく、オンラインならではのメイクを模索しているところです。いつか会得できたらいいなって思っています。
まずは次回の配信でトライしてみます!(•‿•)!

いよいよ始まりました!
英語劇団AlphaBet City!
ライト/ホワイト&オンラインコース!
参加者募集
詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
大阪 劇団 英語劇




稽古場日誌 と テーマトーク | 2020/08/26 08:00
 | HOME | Next »