黄色いレンガの道の途中

こんにちは。

近頃は寒暖差、ならぬ「寒暑差」が激しく、体調も崩しやすい気がします。

五月も気づけばもう半ば、そして月末出演予定のイベントまで2週間!
ということで、5/13の稽古では、本番でのマイクやステージングを意識した上で、
上演させていただく3曲のブラッシュアップや、動きの確認を行ないました。
今年大ブレイクしたミュージカルの曲や思わず一緒にノリたくなる曲で
会場を大いに盛り上げたいと思います。

また、この日は本公演WICKED!のシーン練習も行ないました。
この冒頭のシーンは、たくさんの登場人物が出会いを果たすシーンなのですが、
今までに一番回数を重ねているだけあり、やる度に動きや演出が付け加えられ、
キャラクターの個性やそれぞれの関係性が見えるようになって来ました。

今後は、人物の性格をわかりやすく見せるのはもちろん、
登場人物同士の想いや、今後発展する関係性の伏線をしっかり表現できるようにしたいです。



それでは、今回のブログテーマ、「役作りハード面のこだわり」。

「こだわり」とまで言ってしまっていいものか、自信がないですが、敢えて言うなら、髪型です。
今まで男性や髪の短い役が多かったのですが、すべて役の髪型に合わせて切っていました。
思えば、もともと長くしてみたり短くしてみたり、自分のお決まりの髪型や、こだわりが薄い、のかもあるかも知れませんが…。
近年は、役を頂くと真っ先に「地毛でできるか、伸ばすか切るか」が頭をよぎり、美容院に行くときも、「今のうちに短めにしておこう」「もう少し残しておこう」と、役の髪型を意識する癖がついてしまいました。

おかげで、職場では私が髪型を変えると「あ、次は〇〇役?」と必ず訊く人が現れ、公演の告知にもつなげやすいメリットになっています。
残念ながら、WICKED!公演では、今から髪を伸ばしても間に合わないためウィッグ着用となり、この手は使えませんが…。

さて、この、髪型案含め、衣装探しか少しずつ進んでいます。
キャラクターの見た目のイメージが固まると、ますます演技も盛り上がります!

準備を重ねる中で、そして、登場人物像を作っていく中で、
すべてのシーンや役が少しずつ動き出し、歯車のように噛み合って
お互いに力を伝え合い、作品全体を立体的に動かしたい。
そして願わくば、観ている人の心まで動かしたい。
と、野心を胸に、作品完成までの黄色いレンガの道を、てくてく歩んでおります。

一緒に、より面白い作品を作るため
経験を生かして、脳みそを貸してくださる方、
劇やミュージカルや英語が好きな、熱いハートをお持ちの方、
若しくは、初心者だけど役者に挑戦したい、勇気を発揮してくださる方、
大、大、大募集中です!


役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語劇 大阪 オーディション




稽古場日誌 と テーマトーク | 2018/05/19 20:00

リアルな反応がリアルさを表す、NO予定調和。

みなさま、こんにちわんわんっ!

ゴールデンウィーク最終日。今年のGW、皆様はいかがお過ごしでしたか?ちょうど祝日のお天気も良かったのでお出かけされた方も多かったのでは?
・・・え?私、ですか?赤い日も黒い日もゴールデンな日も変わりなくお仕事ですともっ!キリッ!

さてさて。今日のお稽古日誌です。
午前は主に歌とダンス、午後は演技(シーン練)をしました。

歌は、各パート1人ずつの声を1つのハーモニーにするのが困難で、何度も何度も手拍子に合わせたり、曲に合わせたり、を繰り返して練習しました。全パートの声が「あ、合ってる」と思えた時は、言葉にしがたいのですが、テーブルの上に割り箸4本で四角錐を作った時ような安定感で(あ、分かりづらいです?)、逆に「あ、合ってない」と感じる時は、ハーモニーではなく違和感の音として感じました。急がば回れですが、その違和感を1つ1つ消していく地道な練習が大切なんだな、その上で皆の声と合わせて聞きながらハモることって大事なんだな、と改めて思った次第でした。うん、がんばる(//∇//)。

ダンスは、前回の復習。今度のイベントで踊る演目です。振りを間違えやすいところ、身体の動きなどを確認して、こちらも何度も動いて確認しました。通して2曲を連続で踊ると息もあがり、汗もだくだく。しかしながら、イベントは屋外なので、室内のいい環境の中で死んでる場合ではないのです。体力つけて、スマイルです。うんうん、がんばる(///∇///)。

演技は、シーン練でした。今日は特に「予定調和をしない」「訴求力を高める」という点。演じるという行為では、舞台であれ、なんであれ、台本や脚本を読んでから演技をするので、予定調和に陥りがちです。役にとっての未来予想図である台本に、こうなっていく、と書かれていることが、その通りにこなされていく。でも、それは単純な虚構であってリアルな反応ではないんですよね。なので、役として、そのシーンをどう見るか、どう考えるか、他の役からどう影響を受けるか、リアクションを見てどう思ってどう返すか・・・(後半、訴求力が必要です)というところの重要性を考えながら進めました。これは難しいけど、面白い(≧∇≦)。

これからも1つ1つ、丁寧に進めていけたらなと思いました。うん、がんばるぞう。おう!(^-^)/

さて、ガラッと話は変わりまして・・・。
テーマトークです=!=!(σ≧▽≦)σ

お題は「役作りのこだわり」

あったりまえじゃぁん!と思われるかたも多いかと思いますが、舞台上で役の第一印象はやっぱり「見た目」かなと思います (歌いながら、躍りながら出てくる場合はちょっと違うかもですが)。

もちろん、役を演じるには内面から出てくるものが重要ですが、黙って立ってるだけでも「あの役」と分かるような見た目というか、「特徴」も必要かなと思ってます。もちろん、衣装も一役買っているとは思いますが、その役のチャームポイント的な何か(!?)も結構重要かなと思ってます。しかも、それが早く決まると、役として物事を考えていくときにテンションが上がります 笑。例えば、そのチャームポイント的な何か、もとい、特徴は、小物(ウィッグ、髪型、帽子やメガネ、リボン等)だったり、動作(役としての動き?くせ?)(BBCテレビドラマ、シャーロックでのジョンの咳払いは有名です、萌えます)だったりします。キャラクターを分かりやすく定着させるのにいい方法かもしれません。

例えば、黒縁メガネをかけただけで、真面目イケメンになる不思議(世間では、メガネ萌え、メガネ属性などと言います)や、グラサンをかけただけで、ちょっと悪なやんちゃっぷりを醸し出せたり(単にシャイなだけかもしれませんが)、ツインテールにしただけで、キャピ女子度があがる法則(注:そんなものありません)、等など、小物の活用法は数多くありますが、役の特徴を強化する上でも小物をうまく使えたら楽しいんじゃないかなぁ?と思います。また、アンサンブルに入るとセリフがないので、まさに外見で判断してもらうことになります。なので、この人はこんな感じのキャラ(性格)なのかな~と想像してもらえたら、見ているお客さんも楽しめるんじゃないかなと思っています。アンサンブルは1つの劇でいろんな人生を送れる楽しさを味わえるので、それぞれの作りこみも面白くて、私は舞台を見に行くと、その人の背景や性格などを想像して楽しんで見てしまいます。
ですので、私は役をいただくとそのキャラクターの絵を描いてイメージを作ったりもしますが、その時に、こんな感じはどうかな~と小物を付けて眺めてみたりもします。

閑話休題。

そんなこんなで、私の、役作りのこだわり=パッと見で分かる役のチャームポイント(特徴)を作る、というところでしょうか。

他の団員はどんなこだわりなのかしら?私も知りたいー!ということで、次回も引き続き、こだわりトークがあります。お楽しみに☆

歌が好き、ダンスをやってみたい、どんな属性でも演じてみたい!という方、劇団でその夢を叶えてみませんか?お待ちしていますので、お気軽にお問い合わせください。



役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
大阪 英語劇団 ミュージカル




稽古場日誌 と テーマトーク | 2018/05/07 08:00

今秋公演★演目発表!!

GW真っ只中!
今年は最長9連休でしょうか?
間に日曜日が2回ありますので、
我々も稽古に励んでおります!

GW前半の稽古は鏡がある部屋を借りて
来月27日のボランティアフェスティバルの練習!

ダンスの細かい動きを確認したり、
揃えることを意識してダンス!だんす!DANCE!

あとは、どの曲で誰がどのマイクを使うかの確認。

そして!
ホームページについての話し合いもしましたよー!

リニューアルしたホームページは
もうご覧いただけましたでしょうか?
http://englishtheatrecompanyabc.web.fc2.com/index.html

そしてそして!!
ホームページとともに
今秋の公演の演目も発表となりましたー!!

今年は劇団初の試みで2本立て★
たっぷりと「オズ」の世界を堪能していただきたいです!


さて、今回のリレーテーマは
「役作りのこだわりポイント」ですが、

私は髪型にこだわりがあります。

ウィッグは頭が締め付けられて
あんまり好きじゃないので、
なんとか地毛で頑張ろうとしています。

私の場合、頭が締め付けられると
声も出しにくくなっちゃうんですよね。。。

キャラクターのイメージとなる髪型を
Googleの画像検索でいろいろ見て、
「あ!これっぽい!」
と思って美容室に持って行くのですが、
ここ10年で4回はスパイラルパーマにした気がします。

要は、自分の好みが投影されちゃってるんでしょうね。

でも、鏡に写るたびに、
役がイメージできて、自分にも馴染んでくるし
なかなかオススメです♪


ただ、パーマもカットも頑張りますが、
社会人として一般的な企業に勤めているので、
カラーはなかなか踏み出せません。。。

金髪とかになると、
やっぱりウィッグ頼みですねぇ。

ウィッグにも勿論メリットはありますよ!
ヘアチェンジはウィッグの方がずっと楽ですし。
普段出来ない髪型に気軽にチャレンジできます!

最近はコスプレもマーケット規模が大きいので、
質の良いあらゆる髪型が手軽に手に入るので
とても助かっています。

今回の演目はファンタジーなので、
髪型にも個性が出せそうで今から楽しみです。

さぁ!今ならメンバー募集中!
見学も出来るので、気軽にお問い合わせくださいね。


役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
大阪 ミュージカル




稽古場日誌 と テーマトーク | 2018/05/04 08:00

こだわり。

こんにちは。

最近暑くなってきて、春を通りすぎもはや夏の様相ですね。
先日は27,28℃の地域もあったようですが、本格的な夏を前にしてバテてしまいそうです(>_<)


では、お稽古報告にいきたいと思います!

今週は大きく分けて2つありました。

1つ目は、ダンス!!
いよいよ来月末に迫ったイベント。そこで披露する曲目が3曲あり、その内2曲はバリバリとダンスを踊るんです!

2曲ダンスがあるということは、スタミナ配分が大切になりますよね。
全力で歌い踊りつつも、次の曲に向けて体力を使い果たさないようにする。
猪突猛進タイプの私にとって苦手な所です。

今回は、振付けが終わっていなかった1曲がついに完成。

細かい動きを確認後に本番と同じ曲順で通してみましたが…
やはり息が上がってしまって、踊りきるのがやっとでした。

本番に向けて体力作りにも励みたいです!


さて。2つ目は、シーン練習です。

例年だと演出家から動きの指導があるのですが、今年からは新しい試みで、
「台詞を言いながら、まず自分で考えて動いてみる」
を実践しています。

まずはお客様に観ていただく事も意識せず、シンプルに脚本上の感情やを表現。
そこからブラッシュアップすべく、意見を交わしながらシーンの流れを作り上げていきます。

自分で考える=難しい
と捉えがちではありますが、役への理解度もその分深まりますし、キャラ同士の関係も構築できやすいので、とても勉強になる練習です。



それでは今回のテーマトークへいきましょう!
今回のテーマは
「役作りハード面のこだわり」!!

ハード面=目に見える部分
ですね。

私のこだわりはというと…それは、服装!!

元々、服に対するこだわりは強い方なのですが、役作りにおいてもそれは変わりません。

服装って、普段からその人らしさが現れると思うんです。

なので、自分のいただいた役の魅力を最大限引き出せるよう、
キャラクター分析に基づいて、性格・性別・職業・社会的地位etcも考慮しつつ、
色やテイスト、はたまた素材感なんかも練りにねって考えます。

もちろん、脚本上のキャラクター像からズレないというのが第1条件ですが。

ピタっとハマるコーディネートができた時は、その服を着ただけで気持ちが役に入り込めるので、まあ不思議!!


今回のお題はこの後も数回続きますので、ぜひ団員の「こだわり」をお稽古報告と共にお楽しみくださいね♪


私たち英語劇団abc!ではTwitter、Instagramでも情報発信しています。
Twitterでは@e_theatre_ABCと検索を、
Instagramでは英語劇団と検索してみてください!

下記より団員、スタッフ募集も行っておりますので、お問い合わせもお待ちしております☆


役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語 オーディション




稽古場日誌 と テーマトーク | 2018/04/25 19:00

表情・言動はキャラの名刺代わり

皆さま、こんにちは~。


春真っ只中の近頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。暖かい春の日差しのもと、英語劇団AlphaBet City!は絶賛発育中でございます!


それでは早速、今週の稽古模様をほんの少し、ご紹介いたしますよ~!


稽古では、徐々に演技練習も始まってきておりますよ~。

午前中は歌中心、そして午後からは読み合わせとシーン練習でした。


今回は、キャラクター全員が登場する、大事な冒頭シーンの確認をしました。


各々の自己紹介的な役割もあるこのシーン。

といっても、My name is ~のような侍魂溢れるものではなく、言動や台詞の言い回しで自分はこんな人なんですよ!と、伝えられるよう意識しています。


そして、思いのままに動いてみました。


キャラクター同士が出会い、そして会話をすることで、自分の中に意思が生まれてくるのを感じられました。


また、今回の動き練習での収穫は、、


まず、関係性を強く意識することができたこと。

「私たちは姉妹です」
とのように、明らかに言う場合を除いて、舞台上での関係性は台詞も含め表情や行動などで表現されます。

自由に動きをつけるにも、ベースとなる関係性を考えることは不可欠です。

自分の演技に筋を通すためにも、ちゃんと考えないとな~と改めて思いました。

また、関係性の設定を変えることで、如何様にも表現できるので、色々と試してみることができそうな気がしています…!


もうひとつは、後のストーリーを考えたとき、ここでこんな自分を出しておきたい、と逆算できたこと。

でした。


ストーリー後半にキャラ自身がすごく変化するとしたら、こんな変化だと面白いだろうなぁと自由に考えることができました。

まだキャラにそこまで沈んでいない時こそ、色々と演技の可能性を探っていけそうですね!


久しぶりのシーン練習だったので、若干のリハビリ感も感じつつ、自由に考えてお互いの反応を楽しめる、演技を磨いていきたいと思います。



それでは、今回のテーマトーク「私の自主練方法」から2つご紹介します~!


1つめは、犬呼吸です🐶。

元々、腹筋背筋ともにあまり強くないので、歌える体を作るためにほぼ毎日ハッハッしています。

犬呼吸することで、ブレスコントロールに必要な筋力を鍛えることができます。

1分間だけでも、両面の筋肉が割れそうに痛いです…。


もうひとつは、ラジオ体操です📻。

といっても、夏休みに小学生がダルそうにしているのとは少し違いますよ。

大人の本気です。上半身も全力で曲げ、腕も全力で伸ばし、美しいラジオ体操を目指します。

体幹が鍛えられ、見せ方を意識する助けにもなります。

今回は基礎的なものを2つご紹介いたしましたが、やはり基礎大事ですね…と痛感の日々です。

地道に矯正と改善を図っていきたいと思っております。


地道な練習もあれば、皆が集い創造的な世界を作り上げたり…。

新しいことを始めたい春、

そんなあなたもぜひ一緒に劇を作り上げてみませんか?

歌を歌うことが好き
表現できる場がほしい
自分、体育会系ッス
etc.
な方、お待ちしております~!


役者スタッフ 随時募集中!

詳細・お問合せは
こちらをクリック↓
英語劇 ミュージカル




稽古場日誌 と テーマトーク | 2018/04/17 08:00
 | HOME | Next »